馬で旅し、ゲルに泊まる!モンゴルの「遊牧文化」を体感できるキャラバンツアー

距離はそこまで離れてはいないけれど、なかなか足を運ぶキッカケがない。モンゴルには、どこか“近くて遠い”印象がありませんか?

ここで紹介するのは、そんな同国の魅力を存分に体感できる「キャラバンツアー」。夏休みの予定がまだ決まっていない人は必見!

気分は遊牧民!
モンゴルの風を感じる旅

2acf8f2dd1693f734f36635e744701bbf0f317f0

「奔流中国」が主催するモンゴル乗馬・交流キャラバンは、遊牧文化を肌で感じ、草原の民と触れあい、古代文明の跡を訪れる注目のツアー。昼間は果てしない大草原を馬で駆け、夜は遊牧民の伝統的な住居「ゲル」に泊まります。

73a7b1d3198274ff0abe01cdd8be9605c171ffef

河の辺で馬を休ませながら馬頭琴の演奏を聴いたり、競馬体験やモンゴル相撲を興じたりも。コースによっては、現地の学生と協力して砂漠植林や遺跡保護なども実施。

乗馬初心者でもOK

65c54e42f08627b5547f70f1e0e0d2c2d650d46513a5614136d368f4031c0393dbd83fef66c5ff2f

そもそも、乗馬には危険がつきものなので、一般的なツアーでは初心者は馬を走らせることはできないのだそう。しかしこのモンゴル乗馬キャラバンでは、遊牧民スタッフと築いてきたサポート体制により、初心者でも1、2日乗れば自力で馬を操れるように。風のように草原を駆け抜ける喜びを味わえるだけでなく、馬と向き合うことで人間として生きるために大切なことも教わるはず。

5ef46e5746aa1e3c57df325e0efe91b586eeb8e3

食材を遊牧民との物々交換で調達し、牛糞で火をおこし、ゲルに宿泊する。「土地の文化と暮らしに根付いて旅をすること」こそが、奔流の旅の姿勢なのだとか。

夏休みは、ほぼ毎週出発で期間は9泊10日を予定。参加費は燃油代、税込で16万円から。常に通訳が同行するため、日本語しか話せない人も安心して参加できます。詳しくはコチラをチェックしてみてください。

Licensed material used with permission by HONRYU CHINA
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
僕らはこの世界にいる。そして自らの選択次第で自由な生き方は実現する。でもあなたがその選択に迷ったとき、一歩を踏み出すきっかけになってくれるプロジェクトがあ...
TABI LABO×メキシコ ホースキャラバンの旅が、始まる ぼくたちは世界のどこにでも行けて、会いたい人に会い、暮らしたい場所へと自由に移動する。暮らし...
馬はエネルギーの象徴。そのため、夢に現れたときには無意識からのメッセージを数多く秘めているものなのです!<名馬の夢>→努力が報われる予兆勝利や発展、栄光を...
世界で初めてスーツを着ている競走馬がお披露目されたのは、「Cheltenham Festival」。毎年イギリスで開催している、競馬の障害競走のイベントで...
写真を見ながら、一瞬、言葉を失った。これまでの人生ではじめて見るアングルに妙な美しささえ感じてしまった。一連の写真を撮影したのは、リトアニアをベースに活躍...
「動物とのふれあい」のあり方につて旅行業界も見直すべき。こんな決断が「トリップアドバイザー」からもたらされました。内容は、野生動物たちに悪影響を及ぼすよう...
2014年の平均出生率が1.42と、少子高齢化が問題となっている日本。ただ、この問題は日本だけでなく多くの先進国に共通の悩みです。そんな中、デンマークの旅...
普通に生活していると、なかなかこんなところにまで意識は及ばない。でも、言われてみるとなるほどなと思う。世界初の馬専用スニーカーは、決して単なるオシャレアイ...
動物と人との関わり合いをテーマに、長く写真を撮りつづけてきたシャルロット・デュマ。彼女の写真と向き合うとき、そこには、ただ「言葉なく見つめる」時間だけが流...
イギリス在住のEmma Massingaleさんは、馬のトレーナー。AlbertとErnieという二頭のシェットランドポニーと一緒に暮らしています。イギリ...
「旅行のスタイルが変わってきた」と肌で感じた経験が、2回ある。ひとつは、かつて勤めていた旅行会社で、2011年に「長期滞在型ツアー」を大々的に打ち出して、...
「何が起きても、どんなに希望がなくても、生きることを諦めないって約束してくれ…」そうローズに伝え、冷たい海の底に沈んでいくジャック。映画『タイタニック』の...
ふと思いました。熊谷市(埼玉県)、多治見市(岐阜県)、館林市(群馬県)の「猛暑御三家」は、毎年夏になるとよくテレビから聞こえてくる街の名前。それなのに、反...
世界にはワクワクするような、それでいてちょっぴり危険な冒険レースが多数存在する。彼らはなぜ挑戦するのだろうか? きっとその先には、参加したものだけが味わう...
JR恵比寿駅から徒歩8分の場所にある「ヱビスビール記念館」。ここで体験できるツアーが「ビール好きにはたまらない!」と話題になっています。しかも、参加費用は...
彼の名前は、Louis。4年間で世界65ヶ国を巡り、現在もお母さんと旅を続けている、11歳の男の子です。そんなLouisくんが、子どもと旅に出かける親に知...
多くの遊牧民が建国にたずさわったキルギス。現在では定住者も増え、首都ビシュケクの近代化が進んでいます。いっぽう、遊牧生活時代の文化が色濃く残っているのが料...
人生は旅のようなもの。旅で大切にしたいのは、どこに行ったかよりも、何を感じ何を考えたか。だからこんな「トリップ体験」ができたら、どんな国を訪れるよりもよっ...
旅行に行きたい、と言いながら早半年…。ずるずると予定を先延ばしにしたくないなら、旅行上手な友だちに頼ってしまいましょう。「Elite Daily」のKri...