誰からも信頼される人が、何気なくやっている「6つの行動」

「あの人は口だけだよね」

そんな陰口を聞いたことがある人も多いでしょう。人間は言葉でウソはつけますが、行動でウソはつけません。この人は信頼できる男なのかなとふと悩んだときは、言葉ではなくその人の行動を見れば一目瞭然です。

では、信頼される男はどんな行動をしているのでしょうか?

trust_me3150814-01

01.
初対面の相手に
「一体感」を感じさせる

「一体感」と「アウェイ感」。
どちらを相手に感じさせているかが、信頼されるかどうかの分かれ目。一体感を感じさせるために重要なのは「自分の心を開く」ことです。

一体感のある関係性には、上下関係がなく、対等な仲間という意識が芽生えるもの。すると相手に「この人と一緒にいても大丈夫」という安心感を与えることができ、信頼関係を築きやすくなるのです。
一体感を創造して相手に緊張感を与えないのが、信頼される男の秘訣です。

02.
立場なんて関係なく
さりげない気遣いができる

trust_me3150814-02

上司と部下という立場上の上下関係はあったとしても、人としての「心のマナー」を持っているのが信頼される男の特長。

例えば、相手が大きな荷物を持っているときに、「持とうか」という言葉を発するよりも、さっと持ってあげる。人の多い通り道を歩いているときに、さりげなくさっと自分がいちばん道路側に移動して歩くなど、ちょっとした気遣いをスマートにできるものです。

03.
「仕事の約束」と「家族との約束」
を、同じように大事にしている

どれだけ仕事ができたとしても、家族やパートナーをないがしろにしている男は決して信頼されません。
一人でがむしゃらに頑張り続けても、ふとしたときに寂しさやむなしさを感じるものです。燃え尽き症候群のようになってしまい、自分の人生に虚無感を感じてしまうこともあるかもしれません。

そんなとき、自分のまわりに一人でも応援してくれる人がいれば、どこまでも頑張り続けられることを知っているのが信頼される男なのです。

04.
人との関係が熟すのを
待つことができる

trust_me3150814-05

もし初対面の相手に突然「明日から仲よくしてください」と言われたら、あなたはどんな気分になるでしょうか?きっと心のどこかで一瞬警戒してしまうはず。

誰からも愛され信頼される人は、時間をかけながら丁寧に一人ひとりと関係を紡いでいくという、人付き合いの極意を知っています。
人は追えば追うほど逃げていくもの。だから、自分が「追われる人」になればいいのです。

05.
マネジメントはしても
コントロールはしない

マネジメントは「管理」、コントロールとは「支配」。部下を支配しようとしてしまう上司が信頼されるはずもありません。

一体この違いはどこにあるのでしょう?それは「人を信頼しているかどうか」の一言につきます。
人を信じることができない上司は、部下を恐怖で縛ろうとするもの。上司の顔色をうかがい、ビクビクしながら、自分の考えを伝えることもなく、ただ言われたとおりに仕事をするだけの部下から、信頼を得られるなんて考えられませんよね?

06.
人によって態度を変えない
そして、決して媚びない

trust_me3150814-06

相手の肩書きや立場によって態度をころころ変える人。
目上の人にゴマをすり、目下の人に威張り散らす人。
さっきまで優しい雰囲気で話をしていたかと思うと。急に横柄な態度をとりだす人。
相手によって態度を変えることは、一番「信頼」を失う振る舞いです。

信頼される男は、人に媚びることはありません。なぜなら自然とまわりに人が集まってくるため、人に媚びる必要がないからです。誰に対しても対等に、フェアであることが信頼を得るために一番大切なのではないでしょうか。

一流秘書だけが知っている信頼される男、されない男
コンテンツ提供元:サンマーク出版

能町 光香/Mitsuka Noumachi

株式会社リンク代表取締役、人材育成コンサルタント。大学卒業後、商社に勤務。The University of Queensland大学院にて教育学を専攻し、帰国。10年間、一流企業のトップエグゼクティブたちを秘書として補佐してきた経験をもとに独立。2013年に「一流秘書養成スクール」を創設する。現在、幅広い業界にて社長秘書、役員秘書を指導。自身の豊富な経験に基づく実践的な解決法を伝える講演や企業研修を行っている。

人から信頼を集める男性は、ブレない軸を持っているものです。八方美人で、誰にでも媚びへつらうような人を信頼しようなんて思う人はいないでしょう。一本スジの通っ...
世の中にはさまざまな人がいますが、人間は残念ながら決して一人だけで生きていくわけにはいきません。それぞれの人間関係においてお互いの信頼はとても大切です。そ...
あなたは、この人は信頼できる、信頼できないという判断基準を持っていますか?「なんとなくは見分けられるものの、はっきりとした判断は下し難い。特に初対面の人と...
いまや、ワンマンなボスではなく、部下のやる気を奮い立たせるようなリーダーが重宝されるようになりました。そこでライターのMarcel Schwantesさん...
「あなたは、まわりの人から信頼されていますか?」そう言われてドキッとする人もいるでしょう。誰だって人から信頼されたいと思っているものですが、信頼とはそう簡...
「Higher Perspective」が紹介する「デキる人の条件」。中身を見てみれば、どれも当然といえば当然のこと。では、これらの当たり前を淡々と、得意...
ダメダメな自分を律して信頼される人物になりたい。と思うこともあるものですが、ぼんやりと考えを巡らせては結局答えが見つからなかった、というのがいつものパター...
「何」を言うかではなく、「どう」言うかだ。「Inc.」のMarcel Schwantes氏が書いた記事によれば、職場で物事を「どう」言うかで信頼度が決まる...
すべての社会人必見の記事が「Inc.com」にまとめられていました。現在、部下を抱えている人も、将来的に部下を持つことになる人も、目を通しておいて損はない...
「営業は大変なもの」「嫌なことを我慢するから成績が上がる」というのは本当でしょうか?答えはNOです。私は、ある日を境に、やりたくない営業や苦しいことを克服...
時間をムダ使いしているとわかっていても、無意識のうちに余計な行動をとってしまうってことありませんか?そんな、ムダをなくすためには、“遠回りな行動”について...
「行動力」とは、前進する姿ばかりを指すのではありません。時に立ち止まり、自分を見つめ直すことこそが「行動力」なのです。それを踏まえて、部下から信頼されるリ...
愛犬家だったら「犬を飼うのは至上の喜び!」と感じるもの。人類の最大の友、なんて言う人もいるくらい、良好な関係が築ける存在です。なんだか会話が成立しているよ...
講師や作家としての顔を持つTamara Starさん。彼女のブログ「Daily Transformations」では、不幸な人に共通している7つの習慣とい...
昔は、社会人になればすぐに、甘えの許されない状況に立たされざるを得なかった。それを行ううちに、社会を支える一人の大人としての自覚が生まれたものだ。ところが...
「今から10年前、26歳の私は『人生のどん底期』にいました」そう語る安藤美冬さんは、大手出版社に新卒入社したあと、人間関係や仕事につまずき、ストレスから体...
「好きな人とも簡単につながれる」と、思われがちなスマホ。だけどメールをしているだけで、真の思いやりを伝えることはできるでしょうか?面と向かって話をするから...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
毎日の生活のなかで、明確な理由はないのにストレスを感じてしまうことがありますか?自分では常識だと思い込んでいることが案外、気持ちや行動の自由を奪い、疲弊す...
男性は、シャイな生き物です。愛情表現が不器用な人にとって、Paul Hudsonさんが書いた「Elite Daily」の記事は、あなたを救ってくれる指南書...