オフィスで信頼されている人が、自然に使っている「魔法のことば」

「何」を言うかではなく、「どう」言うかだ。

Inc.」のMarcel Schwantes氏が書いた記事によれば、職場で物事を「どう」言うかで信頼度が決まるとのこと。信頼を得るためには、なによりも言葉選びが重要です。信頼される上司が口にしている10の魔法のフレーズとは?

01.
「きみはどう思った?」

Medium 5ab688f9ebdddb2cf16d0097af2d85393feb5f49

自ら結果を語ってしまうと、相手の意見や考えを知らぬ間に殺してしまうことになります。オープンな質問を投げかけることで、ミーティング、プレゼン、そしてあるタスクに対する、相手の素直な評価を聞き出すことができるのです。

02.
「僕のせいだ」

「パーフェクトな人よりも、不完全な人間のほうが魅力的に感じるものなのだ」

と語るのは『Trust Factor: The Science of Creating High Performance Companies』の著者、ポール・ザック医師。自分のエゴを捨てて過ちを認めることで、信頼度が増すそうです。

03.
「ちょっと手を貸してくれる?」

自分が失敗してしまったあと、相手に助けを求めるのはじつは効果的な方法なのです。相手を頼ることで、自分の謙虚さも伝わります。

04.
「アドバイスもらってもいいかな?」

アドバイスを聞く人が有能なのか、聞かない人が有能なのか、を調査したウッド・ブルックス医師によれば、

「アドバイスを求めない人は、自分が無能だと思われないかと不安なため、聞かない傾向にあります。そのため、じつはアドバイスを探る人間のほうが有能なのです」

05.
「きみの判断を信頼してるよ」

Medium b02864a930106932513f16e4dc5d8d9e31187b8e

信頼も、ギブアンドテイクです。自分が信頼しているという態度を出してこそ、相手もお返しとして信頼してくれるものです。Well Said, Inc.の代表である、ダーリン・プリンス氏はこう語ります。

「なんでも1人でやろうとはせず、周りにどう頼っていけるかを考えてみること。そうすることで周りのインプットを重要にしていることが証明できるし、周りからの信頼を得ることもできる」

06.
「きみなしでは成し遂げられなかった」

「ありがとう」を、別の言い方に置き換えたのがこれ。「他の誰でもなく、きみだからこそできたんだ」というフレーズを使うことで、相手も自分の努力が認められたことを実感できます。

07.
「つまり、きみにとってこれはこういうこと…」

会社で働いているからには、自分の努力がどういう風に扱われるかを知っておきたいのが、部下の本音。プロジェクトや新しいビジョンに加わってもらう場合、彼らが短期間、そして長期間で得るスキルや地位を、あらかじめ伝えておくことで、さらなる信頼が得られます。

08.
「話を聞くよ」

シンプルな言葉ひとつで、あなたが部下の意見に興味を持っていることが伝わります。ただここで大事なのは、ボディランゲージ。相手が話しているときは他に何もせず、相手の話だけに集中してあげて。

部下の意見に少し耳を貸すだけで、想像以上に使えるアイデアが湧いて出てくるかもしれません。

09.
「手を貸そうか?」

締め切りが迫っているときは、仕事場もストレスで空気がピリッ。そんなときは、この言葉が束の間の癒しをもたらしてくれます。上司が気の利くアプローチをとることで、部下もそれに倣い、お互いを助け合うようになるはずです。

10.
「どうアプローチを変えていけばいいかな?」

Medium 5558bedac6ad6a5e4d2d6d60d263429ea60933cd

同じことを繰り返していても、同じ結果しか跳ね返ってきません。が、会社とは常に進化していかなければならないもの。そこでとても有効なフレーズがこれ。

新しいアプローチを試みたいという思いが伝わるこのフレーズは、上司が部下に聞くのも、部下が上司に聞くのも非常に好ましい質問。

Licensed material used with permission by Marcel Schwantes
すべての社会人必見の記事が「Inc.com」にまとめられていました。現在、部下を抱えている人も、将来的に部下を持つことになる人も、目を通しておいて損はない...
統計によると理想の上司がいる人は3割程度だそうです。これを多いと思うか少ないと思うかは、理想の上司が周りにいるかいないかによって変わってくると思います。人...
いまや、ワンマンなボスではなく、部下のやる気を奮い立たせるようなリーダーが重宝されるようになりました。そこでライターのMarcel Schwantesさん...
世の中にはさまざまな人がいますが、人間は残念ながら決して一人だけで生きていくわけにはいきません。それぞれの人間関係においてお互いの信頼はとても大切です。そ...
「あの人は口だけだよね」そんな陰口を聞いたことがある人も多いでしょう。人間は言葉でウソはつけますが、行動でウソはつけません。この人は信頼できる男なのかなと...
ダメダメな自分を律して信頼される人物になりたい。と思うこともあるものですが、ぼんやりと考えを巡らせては結局答えが見つからなかった、というのがいつものパター...
コミュニケーションは「やるといい」ものではなく、「やるべき仕事」のひとつです。いかに漏れなく、効果的に、能率的に行うかを考える必要があります。そして、それ...
「上司は選べない」「職場環境は上司しだい」なんて言われることもありますが、自分がいざ「上司」と呼ばれる立場になってみると、自分が本当に理想と言える存在なの...
どんなにいい恋愛関係にあろうとも、言葉で伝えることは重要!なはずですが…。まったく逆の意見、つまりは「会話の必要性がなくなる」と、持論を展開するPaul ...
2014年にアメリカで行われた調査によれば、2020年までにミレニアル世代(1980年前後から2005年ごろにかけて生まれた世代)が労働人口の40%を占め...
あなたは、この人は信頼できる、信頼できないという判断基準を持っていますか?「なんとなくは見分けられるものの、はっきりとした判断は下し難い。特に初対面の人と...
いい上司と悪い上司。両者の違いはどこから来るのでしょう?ここでは、いわゆる“ダメな上司”の特徴を紹介。とくに03.は、ちょっとしたことですが、当てはまる人...
スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。彼は、リーダーのコミュニケーショ...
人から信頼を集める男性は、ブレない軸を持っているものです。八方美人で、誰にでも媚びへつらうような人を信頼しようなんて思う人はいないでしょう。一本スジの通っ...
「Higher Perspective」が紹介する「デキる人の条件」。中身を見てみれば、どれも当然といえば当然のこと。では、これらの当たり前を淡々と、得意...
これはビジネスに関するコンテンツを多く紹介している「Entrepreneur」にて、起業家のPeter Daisyme氏が記した記事。上司という立場にいる...
タイミング悪く相手を引き止めて話し込んでしまう人や、普通に話していても周りにうるさいと思わせてしまう人。知らないうちに不快さを感じるようなシチュエーション...
「行動力」とは、前進する姿ばかりを指すのではありません。時に立ち止まり、自分を見つめ直すことこそが「行動力」なのです。それを踏まえて、部下から信頼されるリ...
自分で考えてくれない部下、年上の部下、怖い鬼軍曹上司など、プレイングマネジャーが相手にしなければならない相手は様々です。自著『プレイングマネジャーの教科書...
人間関係の悩みは、いつの時代もつきものです。どこに行ってもすぐに人と仲良くなれる人を見ると、羨ましい気持ちにもなります。「The Smart Dating...