あなたの部下でよかった!理想の上司の10の条件

統計によると理想の上司がいる人は3割程度だそうです。これを多いと思うか少ないと思うかは、理想の上司が周りにいるかいないかによって変わってくると思います。人によって好き嫌いがあるように、理想の上司像も異なりますが、こちらでは一般的に理想とされる上司の条件をご紹介します。

1.信頼関係。これがないと始まりません

上司

部下を信頼しない上司、信頼できない上司では仕事は成り立ちません。上司としてはまず信頼してあげましょう。任せてあげることで部下は責任を持って仕事にあたってくれるでしょう。

「自分が全て責任を負うから、思い切ってやってこい!」と背中を押してあげるのが大切です。成否はともかく一生懸命やってくれるでしょう。そして成功したら部下の力と報告し、失敗は自分の責任として処理しましょう。間違っても理想の上司は成果を自分だけのものにしてはいけません。

2.部下といっても、家来ではありません

部下といっても一人の社会人です。運動部の後輩のように扱ってはいけないでしょう。大人として尊重してあげるのが大切です。部下というだけで色々と社会経験を持つ年上かもしれないですし、年下でもあなたを追い越して上司になるかもしれません。

部下が困っているときはすかさずフォローを入れる思いやりと、気遣いを忘れないようにするのが、理想の上司かもしれませんね。

3.まず、人として尊敬できる人間であること

上司

人間的に尊敬できる人でないと理想の上司にはなれないでしょう。どんなに仕事ができても、感情任せに怒る人や部下にやつあたりをする人を理想に挙げる人はいないと思われます。

態度でなくても言葉の暴力を使うのも同じでしょう。例えば、給料を減らしてやるなどの言葉もパワーハラスメントではないでしょうか。他にも上にはへつらい、下には威張るなどは人間的に尊敬できるとは思えません。

4.好き嫌いは食べ物だけにしましょう

人間なので馬の合う人もいれば、なんだか苦手だと思う人もいるでしょう。健気に慕ってくる部下は可愛く思えますが、そうでもない部下がいるのは当然のことです。

ですが、できるだけ平等に見てあげてください。学校の先生や親子でさえ難しいことなので、大変だと思いますが、理想の上司は人を平等に扱うものです。

5.積極的にコミュニケーションをとる

上司

理想の上司はコミュニケーション能力を持ちましょう。なにも飲みに行くことだけでなく、部下の話を聞いてあげるだけでも部下としては嬉しいものです。

悩みなどがあれば、上手く聞き出してあげましょう。気に掛けてもらえてる、声をかけてもらえるだけでも人として嬉しいことでしょう。

6.仕事において、曲げない強さを持つ

口だけの上司、居ますよね。でもそれでは理想の上司とかけ離れてしまいます。

口に出したことは強い信念を持って実行しましょう。有言実行をするあなたの背中を部下は頼もしく見ていることでしょう。

7.見かけだけではありません。中身も共に

上司

ナヨナヨと自信のない上司では、部下は不安になってしまいます。言葉や服装、体型ではなく、中身や仕事において威厳を持ちましょう。

性格的に難しい人でも、仕事に厳しく真摯に取り組む様は理想の上司として威光を放つでしょう。

8.相手のために必要なときは叱る

これは子育てなどにも共通することですが、相手を本気で思うからこそ叱ることあるでしょう。自分の感情のはけ口ではなく、部下の成長のためにあえて感情を出して叱る。これは理不尽な叱責とは違います。

あなたの本気の指導に、部下はあなたを理想の上司として尊敬するでしょう。

9.仕事は楽しいものだと思ってもらえること

上司

仕事は決して楽しいものだけではありませんよね。大変でも達成感などの、やり甲斐を見いだしてあげましょう。新入社員などは特に、日々同じことの繰り返しと思ってしまいがちです。

仕事を楽しいと思わせるのも理想の上司ではないでしょうか。

10.広い視野を持って、導いて行く

部下はあなたの背中を見ています。理想の上司が自分の事だけや自分の部署のことだけを考えて働いていては、部下もついて来ません。

あなたが自ら先頭で旗頭となり会社を引っ張るくらいの気概を見せてみましょう。
全部に当てはまるのは難しいかもしれません。ですがまず一つずつ心がけていくことで、日々の仕事への取り組みも変わってくるでしょう。あなたも周りも幸せに働くことができる、理想の上司像を目指してみてはいかがでしょうか。

「上司がこういう言い方をしてくれたら」「部下がこんなふうに行動してくれたら」。働いていると、目の前の人に変わってほしいと思う場面に何度か出くわすことがある...
インターン生を指揮するにしても、ビジネスをするにしても、あなたの部下が仕事をうまくこなせるかどうか、あるいは、あなた自身の身を守れるかどうか。それは「リー...
いい上司と悪い上司。両者の違いはどこから来るのでしょう?ここでは、いわゆる“ダメな上司”の特徴を紹介。とくに03.は、ちょっとしたことですが、当てはまる人...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp明治安田生命が2月22日に発表した「理想の上司」アン...
すべての社会人必見の記事が「Inc.com」にまとめられていました。現在、部下を抱えている人も、将来的に部下を持つことになる人も、目を通しておいて損はない...
コミュニケーションは「やるといい」ものではなく、「やるべき仕事」のひとつです。いかに漏れなく、効果的に、能率的に行うかを考える必要があります。そして、それ...
上司の人格次第で、ガラリと変わる職場環境。リーダーシップ論に造詣が深いMarcel Schwantesさんが「Inc.」でまとめているのは、「好かれる上司...
2014年にアメリカで行われた調査によれば、2020年までにミレニアル世代(1980年前後から2005年ごろにかけて生まれた世代)が労働人口の40%を占め...
世の男子たちは自分が付き合う彼女について、どのような理想像を描いているのでしょうか?今回は理想の彼女に求める条件を幾つか紹介してみます。女子の読者の方々は...
世の中の女子は男性にとって、どういう理想像を持っているのでしょうか?恋愛ドラマや映画ではそんな女子の願望が如実に表現されていることもありますが、実際はどう...
記憶に残るような上司はみな、いくつかの資質を持っているものです。そしてその資質は紙上には表せるものではなく、本当に必要なときに心の中にあらわれるのもの。「...
「何」を言うかではなく、「どう」言うかだ。「Inc.」のMarcel Schwantes氏が書いた記事によれば、職場で物事を「どう」言うかで信頼度が決まる...
「上司は選べない」「職場環境は上司しだい」なんて言われることもありますが、自分がいざ「上司」と呼ばれる立場になってみると、自分が本当に理想と言える存在なの...
最近は働きやすい環境を整えた会社がメディアで取り上げられることも多くなってきましたが、大半は“そうではない”のが現実。そして、そんな会社に就職した優秀な人...
自分で考えてくれない部下、年上の部下、怖い鬼軍曹上司など、プレイングマネジャーが相手にしなければならない相手は様々です。自著『プレイングマネジャーの教科書...
スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。彼は、リーダーのコミュニケーショ...
いまや、ワンマンなボスではなく、部下のやる気を奮い立たせるようなリーダーが重宝されるようになりました。そこでライターのMarcel Schwantesさん...
優秀な人材が去ってしまうことは、企業にとっては痛手。そうなる前に、マネージャーは彼らの考えをしっかりと理解する必要があります。そこで役立つのが「Talen...
なんとかして、上司の期待を超える結果を達成したいと願っているビジネスパーソンの皆さんに向けて、その具体的な方法を7つに厳選してご紹介していきます。正しい方...
信頼を集め、部下から慕われる上司。逆に誰からも好かれず、嫌がられる上司。その違いは、一体どこにあるのでしょうか。自身もCEOであるElle Kaplan氏...