【もう板バサミにならない!】意見の違う双方を「まるく収める」方法とは

社会に出ると、2つの違う意見が出て、その板バサミになることはよくあります。どちらかに味方をするともう一方を不快にさせてしまったり…。もちろん両者に納得してもらうのが一番ですが、対立した2人の気持ちをなだめるのは、難しいものです。

その解決法は、伝説の元ANA CAマネージャー加藤アカネさんの著書『言いにくいことを言わずに相手を動かす魔法の伝え方』にありました。

VIP担当として様々な相手を対応してきた彼女の経験から、「うまく相手を誘導する話し方」を学びましょう。

01.
泣き叫ぶ赤ちゃんと
クレームをつけるおじさん。
さて、どうする?

Medium 53a0b2be068c315d709187dadb85026f00c8af7c

NGワード:「お静かにお願いします」

どう対応すればいいのか、とても悩ましい状況。とくに飛行機は他の公共交通機関と違って、長時間密閉された空間にいるため、泣きやまそうとする親も、泣き声を聞き続けなければいけない人も、どちらもつらい思いをしています。

そんな「板バサミ」のときには、双方にこんな声かけをします。泣き叫ぶ赤ちゃんの親には、「飛行機は初めてですか?もしかしたら気圧差でお耳が痛いのかもしれませんね」などの声をかけ、おもちゃや絵本を差し上げることで「大丈夫です。いつでもお手伝いできます」と言葉・行動の両方で示してあげます。

怒っている男性には「申し訳ございません。ただいまご様子を伺って、できることがないか確認してまいります」と言って、怒りを少しでも和らげるよう配慮します。

双方の思いを受け止めて対応することが、他の人たちへの安心感にも繋がります。

02.
意見が違う部下2人。
やる気をそがずに
仕事をしてもらう方法

Medium 871a06c8b5e169dfb7ab70c2803a707ef2a5645a

NGワード:「大人なんだから、細かいことは気にするな」

熱心な意見交換はサービスの向上になりますが、違う意見同士が過度にぶつかると関係性が悪くなることもあります。

意見が衝突してこじれた場合、「大人なんだから、細かいことは気にするな」という言い方で両者に説教をするのはNGです。そうではなく、お互いが歩み寄れるように橋渡しをしてあげましょう。

例えば、部下Aさんが「Bさんはひどい」と愚痴っていたら「でもBさんはAさんのこと評価していたよ。期待の裏返しじゃない?」と伝え、部下Bさんが「Aさんって仕事は熱心に取り組んでるけど、やり方が効率的じゃない」と言っていたら「でも、AさんはBさんのこと仕事熱心だって感心していたよ」と、伝えます。

そういう繰り返しから、両者の気持ちがほぐれて2人の心の距離は近づくのです。

また、褒めるときのNGワードがあります。「ただ」「でも」「しかし」「けど」「ですが」は、褒め言葉のあとに付けないように気をつけましょう。

「素晴らしいね。でも、もっと言うと…」のように続けてしまうと、「あ、注意したかったから褒めたのか」と思われてしまいます。

おすすめなのは「さらに」「ますます」「もう一段」などのポジティブな言葉。問題点を指摘しつつも、「素晴らしいところ」を下げないのがポイントです。

03.
間違っている上司と
的確な上司。
どちらも立てる方法

Medium 9ae021565c456b86cfe905dae7807e4ba5be0ee8

NGワード:「◯◯さんにも困ったものですよね」

部署を横断して進めている企画などで、上司同士の意見に食い違いがあった場合、あちらを立てればこちらが立たず……ということがあります。さらに、もし一方が的確で、もう一方が的外れな場合、どう対応するべきなのでしょうか?

こんなとき、やってはいけないのが「◯◯課長の頑固さにも困ったものですよね」と、どちらかの味方になってしまうこと。

気持ちを和らげようとしてその場にいない人の悪口を言ったとしても、相手が同調してくれるとは限らないうえに、あなたが「人の悪口を言うタイプ」というレッテルを貼られてしまうかもしれません。

どうしても自分の仕事が進めやすい上司に気持ちが傾きがちですが、どちらの上司にも平等に接する必要があります。

板バサミを避けるためには、一方の上司に意見を聞き、もう一方の上司にも個別に同じ質問をしてみましょう。事前に考えを伝え、情報を共有した上で意見を聞けば、のちのち叱責されることはありません。

そして、締めくくりには必ず結果を報告して感謝の言葉を伝えましょう。

【関連記事】

『ANAのVIP担当者に代々伝わる 言いにくいことを言わずに相手を動かす魔法の伝え方』著:加藤アカネ

「言いにくいこと」を言わなくても、願うとおりに相手が動いてくれたら……。そんな悩みを「伝説の元ANA CAマネージャー」の加藤アカネさんがみるみる解決。相手を不快な気分にすることなく動かす、魔法の話し方がまとまった1冊。

タイミング悪く相手を引き止めて話し込んでしまう人や、普通に話していても周りにうるさいと思わせてしまう人。知らないうちに不快さを感じるようなシチュエーション...
ダブルブッキングや会議で意見が割れたときなど、どちらかを優先しなければならないケースは多々あります。そんなとき、慎重に対応するべきなのは「優先しなかったほ...
なかなかわからないあの人の気持ち…。職場の人間関係でも、クレームをつけるお客様に対しても、相手の気持ちを察することは重要です。そんな相手の気持ちがわかるよ...
スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。彼は、リーダーのコミュニケーショ...
コミュニケーションにおける、勘違いポイントのひとつがボディタッチ。さり気なくサラッと決められてしまうと、嫌とも思わないのに、ぎこちなさが体温を通して伝わっ...
職場でもプライベートでも、人間関係は難しいもの。最近はSNSの登場でさらにその関係は特殊になってきました。そんな中、人と人との関わりあいを円滑にするのが「...
人間関係の悩みは、いつの時代もつきものです。どこに行ってもすぐに人と仲良くなれる人を見ると、羨ましい気持ちにもなります。「The Smart Dating...
スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。会社の方向性はもちろん、部下のや...
「何」を言うかではなく、「どう」言うかだ。「Inc.」のMarcel Schwantes氏が書いた記事によれば、職場で物事を「どう」言うかで信頼度が決まる...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
まず、下の写真を見てください。部屋には木材で作られたインテリアが並びますが、これらには“ある秘密”が。実は、手前の大きなテーブルや奥の椅子、像を置いたサイ...
ある程度のキャリアを積めば、誰しも「リーダー」という立場に立たされるもの。とはいえ、自分にはリーダーシップなんかないし、向いていないと感じる方も多いと思い...
「嫌われるのが怖くて本音が言えない」「周りから距離を置かれている気がする」。こういった人間関係の悩みをなかなか解決できずに悶々としている人は多いことでしょ...
どの組織にも存在する、リーダー。そのポジションの力量により、組織の士気は大きく変わります。では、より良い組織をつくるリーダーになるためには、どんな素質が必...
複雑な人間関係ーー。自分に本当に必要な人と、そうでない人間がいるとライターPaul Hudson氏は豪語する。もしも、彼の主張するような“関係を見直すべき...
人間関係は、日常生活を送る上でも欠かすことができないものですが、何かのきっかけで人を信じることができない、人間不信に陥ることがあります。人間不信のまま楽し...
人との円滑なコミュニケーションが取れるということは、私生活だけでなくビジネスの面でもとても重要です。では実際にどうすればコミュニケーション能力を鍛えること...
私はかつて25年もの間、全日空でCAの仕事に就いていました。国内線、国際線のチーフパーサーとして働き、そのうちの15年間は、天皇皇后両陛下、英国元首相マー...
人間の感情や、心理学に関する本を14冊も書いている作家のRobert Augustus Masters氏。彼が書いたセックス以外に恋人との関係を近づける7...