優先できなかった相手を不機嫌にさせない「魔法のフォロー」とは?

ダブルブッキングや会議で意見が割れたときなど、どちらかを優先しなければならないケースは多々あります。そんなとき、慎重に対応するべきなのは「優先しなかったほう」です。では、どんな風に伝えれば相手を傷つけずに済むでしょうか?

その答えは、伝説の元ANA CAマネージャーの加藤アカネさんの著書『言いにくいことを言わずに相手を動かす魔法の伝え方』にありました。

01.
先約をしている人に
カドを立てず断る方法

Medium 620298181caab7418f74f4755fd17a63e95cc99b

NGワード:「ご相談に乗っていただけますか?」

「先約よりも重要な案件が飛び込んできてしまったケース」や、「うっかりダブルブッキングになってしまったケース」。これらは、社会人にとってつきものです。

正論はもちろん「先約を優先」ですが、仕事をしていると「先約は大事。でも後から入った約束が、それ以上に大事」といったことも…。

そのとき言ってしまいがちな「ご相談に乗っていただけますか?」は良い伝え方ではありません。こちらの都合で予定を変更するので「相談」ではなく、「折り入ってお願いがございます」と、正攻法で切り出しましょう。

それでも相手が怒りそうな場合は、「うっかりパターン」の体で「せっかく大切なお話をいただいたにもかかわらず、私の不手際でこの日に先約のあったことが先ほど判明いたしました。大変申し上げにくいのですが、予定を変更していただけませんでしょうか」と伝えます。あとから別の約束が入ったと伝えるよりは、管理が甘かったと伝えるほうが「自分より先約がいたんだな」と納得していただけるはず。

ここで気をつけたいのは、「どんなアポイントが入ったかは明かさない」こと。いかにイレギュラーな出来事であるかを強調したくても、相手からすると複雑な気持ちになります。

そして、相手に「お願い」をしたあとは、必ず新しいスケジュールを提案しましょう

「明日以降いつであればご都合がよろしいでしょうか。私は、こちらとこちらの日にちであれば、すぐにうかがえます」と伝え、本来の約束の日よりも早い日程を選択肢に入れておくと、より誠意が伝わります。

魔法の言葉:「こちらとこちらの日にちであれば、すぐにうかがえます」

02.
意見Aと意見B
一方を傷つけずに
一方を採用するときの注意点

Medium e591808d400f7dc83cac05901f384ce1d2613ec2

NGワード:「あなたのダメなところは……」

あなたがリーダーで部下たちの意見が対立したとき、前に進めるためにはどちらかの意見を採用しなければいけません。

そうすると、採用されなかった側の部下は落ち込み、プライドも傷つきます。そんなときリーダーとしてするべきなのは「もう一方が採用された理由」を伝えること。すると、採用になった提案と自分の提案の何が違っていたのかを考えるきっかけになります。

また、ダメな点を伝えるのではなく「◯◯という切り口はおもしろかった」などの良かった点を伝えてあげると、次の仕事に活かす方法を一緒に考えてあげることができます。

部下や後輩は一人ひとり個性があります。得意なところはもちろん、ダメなところも際立つように「レッテルを貼る」のは有効です。

たとえば、高校時代の担任が遅刻常習犯の生徒に「みんなが遅刻しないように、お前が先頭を切ってくれ」と言ったところ、遅刻しなくなるだけでなく、遅刻を防ぐアイデアを出すようになるといったこともありました。

欠点を逆手にとって「ダメな状態を知っているお前だからこそ、できるだろう」と励ますことで、やる気を奮い立たせ、個性が活かすことができます。

魔法の言葉:「ダメな状態を知っているお前だからこそ、できるだろう」

03.
部下と他部署が対立…
えこひいきせずに
部下を守るには?

Medium 310c9a99cb54ee04306952d5a783ce691ac92610

NGワード:「◯◯が頑張っているから応援してやってください」

部を横断した新サービスの立ち上げなどで、自分の部下が他部署のスタッフからダメ出しをされたとします。上司としては部下を守ってあげたいのですが、やり方を間違えると部下を守るどころか、部の評価そのものを下げることに。

大切なのは、個人を前面に出して話さないこと。自分と同格の担当者に連絡を入れ、部と部、課と課の話し合いにします。

「◯◯が頑張っているから応援してやってください」と言うのではなく、「◯◯の意見を聞き、私もお互いの部にとってプラスになると判断し、◯◯に提案するように勧めたのですが、どうもそちらの部のご意向とそぐわなかったようだと報告を受けまして、少しお話しさせていただければと連絡しました」と切り出しましょう。

「どの辺りが問題になっているのか、今後のためにも、お聞かせいただけないでしょうか?」と将来に向けた改善のためであることを前面に出します。

そうすれば、お互いに仕事を通じてなにを目指しているのかという建設的な話し合いになります。

魔法の言葉:「どの辺りが問題になっているのか、今後のためにも、お聞かせいただけないでしょうか?」

『ANAのVIP担当者に代々伝わる 言いにくいことを言わずに相手を動かす魔法の伝え方』著:加藤アカネ

「言いにくいこと」を言わなくても、願うとおりに相手が動いてくれたら……。そんな悩みを「伝説の元ANA CAマネージャー」の加藤アカネさんがみるみる解決。相手を不快な気分にすることなく相手を動かす、魔法の話し方がまとまった1冊。

タイミング悪く相手を引き止めて話し込んでしまう人や、普通に話していても周りにうるさいと思わせてしまう人。知らないうちに不快さを感じるようなシチュエーション...
ANA(全日空)のCA(客室乗務員)として、25年間トップを走り続けてきた里岡美津奈さん。それができたのは「感情が安定していたから」と言う彼女の書籍『いつ...
「準備⇒本番⇒フォロー」の3ステップに沿って学んでいくことで身につく、プレゼンや商談、面接で役立つコミュニケーション術「アクティブ リスニング」。今回は3...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
私はかつて25年もの間、全日空でCAの仕事に就いていました。国内線、国際線のチーフパーサーとして働き、そのうちの15年間は、天皇皇后両陛下、英国元首相マー...
スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。彼は、リーダーのコミュニケーショ...
スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。会社の方向性はもちろん、部下のや...
社会に出ると、たくさんの出会いがあります。しかし「続く関係性」を育むのはなかなか難しいものです。そんななか相手に「今後も会いたい」と思ってもらうために必要...
人間関係の悩みは、いつの時代もつきものです。どこに行ってもすぐに人と仲良くなれる人を見ると、羨ましい気持ちにもなります。「The Smart Dating...
「嫌われるのが怖くて本音が言えない」「周りから距離を置かれている気がする」。こういった人間関係の悩みをなかなか解決できずに悶々としている人は多いことでしょ...
社会に出ると、2つの違う意見が出て、その板バサミになることはよくあります。どちらかに味方をするともう一方を不快にさせてしまったり…。もちろん両者に納得して...
「準備⇒本番⇒フォロー」の3ステップに沿って学んでいくことで身につく、プレゼンや商談、面接で役立つコミュニケーション術「アクティブ リスニング」。今回から...
どんな組織のトップでも、周囲が期待するようなトップにふさわしい要素を最初から持っているわけではありません。「地位が人を作る」という格言がありますが、その地...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
4月は出会いの季節ですが、会社や学校で出会ったみんなとすぐに打ち解けられる人はそう多くないはず。どんな人だろう?信用できるだろうか?と気になっても、相手の...
職場でもプライベートでも、人間関係は難しいもの。最近はSNSの登場でさらにその関係は特殊になってきました。そんな中、人と人との関わりあいを円滑にするのが「...
あなたはちゃんとしたワークライフバランスで働けていますか?「最近、仕事ばかりでプライベートの時間がない」と、ストレスを感じていませんか?仕事とプライべート...
「準備⇒本番⇒フォロー」の3ステップに沿って学んでいくことで身につく、プレゼンや商談、面接で役立つコミュニケーション術「アクティブ リスニング」。どんなこ...
あなたは今日、何回「ありがとう」を口にしましたか?このひとことを伝えるだけで、相手との関係はとても和やかなものになります。もちろん、相手を笑顔にすることだ...
「行動力」とは、前進する姿ばかりを指すのではありません。時に立ち止まり、自分を見つめ直すことこそが「行動力」なのです。それを踏まえて、部下から信頼されるリ...