驚くほど話が弾む、アクティブリスニング「4つのコツ」

谷本有香

経済キャスター/ジャーナリスト。証券会社、Bloomberg、日経CNBCなど金融経済番組のキャスターとして従事、日経CNBCでは初の女性経済コメンテーターに。2011年からフリーランスで活動中。英ブレア元首相やマイケル・サンデル ハーバード大学教授の独占インタビューはじめ、マレーシアのマハティール元首相やハワード・シュルツ、スターバックス会長兼CEOなど世界の1000名を超える著名人にインタビュー実績あり。テレビ朝日「サンデースクランブル」にゲストコメンテーターとして不定期出演中。

「準備⇒本番⇒フォロー」の3ステップに沿って学んでいくことで身につく、プレゼンや商談、面接で役立つコミュニケーション術「アクティブ リスニング」。

今回もコミュニケーションのメインとなる本番についてお伝えしていきます。アクティブ リスニングの基本は聞くことですが、聞くにも「傾聴」と「問答」の2種類あることは前述のとおり。前回の傾聴に続き、今回は「問答」について学んでいきましょう

問答としての「聞く」は
相手の信頼を得るため

906e0a7f29cef8aba7a12fb7f85bb246b77ef260

問答としての「聞く」とは、傾聴で引き出した共感をベースに、コミュニケーションをより深めるために質問したり感想を述べたりしていくこと。相手の話の合間合間に適切に投げかけていくことで、信頼を得るのが目的となるテクニックです。

相手にどのように質問するか、タイミングや表現が重要になってきますが、これまでに準備してきたものをすべて使おうとしてはいけません。半分使えれば十分くらいに考えておき、相手の話を聞きながら心に浮かんだ素直な疑問をぶつけたほうが相手に響くことも多いのです。
さて、どんな質問が信頼を得られるのでしょうか?

質問が浮かばないときは
「それで?」の繰り返しでOK

質問の仕方には、話の流れに乗っていくパターンと、それまでの流れをガラッと変えるパターンがあります。基本は流れに乗っていくパターンでOKですが、どうしても質問が浮かばなくなったときには「それで?」を使いましょう。

話の続きを促すために、
「それで、どうなさいました?」
「それから、どうなりました?」
のように使います。これは主にコミュニケーションの導入部で有効で、話が盛り上がってきたら頷きや相槌で十分。困ったときには「それで?」で流れを止めないようにするのがオススメです。

雑談できるのは
信頼の証

935b9534fafd6ad2ff91b1d1e234fd26ab1186ef

問答を深めるためには、時間をとって世間話や雑談を普段以上に入念に行うのも有効です。例えば皆さんが友だちに悩みを打ち明けるとき、いきなり悩みそのものについて話し始めることは少ないのではないでしょうか?なんとなく「今日、こんなことがあって」と雑談に始まり、頃合いを見て「実は…」と話し始めるものでしょう。

このように、無駄話は「無駄な話」ではありません。無駄な話ができるほど近しい、信頼し合えている関係になるために使うのです。だから、積極的に雑談するよう心がけてみましょう。

行き詰まりの即効薬は、
子ども時代の話を聞くこと

「何だか話が盛り上がらないな…」そんな行き詰まりを感じたとき、効果的なのが子ども時代の話を聞くこと。子ども時代には誰にでも似たような経験があり、似たような感覚を持てるからです。

実はテレビや雑誌のインタビューで、「子どもの頃からいまの職業に就きたいと思っていたんですか?」という質問は定番になっています。ビジネスの場でも、話題が途切れたときにこの手は使えると思いますが、するのはあくまで知り合い同士になってから。初対面の人にいきなり聞くような質問ではないのでご注意を。

信頼を勝ち取る問答
「15のスキル」

B4c43418e586f10f259d3f124e664c5bbf1b16d1

いかがでしょう。質問するのはただ話を聞くことよりも難しいですが、こういった小さなテクニックを積み重ねることで、次第にコツはつかめてきます。

ここでご紹介した以外にも問答のスキルはたくさんあります。書籍では以下の問答スキル15個について詳しく解説していますので、ぜひこれらのスキルを身につけ、アクティブ リスニングで信頼される人間を目指しましょう!

01.質問っぽい質問をしない
02.慣れないうちは、「それで?」の繰り返しでOK
03.話の流れをさりげなくコントロールする「切り返し質問法」
04.話のペースを変えたり、他のテーマに移る「場面転換法」
05.相手のちょっとした変化を見逃さずに質問する
06.難しい質問をする時は、リフレーズしたり、二者択一で聞く
07.相手が答えにくそうな質問は、角度を変える
08.話が盛り上がらない時は、子ども時代の話を聞く
09.自分の考えや気持ちを疑問形で伝える
10.質問に自己アピールをさりげなく混ぜ、「デキるな!」と思わせる
11.グッドコップとバッドコップを使い分け、質問する
12.自分の得意な役柄になりきって質問する
13.質問以外の雑談や無駄話をたっぷり行い、信頼関係を深める
14.場合によっては疑問や否定の反応で、自分の考えを伝える
15.自分の考えをスムーズに伝える定番フレーズを増やしていく

コンテンツ提供元:谷本有香

「相手が年上の人だと固まってしまう」「話が聞かれていると思うと頭が真っ白に!」「しゃべっても相手が無表情だと不安になる」そんな事が重なるうちに、コミュニケ...
「準備⇒本番⇒フォロー」の3ステップに沿って学んでいくことで身につく、プレゼンや商談、面接で役立つコミュニケーション術「アクティブ リスニング」。今回から...
「準備⇒本番⇒フォロー」の3ステップに沿って学んでいくことで身につく、プレゼンや商談、面接で役立つコミュニケーション術「アクティブ リスニング」。ここでは...
「準備⇒本番⇒フォロー」の3ステップに沿って学んでいくことで身につく、プレゼンや商談、面接で役立つコミュニケーション術「アクティブ リスニング」。今回は3...
会話の輪に飛び込めない人、商談前の雑談が苦手な人、異性との会話で緊張してしまう人・・・自分の「会話スキル」に不安を感じているという人は案外多いもの。でも、...
「準備⇒本番⇒フォロー」の3ステップに沿って学んでいくことで身につく、プレゼンや商談、面接で役立つコミュニケーション術「アクティブ リスニング」。どんなこ...
会議、プレゼンテーション、研究発表、スピーチ…。そんな人前に出る機会を、苦手に感じている人も多いのではないでしょうか?東京学芸大学附属世田谷小学校に、沼田...
昔、私はとある大学で心理学の教授を務めていました。私は自分の教えるテーマ、心理学が大好きだったので、皆がこの授業に夢中になるはずだと思っていました。しかし...
同僚との雑談や、クライアントとの仕事以外での会話が続かない…。自分がコミュニケーション下手なのはわかっているけれど、一体どうすれば解決できるか分からない、...
ほぼ同じ内容をプレゼンしているのに、「あのプレゼンは良かった」と褒められる人と、ちっとも話を聞いてもらえない人がいます。なぜかというと、プレゼンの成否は「...
人前で話すときは、言葉によって表現される言語的コミュニケーションだけではなく、外見や表情、ジェスチャーなどの「非言語的コミュニケーション」に気を配ることが...
自己主張が求められる場面以外では、自分の話は会話を弾ませるときの「潤滑油」程度で使うだけ。交渉の席のように相手を説得することも、お笑い芸人のように相手を笑...
プレゼンテーション(以下プレゼン)の語源は、プレゼントだと言われています。つまり、相手ありき。聞く側の気持ちを考えて、話をすることがキモなのです。「 Th...
年間約240万人が受験し、日本における英語力の「ものさし」ともなっているTOEICが、2016年5月29日のテストから、10年ぶりにリニューアルされます。...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
スピーチやプレゼンをしたときに、おもしろみがない、心に響かないという評価を受けてしまう…と、お悩みのあなた。では、どうしたら聞き手におもしろいと思われ、心...
感情のコントロールに詳しい、ライターAlexa Fischer氏。彼女が書いたこの記事は、すべての社会人必見の内容です。というのも、まとめられているのは、...
あなたはプレゼンを終えた時、大成功だったと思うことが多いですか?それとも「違うことをやればよかった、言えばよかった」と後悔することが多いですか?後者の場合...
人前で話すのは、どんな人でも多かれ少なかれ緊張するもの。でも、クライアントへの重要なプレゼンテーションなど、“やらねばならないとき”があることも事実です。...
書家の活動と平行して十数年に渡り通信業界に勤め、プレゼンテーションスキルにおいては、あのソフトバンク孫社長の元右腕とも言わしめた前田鎌利さん。独立後、昨年...