恋人との信頼関係を確かめる「12のチェックリスト」

どんなにいい恋愛関係にあろうとも、言葉で伝えることは重要!なはずですが…。まったく逆の意見、つまりは「会話の必要性がなくなる」と、持論を展開するPaul Hudson氏。
当然ながら読者からの反応も賛否両論、ほとばしる熱いコメントは、すでに1,400件を超えています。「言葉がなくても分かり合える」という、ライターの真意、理解できる?

01.
二人だけに通じる
ジョークがある

happy-couple150903-03

誰かの発した言葉で、二人だけの思い出の記憶にスイッチが入るようなことがある。二人の目が自然とお互いを探して、同時に笑いがこみ上げてきたり。でも、それをグッと堪えようと、手のひらをつねったりして平静を装おうとする。他の人たちには決して理解できない、二人だけの濃密な瞬間を分かち合える。

02.
目が合うだけで
「エッチしたい」サインを
見分けられる

happy-couple_1
どちらか一方がムードを盛り上げようとしたり、説得する必要なんてない。相手がその気になれば、あなたは、その視線や声のトーン、素振りでそれを察することができるから、いつでもその気になれるはず。

03.
相手の悲しみや
苛立ちを共有できる

もしも、恋人が落ち込んでいれば、あなただって悲しくなるだろう。感情が二人ひとつになったような関係だから、お互いの痛みをシェアすることもできる訳。相手の幸せこそ自分の幸せ。そういったレベルに愛が深まっているからこそ、言葉が無用となってくる。絆はもう、言葉の範疇を超えているはず。

04.
セックスの最中も
体の反応だけで
コミュニケーション

happy-couple150903-04

体に触れるたび、すべての動きにお互いが反応する。永遠に続くギブアンドテイクだ。「どうして欲しい」「もっとこうして」、こうしたコミュニケーションが体の反応に変わるときがある。もはや、説明不要。
逆に言葉を使うときは、もっとエキサイティングになりたい時の秘策に。お互いの体のこともよく理解しているから、相手がどう動くかで、楽しんでいるかも分かり合える。それは、自分自身の快楽でもあったり。

05.
口論には言葉が必要。
でも、ケンカの最後に
「ゴメンね」が要らない!?

たとえ言い争いになったとしても、相手を傷つけることは決して口にしない。もちろん、言うつもりもないから、大げさに謝る必要もない。どんなに愛が深まろうと、食い違う意見は誰にだってあるものだ。そこにいちいちこだわってはいけない。強い口調で始まった口論だったとしても、優しさと思いやりで終わらせることができるはず。

06.
質問で困らせることがない

happy-couple_2
答えが分かっているのに、聞く必要がある?伝えたい時だけ言葉でコミュニケーションする。愛があればこれで成立してしまう。つまり、言葉が必要ないレベルにまで、関係が達している証拠。隣りにいれば、テレパシーで通じ合えているみたいに。

07.
同じタイミングで
ひらめいた内容が
まったく同じ!

健全なカップルにとって、もっとも早い段階で訪れる現象。「同じ考えを同タイミングで思いつく」こと。偶然と勘違いするだろうけど、毎回のように偶然が重なれば、いつしかそれは必然に変わる。きっと、体験した人は多いはず。これぞ、まさしく魔法でしょ?

08.
「波長が合う」ではなく、
同じ波長を生み出している

happy-couple150903-05

幸せなカップルにとって、世界は同時に大きくも小さくもなる。それはどこから来ているのか?同じ波長にいないように感じていても、結局は二人が同じ波長を生み出している、ということがある。パラメーターは広くなり、より多くのスペースを埋め尽くしていく。そうして、二つの世界がひとつに融合していく。言葉の国境がない世界に。

09.
相手の努力を理解できる

誰かに助けを求める必要なんてない。どんな時でも、真っ先に救いの手を差し出してくれる人がいるから。お互いの欲するものが分かっていれば、言い訳も不要になるし、守れない約束なんて一瞬にしてなくなる。それは、自分の人生を歩むように相手の人生に寄り添っているから。

10.
犠牲と思わず
相手に尽くすことができる

She was even more beautiful than the sunset

相手のために自分を犠牲にできること。これも二人の間では、ただの交換のようなもの。自分が犠牲になっているような気さえ、感じなくなるのが、本当の恋愛だ。あるのはただ、優先順位の問題だけ。いちいち相手に確認をしたり、お願いをするような間柄ではないのだから。

11.
共有体験で絆を
さらに深めていける

感動体験や思い出、一緒に乗り越えるべき試練、二人が共有していくすべてのものが、絆をより深くしていく。言葉では表現しきれない、いわば意識のようなもの。まさに芸術を創造していくような作業。

12.
言葉の前段にある
強い信頼関係

Trust150903-07

会話と同じように、経験も二人の人間をより理解させ、ひいては人生を理解させる。そして、経験は信頼を生む。確かに言葉は美しい。だけど、愛し合う二人の関係があってはじめて、美しい会話が生まれるはずだ。不要な言葉を取り払っていくと、恋愛も人生もシンプルで濃密なものにできるはず。

Licensed material used with permission by Elite Daily

親しき仲にも礼儀あり。恋人同士だってそれは変わらないのかと思いきや、「お互いどこまで素を出せるか」が良好な関係を築く秘訣だと意見するのは「Elite Da...
一緒にいるのが楽しくて付き合い始めた、ふたり。なのに、だんだん相手のことを嫌いになっていくのはなぜだろう?もしかしたら、あなたは勘違いしているのかもしれま...
何も言わなくてもわかってくれるとか、今夜食べたいものが同じだったとか、ハッキリとは言えないんだけど何か「私たち良いよね!」って思えるような恋人とのサインが...
ただの快楽の手段としてだけでなく、セックスは優秀なコミュニケーション手段なのです。あまり得意じゃないなと感じている人はこんな意見を考え方を参考にしてみては...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。メール頻度はどのくらいがい...
たとえ二人が一緒に過ごしていても、その理由が「愛」か「執着」かでは大きな違いがあるもの。でもコレって、自分ではどちらなのか判断しにくいですよね。そこで、大...
「愛は最高の奉仕だ。みじんも自分の満足を思ってはいけない」太宰治の『火の鳥』には、愛についてのこうした表現が登場します。これは紛れもなく「真実の愛」と呼ぶ...
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
複数の人と同時に恋愛関係を築く。浮気とは一線を画す「ポリアモリー」という愛の概念に、アメリカで注目が集まりつつあります。「Elite Daily」が制作し...
彼氏とのセックスレスに悩む女性はたくさんいます。きっかけは人それぞれですが、置かれた状況は同じと言えるでしょう。セックスの回数が多いのも悩みのタネになりま...
どういうわけか、彼氏とセックスしたくない―。たまに、そう感じてしまうことはありませんか?きっとこの心境の背景には、これから説明する7つのことが関係している...
世の中にカップルは星の数ほどいますが、彼氏が大好きで本当に幸せな女性は、彼氏にどんなことをしてもらっているのでしょうか? 「こんな彼氏を作るぞ!」と決意す...
愛する人と交わす口づけは、いつだって特別でハッピーなもの。2013年、ニューヨークを拠点に活動する写真家Ben Lambertyさんは「キスをする人々」の...
クリスマスはもう直ぐそこ。恋人へのプレゼントの準備はできていますか?モノよりも心が重要!なんてここで言う必要もないでしょうが、「LittleThings」...
「Elite Daily」で、自らの恋愛失敗談をもとに「見せかけだけのいい男にご用心」と、警鐘を鳴らすSandy Raitman氏。いい男でも、中身がどう...
男性からみた女性のわがままは、大別すると2つ。「可愛い」と「困る」です。さて、あなたの彼氏はどんなわがままなら「可愛い」と感じるのでしょうか?1.何かに集...
女性としては、好きだからこそしてしまう質問ばかり。でも、男性にとっては答えるのも面倒くさい…。彼氏がいる人はもちろん、いない人にも見てもらいたい記事です。...
なんとなく感じてしまう男性の浮気の影。何をチェックすれば浮気がわかるのでしょうか?遠距離恋愛の彼氏に浮気はつきものです。次の10項目に複数当てはまれば浮気...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこは ライターAngel Chang氏も同意見。さ...