炎が空に伸びていく!?見たことのない謎の「花火」に世界が驚愕

以下の映像は某所で撮影された新型の花火を捉えたもの。一体どんな仕組みになっているのか…。あなたにわかるだろうか?

Reference:Trending in China

空へと向かってゆっくりと伸びていく炎の柱。一見しただけでは何が起きているのかわからない人も多いはず。

ハシゴが伸びていくかのような新しい花火を考案したのは、中国のアーティスト「Cai Guo-Qiang」氏。実はもう少し解像度の高い画像で見るとそのカラクリが見えてくる。以下に紹介しよう。

まずは近場から撮影された写真がこちら。

85singo_2015_SkyLadder_A4309_WYC_ExplosionEvent_013_cr

85singo_2015_SkyLadder_A4309_WYC_ExplosionEvent_005_cr

特に地面には特別な設備はないようだ。まだわかりづらいかも知れない。もう少し画像を見てみよう。

85singo_2015_SkyLadder_A4309_WYC_ExplosionEvent_008_cr

85singo_2015_SkyLadder_A4309_LY_ExplosionEvent_002_cc

85singo_2015_SkyLadder_A4309_WYC_ExplosionEvent_003_cr

わかるだろうか?燃えているハシゴの先端部分に何か丸いものが…。

85singo_2015_SkyLadder_A4309_LY_ExplosionEvent_001_cc

85singo_2015_SkyLadder_A4309_WYC_ExplosionEvent_009

実はコレ、気球を使ってハシゴを空に持ち上げることで吊り橋をつくっている花火なのだ。炎が自然と上へ上へと燃え移っていくことで遠くから見るとまるでスローモーションで打ち上げ花火を見ているかのように錯覚する。それには映像の粗さも一役買っているのだが、暗がりの中で遠方から花火を眺めるのであればおそらく同じような体験になるだろう。

ちなみに準備の風景を一部紹介するとこのようになっている。まずは気球自体を作りこんでいく。その下には火薬入りのハシゴが繋がっている。

85singo_2015_SkyLadder_A4309_WYC_Process_004

そして、気球が少しづつ空へと浮かんでいく。

85singo_2015_SkyLadder_A4309_WYC_Process_016

地上に目立つものはなかったが、実はかなり大掛かりな準備が行われ、その証拠が上空に存在していたのだ。

85singo_2015_SkyLadder_A4309_WYC_Process_019

花火作品の名前は「Sky Ladder(空のハシゴ)」。カラクリがわかってしまうと「なんだそんなことか」と思ってしまうような仕掛けではあるが、最初見た時のインパクトは相当なもの。一度は生で見てみたいものだ。知らずに見たらきっと誰もが「なんだあれ!」と驚くに違いない。

Reference:Trending in China
Licensed material used with permission by Cai Guo-Qiang

7月4日アメリカの独立記念日にお祝いの意味を込めてたくさんの花火が空に打ち上がるけれど花火による事故が問題視されている米テキサス州フォートワースにある法律...
日本の夏の風物詩、花火。もちろん、花火は世界中で見られるものだけど、そのスケールやクオリティは、やっぱり日本に軍配が上がると思う。花火の起源には諸説あるけ...
気がつけば8月も後半戦。あれほど「暑いのはもうイヤ!」と思っていたのに、いざその終わりが近づくと、一気に寂しさが押し寄せてきたり。毎年感じるこの気持ち、一...
数年前に転職してからずっと都内に住んでいる。地元の親友ミホとは「遊ぼう遊ぼう」といつも言ってはいたけれど、帰省するタイミングが合わなかったり、どこか中間地...
「見にいくんじゃなくて、入り込む」「400年も変わってなかった花火をアップデートする」「お台場からの美しさ。日常にある奇跡に気づいて欲しい」「最後には、人...
海との一体感を味わえる──。ハワイで大流行し、日本でもその認知度が広がりつつあるのが、スタンドアップパドルボード(通称:SUP)を使ったヨガ。その進化版と...
中国四川省の奥地に、透き通った水が流れる美しい渓谷があります。ユネスコ世界遺産に登録されている九寨溝(きゅうさいこう)。透明度120%コバルトブルーの湖面...
つい先日、Facebook社が空からネット環境を届けようと開発を進めているソーラー飛行機、「Aquila(アキラ)」の初フライトを成功させました。一方、通...
口内炎がよくできて困るーーそんなあなたには「Little Things」がまとめた原因と対策が参考になるかもしれません。注意しておくべきもの、意外とたくさ...
こんな本、見たことがあるでしょうか。地上の家から光かがやく月までを冒険しながら進んでいく、世界一長い塗り絵です。好きな色を使って、自由に塗り進めながら、未...
2015年9月3日、中国の北京で終戦70周年のパレードが行われました。しかし、その式典の内容とは別に、その前後で変わった街の空の様子にも注目が集まっていま...
画像に写っているのは、「Fly around the world」名義で活動するクリエイターの石神良英。まずは、Twitterで4600RT・5500FA...
高速道路が車でパンパン!それもそのはず。この写真が撮影されたのは、1週間ある中国の大型連休「国慶節」の終盤のこと。つまり、帰省ラッシュで料金所に渋滞が発生...
メラメラと燃え上がる炎の中から姿を現した顔に、ハッと息を呑む。映画『スター・ウォーズ』のアナキンが悪に染まり、ダース・ベイダーとなって生まれ変わった、あの...
まずはこの画像を見てください。公園でシーソーに乗っている2人組。でも、よく見てみると…。彼らが乗っているのはクリップ。横には鉛筆が転がっています。次の画像...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
日本でも七夕の物語が言い伝えられている、天の川。その幻想的な銀河の集まりは、一体宇宙のどこに位置するのか。その謎を解き明かすため、ハワイ大学の研究グループ...
一面、銀世界の上にリフトが連なり、なんとも綺麗なスキー場の風景…。しかしみなさん、お気づきですか。じつはこれ、洗濯物干しとタオルで作られたミニチュアアート...
大都市を結ぶ鉄道網の整備が急ピッチで進む中国。その作業現場の風景を収めた、貴重な動画を紹介します。舞台は、鉄道橋の架設工事現場。人手をかけて作業にあたると...
電動ドライバーを使って、木製パネルに固定して製作されたもの。磁石に引き寄せられる上の作品『screw art』に使用されているのは、じつに10,000本のネジ。