日本の「Hanabi」が世界を驚かせる。未来型花火エンターテインメント「STAR ISLAND」5/27

日本の夏の風物詩、花火。

もちろん、花火は世界中で見られるものだけど、そのスケールやクオリティは、やっぱり日本に軍配が上がると思う。花火の起源には諸説あるけど、本格的なものは「両国の花火」だと言われていて、その様子は歌川広重の『名所江戸の百景』にも残されている。

つまり、花火の歴史は江戸時代にまでさかのぼるのだ。僕たちが花火を愛してやまないのは、DNAに刷り込まれているからかも知れない。そんな日本が誇る最高エンターテインメントが、最先端テクノロジーによって進化した姿を現す。それがSTAR ISLANDだ。

花火大会×3Dサウンドで
覚醒する

Medium b98c655e1c821e4569a9e17bf0e235a4af8cfa5e

総合プロデュースは「ULTRA JAPAN」などを手がけてきた小橋賢児。何でも、構想から3年ほどの月日を費やしたのだとか。

会場は、お台場。摩天楼を彷彿とさせるビル群をバックに鮮やかに打ち上がる花火…。それを想像するだけでもかなりヤバいことは間違いないのだが「STAR ISLAND」はそれにとどまらない。

何しろ、演出へのこだわりがハンパじゃない。

まずは、3Dサウンドシステム。会場には総数55個ものスピーカーが設置されるのだが、各スピーカーから別々に再生されるサウンドは、前後左右に動き、今までに体験したことのない新しい感覚が味わえるのだという。

さらにビーチでは、世界中で活躍するパフォーマーが様々な演舞を披露してくれたり、光を自在に操りながら独特な世界観を創り出すライティングのスペシャリストなど…様々なトップクリエイターたちが集結するようだ。

肝心の花火は、150年以上もの歴史を持つ老舗「丸玉屋小勝煙火店」が手がける。隅田川花火大会をはじめ、様々な実績を残してきた日本を代表する職人集団だ。

夜空に舞い上がる花火に、音楽とパフォーマンスと光がハイブリッドされたエンターテインメントショーには、とことん五感を刺激され、覚醒してしまいそうだ。

花火鑑賞のスタイルが変わる
歴史的な日

Medium 19afb19a3b9b75aa32d647a2b27b338442784b6a

演出もさることながら、会場に設置された観客シートにも工夫がこらされている。

合計5つのエリアに分けられているのだが、鑑賞したいスタイルによって選べるような仕組みだ。例えば、リラックスして花火を楽しめるベッドエリアビッグクッションエリア、子どもたちと遊びながら楽しめるキッズエリア、シェフが提供する料理に舌鼓を打つディナーエリアなど。

恋人・友人・家族、どんな組み合わせでも盛り上がれる配慮がされているのは嬉しい限り。きっと、花火鑑賞の仕方も大きく変わるに違いない。

花火の英語は普通「Fireworks」だけど、このイベントをきっかけに「Hanabi」となるかもしれない。そんな歴史的瞬間に立ち会ってみるのはいかがだろうか? 

未来型花火エンターテインメント「STAR ISLAND」
【開催日時】2017年5月27日(土)
【開催場所】お台場海浜公園(東京都港区台場一丁目)
【開催時間】開場/16:00 閉場/21:00 
 ※当日の演出によって時間が変動する場合があります
【公式URL】 http://www.star-island.jp/

Licensed material used with permission by STAR ISLAND, (Facebook), (Instagram), (Twitter)
「見にいくんじゃなくて、入り込む」「400年も変わってなかった花火をアップデートする」「お台場からの美しさ。日常にある奇跡に気づいて欲しい」「最後には、人...
数年前に転職してからずっと都内に住んでいる。地元の親友ミホとは「遊ぼう遊ぼう」といつも言ってはいたけれど、帰省するタイミングが合わなかったり、どこか中間地...
テクノロジー系の裏技を紹介する人気YouTubeチャンネル「Mrwhosetheboss」から、簡単ながらも、驚きのテクニックを紹介しましょう。まずは、以...
「GOOSE ISLAND(グースアイランド)」は1988年にシカゴで誕生した、アメリカ中西部最大のクラフトビールブランド。こだわりのホップ...
以下の映像は某所で撮影された新型の花火を捉えたもの。一体どんな仕組みになっているのか…。あなたにわかるだろうか?Reference:Trending in...
気がつけば8月も後半戦。あれほど「暑いのはもうイヤ!」と思っていたのに、いざその終わりが近づくと、一気に寂しさが押し寄せてきたり。毎年感じるこの気持ち、一...
例えば、もしあなたが喧噪とした今の生活を離れて、島で暮らすとしたらどうだろう? そんな夢想をしたことがあるだろうか?「島」ということばを聞くと、無性に心が...
平面のキャラクターに自分の好きな色を塗って楽しむ「塗り絵」。あの塗り絵が、最新のデジタル技術を応用し、超未来型のツールに生まれ変わりました。開発を手がけた...
ついに、3Dプリンターによってつくられた橋が建設されました。鉄筋コンクリートで、コンピュータの計算によって、パラメトリックデザインという、使用する素材を最...
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
経済産業省の発表によると、日本における太陽電池生産額は約1兆円マーケット。民家の屋根にパネルを設置している風景も目新しいものではなくなりましたよね。小型、...
サウサンプトン大学にある電子工学調査センター(ORC)が、新しくクリスタル製のデータストレージを開発しました。そのスペックが高すぎると話題になっています。...
つい先日、Facebook社が空からネット環境を届けようと開発を進めているソーラー飛行機、「Aquila(アキラ)」の初フライトを成功させました。一方、通...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
そこは、バーチャルとリアルの境界線が曖昧になった世界。デザイナー兼映像制作者のKeiichi Matsuda氏が手がけた『HYPER-REALITY』は、...
音楽は見て再生!そんなアイデアを元につくられたシステム「REIFY」が斬新です。以下の動画で紹介されているように、その再生方法は、目の前にある造形物をスマ...
7月30日から、デザイナー・原研哉氏がディレクターを務める展示「HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION」が開催されています。...
「触れられる、タッチできる、3D映像を日本人がつくりだした!」というニュースが、今海外でとても話題になっています。下の動画を見るとわかりますが、空中に映し...
バーチャルリアリティ(VR)も、さまざまなところで体験できる様になりました。実際にヘッドセットを装着してみた人も多いでしょう。そんなVRの研究は、次のステ...
海との一体感を味わえる──。ハワイで大流行し、日本でもその認知度が広がりつつあるのが、スタンドアップパドルボード(通称:SUP)を使ったヨガ。その進化版と...