レシートには、有害な「環境ホルモン」がべっとり着いていた・・・

生物医学研究サイト「GreenMedinfo」の創設者Sayer Ji氏は、こう断言します。「レジで受け取るレシートは有害物質が含まれている」。きちんとレシートを保管して、財政管理するのはいいかもしれません。でも、健康面から考えると、必ずしもそうとは限らないのかも。
Ji氏の記事を紹介しましょう。

その正体は、合成化学物質

donttouchreceipts150906-02

料金を支払う際に「レシートは要りますか?」と聞かれて、あなたはもらうタイプですか?一般的にお釣りとともに渡されるレシートですが、よほど必要なことでもない限り、受け取りを拒否したほうがいいかもしれません。なぜなら、レシートには環境ホルモンの一種「ビスフェノールA」がべっとり付着しているのだから。
このビスフェノールAの出自は、熱で紙媒体に印字されるサーマルプリンター。ここから印字されたレシートを直接手で触ることは、たとえるならガソリンやシンナーを素手で扱っているようなもの。なんら変わりがないのです。

ビスフェノールAとは、空気中に放出された、残留性有機塩素化合物などの合成化学物質の一種。人間のホルモンに作用し、「撹乱を起こす可能性がある」ことが解明し、近年、医学において「環境ホルモン問題」として、安全性が疑問視されています。
もちろん、レシートに触れる機会なんて、1日のうちにあっても数回。ですが、レジ係をしている人だったら?長時間に渡って、知らぬ間に、何度も何度もビスフェノールAと接触していることになります。
これが、私がレシートを断る理由でもあります。でも、レジ係の人たちはなぜ、私が拒否しているのか理解する訳もなく、さらには「有害な化学物質を拡散している」という事実を理解していません。

健康被害が避けられない?
環境ホルモンの恐怖

donttouchreceipts1509-02

現在、サーマルプリンター出力のレシートが人体にもたらす危険性が、すべて証明された訳ではありません。ですが、「50歳以上の人々の健康面への悪影響は避けられない」という意見も。たとえば神経毒性、心臓毒性化学物質、さらには発ガン性物質を生み出し、人体を汚染していく経路のひとつにビスフェノールAがなり得る危険性があると、ニューヨーク州立大学による研究結果が示しています。
また、注意しなければならないのは、買い物のレシートだけではありません。航空券や、ATMの領収書、紙幣に至るまで。すなわち、私たちが日々の生活の中で手にするもののほとんどに、ビスフェノールAの危険性が潜んでいる訳です。

殺菌・消毒のはずが
手にはべっとり…

donttouchreceipts150907

日頃、どのくらい私たちが「環境ホルモン」を吸収してしまっているのかを知る手がかりがあります。そのひとつとして、ビスフェノール吸収を懸念する声が、石油由来の成分を現在でも多く製品に使用しているスキンケア市場において、その毒性や肌に与える影響などが、大きな関心ごととなっていることからも分かります。
たとえば2014年、オープンアクセスの学術雑誌「PLoS」に発表された「熱レシートおよび消毒剤付着の手による摂食における、血清の活性化および尿中のビスフェノール値」を調査する研究において、驚きの結果が報告されました。手を殺菌するはずの洗浄剤などからも、ビスフェノールAのように脂溶性化合物の吸収を増加させる物質が検出されたからです。

さらに不安にさせることは、3歳〜15歳までの健康な児童のうち、およそ93%にビスフェノールAが検出されたことが判明。サーマルプリンターによるレシートに直接関係なくとも、環境ホルモン汚染問題が深刻化しつつある現状が、次第に明らかになってきました。あとは、あなたがどう考えるか?ということになります。

Interested in more information like this? Sign up for the GreenMedInfo.com email newsletter here http://www.greenmedinfo.com/greenmed/newsletter.

Licensed material used with permission by GreenMedInfo

欧米を中心に高まりつつある食事メソッド「ホリスティック栄養学」を知っていますか?ざっくりと説明すれば、心・身体・精神それぞれのバランスを保つための食習慣を...
いい夫婦の日(11月22日)に投稿された“あるツイート”が、「素敵すぎる」と話題に。世の奥様方も、こんなサプライズをされたら、普段抱えている不満が一瞬で吹...
手軽で人気のファーストフード。ぱぱっと食べられるのが魅力ですが、栄養バランスも気になりますよね。「FAST Food AID」はファーストフードを食べた際...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
今回、@mai_smoothieが教えてくれるのは、爽やかなキウイの甘酸っぱさにヨーグルトをMIXにした、ヘルシーなスムージー。キウイに含まれる豊富なビタ...
生活の中で当たり前に使用している日用品は、自分の性格や癖、さらには健康にまで影響する可能性がある。と説くのは「Collective-Evolution」ラ...
ここに紹介するのは、2014年12月にElite Dailyで公開された、ちょっと古い記事。年の瀬に「こんな人との縁は年内に断ち切るべき」とした内容は、新...
中国の環境汚染は、ここまで来ている近年急速に経済的な発展を遂げ、特に都市部の人口も爆発的に増加している中国。しかしその代償に、環境汚染が進んでいることもよ...
「有害な人間は、あなたから多くの時間とエネルギーを奪う。さらに、不必要に物事を複雑化し、争いをも生み出すのです」そう警鐘を鳴らすのは、「TalentSma...
ライターSteven Bancarz氏が、自然がもたらす不思議な力を「Spirit Science and Metaphysics」にまとめています。都会...
自転車先進国と呼ばれる国が多いヨーロッパ。2016年1月にドイツで自転車専用高速道路が開通したことは記憶に新しいですが、そのほかにも続々と始まりつつある新...
エチオピア北部の町ゴンダルは、年間降雨量が極端に少ない地域。激しい干ばつに見舞われ、土壌もやせ細り、この地で農業を営む人々は町を捨て、他の地域に移っていく...
「幸せ」。古来より論じられてきたテーマについて、ハーバード大学が科学的に研究するセンターを設立しました。もちろん、闇雲に追いかけるわけではありませんよ!「...
普通の野菜より体にいいっていう話はよく聞くけど、本当のところどのくらい影響があるんだろ?と気になっている人も多いかもしれません。そこで、スウェーデン環境研...
質問:トイレに入って手を洗った後あなたの選択はどっち?①ハンドドライヤーで乾かす②ペーパータオルで拭く正直、好みの問題と言われればそれまで。でも、真面目に...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
オランダの下院議会に提出された法案が話題になっています。2016年3月30日の「NL Times」によれば、なんと2025年までに化石燃料を使用する車の販...
人間の血液型の中で最も古いのはO型。狩猟民族がルーツだなんて言われています。さらに「 WorldTruthTV」の記事によると、この血液型特有のかかりやす...
最近お腹の調子が優れない…そんな時は、食べる物を考えなおすのが一番の近道だ、と「Little Things」のPhil Mutz氏。たしかにごもっともな意...
実は人が浮気をするのは、その人の性格…だけではなく、体内から分泌されるホルモンや遺伝子の問題でもあるのだとか。カナダのYouTubeチャネル「Asap S...