呼吸するだけで泥酔?アルコールが「吸える」BARがロンドンで大人気

従来とは違う新しいお酒の楽しみ方として、かなり奇抜だと注目を集めているのがこの「Alcoholic Architecture」。ミスト状のアルコールが充満したBARになっており、お酒を飲むのではなく吸引するお店。飲むより酔いが早く回るそうです。

かな〜り怪しげな雰囲気を醸し出していますが、一体どんな様子なのか…。見てみましょう。まずはレインコートを着用してからお店に入ります。

アルコールミストで
ほろ酔い体験!

Medium 2fdeb5fcb07b4239629004afcc032ee5bf1ce7b8Medium bbb8a005cfddb9d733759cf3400d20232073962dMedium bc350a434833925a1fd5e3bc2e2f0e0605699953

中はもちろんアルコールミストで充満!ジメジメするし髪も濡れちゃう…とも思っちゃいますが、この「Alcoholic Weather System」を開発した2人組のオーナー「Bompas & Parr」曰く、湿気が高い方が人間の嗅覚や味覚が敏感になってよりお酒を楽しめるんだとか。

必ずしもカウンターに並んでお酒を注文する必要はなく、そこにいるだけで酔ってしまいます。その斬新すぎるスタイルにはロンドンのミーハー達の心も鷲掴みにされているようですね。

ネオン看板には「呼吸は自己責任」との案内も。

Medium 056342e21de7a229b7cb8e4779935de89790071eMedium 37cc5cd8fe5fba7dfeed7703b61997aedf6a0479Medium 2927509c06d78c4b79181edff947a5e35ee23cc7Medium 0174ee94739f48577fcd9a8f22a40731990f6ea7

前売りチケットを購入してからの入店となり、入店時間は1日に50分までと決められています。吸引によるアルコール中毒を避けるために安全面の管理はなされており、これまでに2日酔いになった人もいないのだそう。

吸引によって肺から吸収するだけでなく、眼球からもアルコールが入っていくそうでちょっと怖い感じもしますが、それでも好奇心がくすぐられちゃうイベントですよね。


チケット売り切れ
続出中…

気になるチケットの値段は12.50ポンド(約2,300円)。ホームページで予約購入ができます。日中の早い時間帯は少し安い10ポンド(約1,800円)でも購入可能ですが、話題になっていることから既に週末やアフターファイブにはソールドアウトしている場合も。

お店の運営は2016年の1月までの期間のみ。ロンドンに行く予定がある人は早めにチェックしておきましょう!

Licensed material used with permission by Bompas & Parr

 ノンアルコールビールもすっかりおいしくなり、今ではアルコールなしのカクテルが注文できるバーもたくさんあります。少し前までは特別なものだった「ノンアルコー...
呼気からアルコール濃度を検知し、その日のペース配分や、明日への影響、お酒が抜けるまでの時間などをアドバイスしてくれるポケットサイズのアイテム。その名も「T...
週末飲んではしゃいで、天国みたいに楽しい時間を過ごしたのはいいけれど、あとから地獄のような二日酔い…。そんなつらいハングオーバー(二日酔い)を癒してくれる...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ロンドンの中心地。テムズ川沿いのナイン・エルムズ上空に世界初となるガラス製の透明なプールが建設されるそうだ。25mプールが2棟の高級マンションの屋上を結ぶ...
長期休暇でせっかく海外へ行くなら、できるだけ多くの街を巡りたい。そんな旅が好みの人に、とっておきの記事を紹介しよう。「Central London Apa...
ロンドンで美食が集まるエリアとして、ここ数年で急激にホットスポット化したモルトビー・ストリート・マーケット(Maltby Street Market)。こ...
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
飲酒運転が、ゼロになる日が!?アメリカで開発が進む「DADSS(Driver Alcohol Detection System for Safety)」。...
フロリダ州の、とあるBARの女性用化粧室に貼られた、一枚の紙。そこに書かれていたのは、もしも危険なデートで男性から逃げたいシチュエーションのとき、女性を救...
ロンドンのとあるバーに貼られていたという、一枚の紙。そこに書かれていたのはとてもネガティブな「文章」でした。pic.twitter.com/q3BReod...
3月の初旬、ロンドンにあるパターノスター広場に、突如としてスイセンのお花畑が現れました。じつは、これはすべて造花なのですが、夜になるとライトアップされるの...
カナダ生まれの「ロンドン・フォグ」は、今や欧米でも大人気のドリンク。アールグレイティーにバニラシロップ、温めたミルクを合わせ、ふわふわのフォームミルクをの...
誰だってその国の首都のことは、知っているつもりになるものですよね。特にそこに住んでいれば尚のこと。たとえばロンドン。ウェストミンスター、バッキンガム宮殿、...
今ロンドンで話題となっているレストラン、テーマは「解放」。なんと裸で食事ができるんです。いまだ完成を見ないため設計のコンセプトから想像するほかありませんが...
地球儀をつくる職人、と聞いてもあまりピンとこないかもしれません。でも、ロンドンの老舗地球儀メーカー「Bellerby & Co」は、一つひとつをハ...
ロンドンに対する印象は「東京の少し先にある街」。2002年から2005年までロンドンに住んでいたのですが、その時に「ああ、これが日本にもあったらいいなあ」...
現地時間で9月2日。炎が立ち上るロンドン・テムズ川周辺の様子を撮影した画像や動画がSNSに溢れた。投稿内容をいくつか見てみよう。「ロンドンが燃える姿を眺め...
健康維持のため控えるべきものの代表例といえば、アルコールと砂糖。では、その両方を1ヶ月間断つと、人間の身体にはどんな変化が現れるのか?体当たりでこの実験に...
イギリスにはこんな言葉があります。「朝、8時12分の気分でその日1日がどんな日になるかが決まる」。1日のはじまりを気持ちよくスタートさせるために、一人の男...