最大2時間もつ!「ツナ缶」を使った、災害用ランプが超便利

ここ数日、記録的な大雨が日本列島を襲っています。報道によると、各地で鉄道の運転見合わせや停電が多発している模様。引き続き、厳重な警戒が必要です。

さて、今回はそんな災害時に役立つ情報をお届け。なんと「ツナ缶」の油を利用してランプが作れるというのです。早速、Youtubeに投稿されているその作り方をご紹介しましょう。

用意するものFireShot Capture 415 - 【かんたん工作】ツナ缶ランプ【アウトドア】 - YouTube - https___www.youtube.com_watch_v=cKWHibMllOQ23_Rまず、ツナ缶に釘を刺します。
FireShot Capture 421 - 【かんたん工作】ツナ缶ランプ【アウトドア】 - YouTube - https___www.youtube.com_watch_v=cKWHibMllOQ333_Rグリグリして穴を広げて、FireShot Capture 422 - 【かんたん工作】ツナ缶ランプ【アウトドア】 - YouTube - https___www.youtube.com_watch_v=cKWHibMllOQ45_R缶の深さの倍くらいの長さの紐を、FireShot Capture 424 - 【かんたん工作】ツナ缶ランプ【アウトドア】 - YouTube - https___www.youtube.com_watch_v=cKWHibMllOQ66_R半分にして、8888888888888888888_R穴に通します。FireShot Capture 427 - 【かんたん工作】ツナ缶ランプ【アウトドア】 - YouTube - https___www.youtube.com_watch_v=cKWHibMllOQ88888999_R5ミリほど先端を出せば、あっという間に完成。werrrrrr_Rいかがでしょう?身近なもので、こんなにも簡単に灯りが作れるなんて驚きですよね。

ちなみに、この「ツナ缶ランプ」は、警視庁警備部災害対策課の公式Twitterアカウントでも紹介されています。

「もしも」の時に備えて、以下の動画で作り方を復習してくださいね。

Licensed material used with permission by イーゼル芸術工房

ひと際目を引く、動物をモチーフにしたこちらのペーパーランプ。じつはこれら、日本の「折り紙」にインスパイアされているアイテムなんです。この動物ランプを作った...
部屋全体をパッと明るくする大きな室内灯に、一部をぼんやりと照らす間接照明などなど、複数のランプを使っている人も多いかもしれません。が、両方使い分けるのって...
おしりをバシッ!と叩くと明かりが灯る。そんな、ちょっと不思議なランプをご紹介。一体どこに設置する照明なのか気になるところですが、ホームページによればこの証...
写真に写っているのは、体に巻き付いた太いロープ。そしてその先端には…電球。この「Fauna Lamp」は、自由自在に曲げられちゃう一風変わったランプなんで...
スイッチを入れるとアルミ鉢から、ニョキッと姿をみせるサボテン。壁に映し出されたシルエットは、愛嬌があり、何だかとても癒やされる。これぞ現代の「魔法のランプ...
東日本大震災から早5年。防災意識がだんだんと薄れてしまっている今だからこそ、自分の身の回りの備えについて、あらためて考える機会を持ちたい。防災グッズは各メ...
「日常の喧騒から抜け出し、自然の中でリラックスしたい!」そんな思いから、人は温泉旅行へと出かけますよね。でも、ここで紹介する宿の“自然”へのこだわりは、私...
噴火や土砂崩れ、洪水が起きたら、どのエリアが危険なのか?どこが安全なのか?「状況をきちんと把握できる正確なマップ」がなければ、救援活動を行うことができませ...
フィリピンのおよそ7,000の島々では、現代でも電力インフラが不足しており、明かりのない生活をしている人々が多いらしい。これまでは、石油ベースのオイルやロ...
夜更かしや時差ボケの最たる原因は、体内時計の狂い。でもこれを自分で元に戻すのは難しいものです。自力だと大変ならば、プロの技術に頼ってしまいましょう。「NA...
地球上で起こる自然災害の42.9%がアジアで起き、この20年で約2,500万人以上がホームレスになっているのだそうです。この情報を知った時、何ができるかー...
東日本大震災から6年。自然の脅威を見せつけられたあの経験から、私たちは何を学んだのか。そう遠くない将来にまた起こると言われている「震災」に対して、どれほど...
物思いにふけりたいとき、ふと夜空に浮かぶ月を見上げることがあります。その明かりがロマンチックなだけでなく、こちらの悩みを吹き飛ばして安心感を与えてくれる気...
ただ壁にかけられた状態ではよく分からない三角のオブジェですが、スイッチをオンにすることで、完成します。なんだかとてもファンタジーですね。このように、羽を広...
もしも、どんなに汚れている水でも、すぐに飲料水に変えてしまう魔法のボトルがあったら…。アメリカに住むマイケル・プリチャードさんは、2004年スマトラ島沖地...
和紙や木の薄皮にも見えるこの素材、実は肉!しかも、賞味期限が過ぎたもので作られているんです。これはベルギー人デザイナーのIssac Monteさんが始めた...
自然災害は、いつやってくるかわかりません。「もしも」を想定すると、防災バッグは玄関に置いておくのが理想ですよね。でも、あまり格好良くないものは押し入れにし...
夜のオフィス街で輝く明かりを見つけると、きれいだなと思うと同時に、「こんな時間まで頑張ってる人がいるんだ…」と、そこで働く人のことをあれこれ想像してしまい...
ドイツ・ベルリンのデザイン集団「Neo/Craft」。彼らのものづくりに対するモットーは、素材のもつ固有の美しさをプロダクトで表現すること。もちろん、見え...
2015年12月18日、世界同時公開からわずか1週間足らずで、5,000万ドル(約60億円)を突破した『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。10年ぶりの新...