これ、食べられるんです。浅草の「金魚の飴細工」が海外で話題に!

日本の伝統技術は進化している。金魚の姿をリアルに再現したガラス細工のような作品だが、実は食べることができる「飴細工」だ。

85singo_edible-1

85singo_amezaiku-by-shinri-tezuka-3

85singo_amezaiku-by-shinri-tezuka-5

85singo_amezaiku-by-shinri-tezuka-1

85singo_CD_3K6XUMAEqkTA

85singo_amezaiku-hyper-realistic-animal-lollipops-shinri-tezuka-japan-6

85singo_amezaiku-hyper-realistic-animal-lollipops-shinri-tezuka-japan-10

伝統飴細工店「浅草飴細工アメシン」では、オーガニックのでんぷんと砂糖を使って作られた精巧な飴細工を購入することができ、実際に飴細工体験を楽しむこともできる。
代表の手塚新理氏は、店舗やイベントで飴細工の実演も行っており、これまでも国内外問わず様々なメディアに取り上げられている。しかし、改めて見てもその技術の高さには驚きだ。

85singo_amezaiku-hyper-realistic-animal-lollipops-shinri-tezuka-japan-17

85singo_edible-2

85singo_edible-3

85singo_edible-7

85singo_スクリーンショット 2015-05-18 2.44.57

85singo_スクリーンショット 2015-05-18 2.45.09

85singo_ameshin-asakusa-1

85singo_ameshin-asakusa-2

浅草の店舗には、飴細工を楽しみならがくつろげるカフェスペースがあり、体験教室が開かれている。東京スカイツリータウン・ソラマチ店では飴細工の製作実演や販売もしている。一度は覗いてみたいお店だ。

2015年5月にはニューヨークで開催された「TOKYO DESIGN WEEK 2015」でも展示が行われた。海外でも評価が高い作品の数々、気になった人は一度お店を訪ねてみてはどうだろう。最新情報については、HPで確認できる。

店舗営業時間 11:00〜18:00定休日 木曜日(臨時休業あり)〒111-0024 東京都台東区今戸1-4-3 1F(今戸神社前)各浅草駅より徒歩約10分〜15分浅草駅から台東区循環バス『北めぐりん』、または都営バス東42乙系統に乗車し、リバーサイドスポーツセンター前停留所下車・徒歩1分。浅草駅などより都営バス東42甲系統・浅草七丁目より徒歩3分。パンダバス浅草ルート(無料循環バス)、今戸神社バス停下車徒歩0分※浅草店では飴細工の販売や製作実演はおこなっていないそうです。

Licensed material used with permission by 飴細工アメシン

これをどう体験するか(味わうか)は人それぞれですが、思索にふける夜のお供にもってこい、なんて気がしてしまいます。あえて言うなら“哲学の飴”。「車いすの物理...
リンゴを丸ごとキャラメルでコーティングして、砕いたクッキーやナッツ、グラノーラなどでデコレーションする、アメリカ生まれのスイーツ「キャラメルアップル」。イ...
誰にも見られたくない大事なものは、どこにしまっておくか迷うところ。仮に鍵をかけたところで、鍵そのものが見つかってしまえばおしまいです。そんなときに使いたい...
2015年12月、浅草にオープンした「BUNKA HOSTEL TOKYO」は、築30年の商業ビルをリノベーションしたホステル。日本の暮らしの中でふと感じ...
メルボルンにオープンしたアイス屋さんが、Instagramで話題!そのビジュアルがたまらないのです。これは見逃せない〜♪わたあめ食べるのに大忙しでソフトが...
どこからどう見ても、水面を泳ぐ金魚。ところが、そこに生きた金魚は存在しない。ならば、リアルな彼らはいったい何なのか?驚くなかれ、これは3Dペインティングに...
作品を制作した堀内辰男さん(75歳)は、パソコン画を始めてから15年、今も新作を発表し続けている、海外でも話題のデジタルアーティストです。驚きなのは絵を描...
見慣れた日本の風景が、他国と比較するといかに異質なものであるか。そんな事実にハッとさせられる画像を紹介。ヨーロッパと南米の4つの街を「東京化」してみると、...
カナダのバンクーバーに住むケセニア・ペンキナさんが作るのは、まるでガラスでできたように表面が反射している、鏡のムースケーキ。彼女のInstagramを見る...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
日本の木工技術に海外が注目しているようです。「継手」とは大工さんが2本の木材を繋ぐ時に使う技術です。直線だけでなく角度を持たせて組み立てる「仕口」という技...
職人の手仕事、その仕事場、そこで仕上がった品物を、一貫して眺めてみましょう。なかなかじっくりと見学する機会がないなという人には、こんな映像をおすすめ。伝統...
1914年創業の浅草アートブラシ社の大ヒット商品、毛玉取りブラシを買いました。私ももういい年なので、いいものを長く使っていきたいななんて思ったわけです。そ...
個性豊かな廃材を利用した手作り家具は、独特のビンテージ感と一点ものの風合いで人気を呼んでいます。ここに登場する家具や雑貨も、やはり廃材をリメイクしたもの。...
これは、アートディレクターの手によってリメイクされた「将棋の駒」。単純明快で、伝わりやすく、客観的な美しさも備えている。だけど…それぞれの役割を識別する“...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
同国には、2008年に生き物の権利を守るための法律が細かく制定されていたーーと「The Daily Mirror」が伝えています。たとえば、金魚は社会性が...
老舗料亭で生まれ育ち、大学卒業後は三越に就職し、のちにフロリダのディズニーで働くという長年の夢を叶えた上田比呂志さん。ディズニーで働く彼の視点から学べるこ...
ここで紹介するのは、いまInstagramで話題沸騰中のとあるトースト。fujifab12さんが投稿している、その名も「悪魔のトースト」はクセになるおいし...
「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?人によって...