「ナシ婚」をやめて「少人数婚」を選択するカップルが、いま増えているらしい・・・

最近は結婚式や披露宴を行わない“ナシ婚”なる選択をするカップルが増えているとか。事情はそれぞれですが、根底には「結婚式に魅力を感じない」というのがあるみたい。納得できない式だったらやりたくないって気持ち、わかります。
一方で、結婚式のほうも多種多様なスタイルが登場中。なかでもここで紹介する少人数婚は、結婚式に否定的なカップルにも「これならやってみたい!」と受け入れられている新しいスタイル。
ただ規模が小さいってだけじゃなくて、こんなにたくさんのメリットがあるんです!

意外!?ゲストの満足度が
めちゃくちゃ高い!

novalaze_04

当然のことながら、少人数の式では新郎新婦とゲストの距離が、物理的にも心理的にも近くなります。じつは、この距離感に人気の秘密があるんです。
というのも、いわゆる一般的な結婚式では、「せっかく出席したのに、新郎新婦と写真を一緒に撮っただけ」「(お相手の)親族と話す機会がなかった」といった不満がよく挙がります。ゲストからすると、大規模な式=新郎新婦とのふれあいが少ない式とも言えるわけです。
その点、少人数婚では会場の一体感もバッチリ。新郎新婦とゲストのコミュニケーションの場面もたくさんあるし、親族同士の交流だって自然と深まります。結果、両親をはじめとするゲストからも、とても評判がいいんです。

小規模だからこそ
自由にカスタマイズできる

少人数婚のもうひとつの魅力。それは、自由度が高いということ。
パッケージされた画一的なプランでは難しい、プログラムの変更や、ゲスト参加型の演出といった部分も、小規模であるからこそ、融通が効きやすいんです。例えば、引き出物をゲストに合わせて個々にアレンジしたり、年配の出席者だけメニューを和食にしたり…大人数の派手な結婚式や披露宴だと、なかなかこうはいきませんね。

コスト面のメリットも
かなり大きい

一生に一度の…とはいっても、コストは大事。なんせ、ごくごく一般的な結婚式の費用の相場は、80人規模で300万円以上だとか。いくらご祝儀があるとはいえ、二の足を踏むカップルが多いのも頷けます。
経済的なメリットも、少人数婚が支持されている理由です。もちろん、プランにもよりますが、15人なら70万円程度で結婚式を挙げることができちゃいます。

少人数婚だからといって
地味なわけじゃない!

one-life-wedding150915-01

費用が安いと「せっかくの式なのに、チープなのは…」と心配する人もいるかもしれません。でも、それは大きな間違い。ローコストなのは、あくまで規模が小さいから。会場の豪華さや、サービス、演出面などを見てみると、普通の結婚式&披露宴と少人数婚の差はほとんどありません
むしろ費用が少なくて済む分、料理やドレスにこだわれるなど、ゴージャスに見せることだって!
ちなみに、上の写真は実際の「少人数婚の会場」です。想像以上に豪華でしょう♪

少人数婚が支持される
最大の理由とは?

novalaze_07

じつは、ここまで紹介してきたメリットは、それほど重要ではありません。少人数婚の最大の魅力は、両親に面と向かって「ありがとう」と言えること。
もちろん、どんな披露宴でも手紙を読む場面はありますが、そういったプログラムの一部としてではなく、式の最中からコミュニケーションが取れて、感謝の言葉を伝えられる――
二人にとっても、両親にとっても、やっぱりこれが一番ですよね!

btn_novarese

Sponsored by NOVARESE

先日パートナーと同性婚をした私は、ゲイ業界でここ10年ほど、台湾ブームが来ていたことを肌で感じていた。理由は安直なところで「日本人は台湾人にモテる」という...
みんなに祝福される、結婚式。ウェディングドレスを着るとき、女の子はおとぎ話の「お姫様」になることができるのです。「そして2人はずっと幸せに暮らしました」と...
ニコさんとマイケルさんは、恋人同士。このジムで出会ったふたりは、今日も仲良くトレーニングをしています。すると突然ビヨンセの曲がかかり、トレーニングをしてい...
おとぎ話の『シンデレラ』から始まり、映画でも『プリティウーマン』や『ノッティングヒルの恋人』など、格差を乗り越えて描かれるラブストーリーはじつに多彩。育ち...
ある調査によると、プロポーズから実際に式を挙げるまでに費やした期間を、約半数のカップルが10ヶ月以上かかったと回答したそうです。式場や招待客を決め、ドレス...
2015年6月、アメリカ全州で同性婚が認められたことは大きな話題になりましたが、そこに至るまでは長く険しい道のりがありました。1月30日に公開された『ジェ...
6月26日、アメリカ合衆国最高裁判所が、同性婚の権利を正式に認めた。今後全ての州で同棲婚が認められ、結婚で得られる税控除などの権利を所有できるようになる。...
上空10,000メートル!航空機の中で結婚式を行ったカップルが話題に!More ABC US news | ABC Health News2014年11月...
アメリカ国内では、同性婚の合法化が進んでいる。2014年の10月7日、アメリカにおいて新たに6つの州で同性婚が合法化することが決まった。新たに加わったのは...
純白のウェディングドレスに合わせるブライダルジュエリー。ゴージャスなパールやきらきらのティアラはもちろん素敵ですが、生花を使ったこんなオシャレなものもある...
アメリカに今、「地味婚」の流れがある訳ではないでしょうが、お金をかけず自分たちで手づくりするウェディングは、むしろ彼の国の方が歴史は深いはず。ガーデンパー...
ごく普通のカップルの結婚式が、メディアで話題となり、「式の動画が涙を誘う」と注目を浴びているのは、いったいなぜ?それは、このカップルが4年半の長きに渡り貫...
アメリカでは、2004年から2015年に同性婚を合法化した32州のデータを分析したところ、性的少数者の自殺率が14%減少していることがわかりました。同性愛...
アイルランドで同性婚の権利が正式に認められた。5月22日に同国で行われた国民投票は、同性婚を認めるための憲法改正について、その是非を問うものだった。現地メ...
結婚することが決まったら、お金についての情報や知識を集めておきたい。結婚式の予算の目安は?ご祝儀ってどのくらいもらえるの?お金が足りない場合は?など。ここ...
この結婚式の動画がすごい!とYouTubeで話題を集めているのは、プロのマジシャンとして活動する新郎のジャスティン・ウィルマン氏が自身の結婚式の冒頭でパー...
大切な人との大切な時間、場所、思い出を写真に残しておきたい。それはみな同じ想い。とりわけ結婚前のふたりならば尚のことでしょう。ここに紹介するのは、ノースカ...
冠婚葬祭のマナーに不安を感じることってありますよね。ここでは、結婚に関する忘れがちなマナーについていくつか紹介します。当たり前かもしれませんが、もう一度チ...
結婚式の夢は日々の恋愛感を表していることが多いのですが、その意味は見た人の置かれている立場や心理的状況によってがらりと変わります。未婚で結婚願望が強い人が...
もうタクシーは単なる移動手段じゃないんです!例えば、アプリでタクシーを呼べるアプリ「Uber」はすでに45カ国で展開されているサービスですが、今「エンタメ...