シャワーの浴び方でわかる、あなたの性格。熱唱派は・・・

食事の作法には育ちが表れる。とは、よく聞く話。ところが、「LittleThings.com」ライターPhil Mutz氏によれば、シャワーでの癖や仕草こそ、人柄を代弁しているんだとか。多少のこじつけ感は否めませんが、この手のネタは、エンタメ感覚で楽しんだもん勝ちですから。

01.
思わず歌ってしまう人は
「前向きな性格」

0003_singing-600x600

シャワー中もつい鼻歌がこぼれてしまう人は、音楽の才能に長けている人にも、いない人に共通する習慣です。だけど、そんなこと関係なしにいつでも楽しめる性格の持ち主。大声で歌って自分を表現することが、近所迷惑になるかも?なんて小さいことは気にしません。つまり、他人からどう思われるかを、いちいち考えたりしない楽天家。変に悩んだりもしません。
かといって自意識過剰になったり、逆に恥ずかしがるような性格でもなく、人生を前向きに生きることができるタイプと言えるでしょう。

02.
歯磨きを欠かさない人は
「合理的な節約家」

0004_teeth-600x600

歯磨きしながらシャワーを浴びる。これはマルチタスクに脳が容易に対応できる人の証です。シャワー中に磨いてしまえば、時間も節約できて、まさに一石二鳥。人生の一瞬一瞬を全力で生きようとする人に多いタイプです。
彼らはとにかく無駄が嫌い。それゆえ、周りの人からは、時々せっかちな人と誤解されることもあるでしょう。でも、あなたの時間とお金とエネルギーを節約するかのような、合理的なスタイルは賞賛に値します。期待以上の成果をなし得るタイプの人間とも言えます。

03.
考えごとにふける人は
「用意周到なタイプ」

0005_thinking-600x600

シャワー中ですら、考えごとがやめられなかったり、ついついやることリストが頭の中に浮かんでしまうような人。彼らは脳のスイッチを切るのが苦手なタイプ。ただ、洗髪をすればいいだけなのに、手が動き始めると同時に脳も回転しちゃう。気づけばやることで頭がいっぱいです。
だけど、必ずしもそれは悪いことばかりでもないんです。実際、シャワータイムは考え事をするのにベストな場所。問題に直面しても、シャワーを浴びながらそれをひとつずつ整理し、解決策を見出すことが大好きな性格。今日どんなことが起ころうとも心の準備は万端ですね。

04.
シャワータイムが一瞬の人は
「好感度が高い」!?

0007_quickie-600x600

お風呂場に入ったと思ったら、直ぐにあがってきてしまう人がいます。仕事に出かける直前だったり、夜遊びに行く前にさっとシャワーを済ますタイプの人は、そもそもシャワーのために十分な時間を必要としていないのでしょう。なぜなら、彼らには自分のシャワーよりも大事なことがあるから。
例えば、待ち合わせに遅れてまで「シャワーを浴びる必要などない」これが彼らの考え方。要するに自分のことと同じだけ、家族や友人たちを大切にできる人だということ。彼らは自分のことを放ってでも、他人の窮地に駆けつける面倒見のいい人。それゆえ、友達からの好感度もUPする訳です。

05.
冷水シャワーを浴びる人は
「冷静に見えて、興奮しやすい」

0001_cold-shower-600x600

はっきり言って、余韻を楽しむことができない人。血圧が上がっている訳でもないのに、すぐカッとなったり、興奮しやすいタイプだから、彼らには冷たいシャワーがうってつけ。内心では、そう思っていなくても、他人との食い違いや言い争いの末にカッカしてしまうのが玉にきず。
でも、一方で「心を落ち着かせなくては」と、自戒する意識も持ち合わせています。物事から一歩引いて冷静に分析できれば、じつは何てことないことばかりかもしれませんね。

06.
妄想してしまう人は
「自由人」

0006_day-dreaming-600x600

夢想が止まらず、いつしか一日中ここで過ごしてしまうかも?というくらいに思索にふける人。彼らにとってシャワーとは、空想の荒野へとつながる、心落ち着く聖地なのかもしれません。
人生で「叶わぬ夢はない」とばかりに夢に生き、いつどこへでも旅立ちたい願望が旺盛なタイプの人。仕事でも生活でも役立つ、豊かな想像力の持ち主で、感性を磨くことが大好きな自由人でもあります。彼らにしかできない、独創的な考え方で世界を見つめるその眼差しは、みんなからの憧れの的。

07.
ヘチマで体を洗う人は
「キャリア志向」

0008_loofa-600x600

体を洗うのにヘチマを使う人は、シャワーのお作法に並々ならぬこだわりがあるタイプ。本人は気づいていませんが、この徹底ぶりは、日常生活にもよく表れています。
同僚や友人たちから、頼りになる人物と思われる一面も。それは、まさにヘチマへのこだわりと同じように、仕事を几帳面にこなし、友人との約束を大切にする人間だから。もちろん、周りもそのことを理解しています。細部にまで気を配り、キャリアアップに向けて、地道な努力ができる人と言えるでしょう。

08.
蛇口をひねる前から
シャワー下に陣取る人は
「愛されキャラ」

0002_getting-in-600x600

ちょうどいいお湯加減を全身で調整するように、シャワーノズルの真下に陣取る大胆な人。想定外の熱さや冷たさに驚くことさえも、人生の楽しみに変えてしまう。冒険心旺盛で、とにかくスリルが大好き。ワクワクするような出来事に飢えたタイプと言えるでしょう。
いつでもサプライズを忘れない、あなたのエンターテインメント性は、“愛されキャラ”として友人たちからの評価も抜群。でも、この性格はキャリアを左右する、大きなリスクも孕んでいることだけはお忘れなく!

Licensed material used with permission by LittleThings.com

早速ですが、あなたは早食い派ですか?それともゆっくり食べる派ですか?実は食事をする時のクセが、その人の性格を一番表していると「Little Things」...
星座別占いから手相まで、自分の性格や将来について少しでもヒントが欲しい!というあなた。反対に、占いなんて信じない!というあなたも騙されたと思ってちょこっと...
雪の結晶は「同じものはふたつとない」と言われます。美しくも複雑な幾何模様は、まさに自然の神秘ですが、無数のかたちがあるからこそ、そのなかに何を見出すかであ...
「ハンドルを握らせると、まるで別人格」なんて話がありますが、ここでは豹変するドライバーたちの手に着目した記事を紹介します。「Little Things」ラ...
こういう診断モノって、当たっていてもいなくても、ついつい見ちゃうんですよね。友だちと一緒に「たしかに!」なんて話すのも、楽しかったり。今回は「Little...
「人間は中身」とは言っても、見た目からその人がどんな性格なのか、なんとなく見えてくるのも、事実。人それぞれこだわりがあるメイクのなかでも、顔の印象をがらっ...
コーヒー好きなあなたに質問です。あなたが朝飲むのはブラックコーヒー?エスプレッソ?それともカフェラテ?米メディア「Elite Daily」で紹介されていた...
さあ、上のイラストの中から、あなたがもっとも好きな花を選んでください。じっくり考えず、直感でどうぞ。選びましたか?それでは、ライターRebecca End...
星座や血液型など、世の中には数多くの性格診断がありますよね。その中で最もユニークだと言えそうなのが「LittleThings」に掲載されているコチラ。ライ...
好きな色には性格が現れる。なんて、よく聞く話ではあります。が、その中でも選んだ車の色にはその人の個性が現れると思いませんか?だって、結構大きな買い物ですか...
この記事にたどり着いたアナタ。少しスマホを操作する手を休めて、じっと手を見つめてほしい。あなたの手で、中指の次に長いのはどの指?なんと、こんな簡単なことで...
「箸が転んでもおかしい年頃」なんて言葉が昔からありますが、どんなに小さなことだって、そこに“笑いの種”ひとつあれば、誰だってみな笑顔になる訳で。で、その笑...
血液型や好きな色で性格診断をしたことは、誰にでもあると思います。今回は「Elite Daily」のRosebud Bakerさんがまとめていた、数霊術をベ...
ニキビ占いやホクロ占いがあるなら、哺乳類ほぼみんなが持ってる「おへそ」の占いもできるはず。ということで、Rebecca Endicottさんによる「lit...
あんまり、まじまじと見る機会が少ない「足の指」。爪を切るときや靴下を履くときには触れる部位ですが、「足の指の形」に注目する人は少ないのではないでしょうか。...
ワインを頼むなら「毎回これ」と決めているあなた。単に「味が好き」という理由で手にとっているかもしれませんが、じつはあなたの性格を反映しているのかもしれませ...
靴下の柄の好みから自分の性格が丸わかり! 米メディア「LittleThings.com」でイラストと共に掲載された性格診断がこちら。サクッとできるので、試...
「Little Things」に掲載されているのは、歯磨きのタイプから性格を導き出すという、なんとも変わったアプローチ。でもコレ、なかなか当たっていると評...
「LittleThings.com」のライターCassandra Lewis氏が紹介する誕生月からわかる性格診断。月ごとにおおまかな性格…だけでなく、象徴...
「WorldTruth.TV」に、目と脳についての興味深い記事が掲載されているのでご紹介。なんと、目の色を見ただけで性格がわかるというのです。ここでの分類...