【検証】プリンターの「インク残量1%」は本当?衝撃の結果が・・・

年賀状印刷をそろそろ考える…には、まだ鬼が笑うほどに気の早い話ですが、鬼でなくともちょっと笑えないような話。プリンターが自動告知するインク残量、それがちょっとした問題になっています。いま、アメリカで波紋を呼んでいる動画のご紹介。

残量1%表示なのに・・・
こんなに残ってた!?

スクリーンショット 2015-09-24 10.20.01

まず、最初にお断りをしておくと、動画内でやり玉にあがっているくだんのプリンターは、家庭用のものではなく、業務用のプリンター。つまり、年賀状やたまのプリントアウトだけといった日常使いではなく、印刷会社などで使用されるプロ仕様の業務用モデルです。
今回、この動画でインクの残量に疑問を呈している、印刷サービス会社「Bellevue Fine Art Reproduction」オーナーのScott Moore氏。日頃から印刷作業で4台使用しているプリンター「EPSON Stylus Pro 9900」の、インクの減りが異常に速いことに疑問を抱いていたそう。

出てきた量は
約15〜20%分のインク

スクリーンショット 2015-09-24 11.09.27

「残り1%」のサインがでたカートリッジを、強引に開封して中からインクパックを取り出すMoore氏。中身をビーカーに出してみると、ご覧の通りインクがたっぷり。
700mlのカートリッジからは、およそ120ml〜150ml、350mlのカートリッジからはおよそ60〜80mlのインクが出てきました。おおよそ15〜20%近くのインクが、実際にはまだ残っていた計算になります。

スクリーンショット 2015-09-24 11.08.31

この結果を、Epsonに直接問い合わせたMoore氏。しかし、満足いく回答はほとんど得られず、「間違った使い方をされているのでは?」といったような返事が返ってきたそうです。
氏は、意を決して動画公開に踏み切ることでEpsonに対し、「インク測定のシステム改善を真剣に考えて欲しい」と訴えています。

「でなければ、毎月何百ドル分ものインクを無駄に捨てることになるんだから、深刻ですよ」

そもそも、正確なもの?
プリンターのメンテナンスに
「インクが必要」との意見も

スクリーンショット 2015-09-24 10.19.33

決して安くはないインク代。ヘビーユーザーからすれば、確かに深刻な問題。動画に寄せれられたコメントのなかには「サインが出たってまだ使える」「そもそも正確じゃない」など、ユーザーの使用状況によって変わるという内容もちらほら。

カメラ製品のレビューサイト「PetaPixel」には、こんな見解も。「プリンター内のプリントヘッドを保護するためにメンテナンスやクリーニングが自動で行われている。その際にインクが使われるが、インクが不足しているとサインが出て、カートリッジ交換を警告することもある」。
残り少なくなってきていることをプリンター側が喚起し、交換時(インク100%)のパフォーマンスが下がることを警告している。といった解釈もできなくはありません。

「残り1%」のサインが出たとき、あなたなら、どう思うでしょう?

 Reference:PetaPixel
Licensed material used with permission by Bellevue Fine Art Repro

スマホやPCとは違って、一目見ただけでは残量がわからない乾電池。引き出しの中にゴロゴロ転がっているけれど、どれが新品でどれが使用済なのかわからない!なんて...
家って「建てる」ものだと思っていました。土台を築いて、骨を組んで、壁を打ち付けて…。大規模な設備と長い時間が必要なものだと。でもこれからの時代、たったひと...
はじめに伝えておくと、これから紹介する製品は、現時点で日本での発売予定はなし。ただし、将来的な上陸が期待される要チェックアイテムなのです。特に頻繁にスマホ...
思えば、ボールペンを使って文字を書く機会はめっきり減ってしまいました。“手帳派”の人もいるとはいえ、スケジュール管理はPCやスマホでカンタンに可能。以前は...
ついに、3Dプリンターによってつくられた橋が建設されました。鉄筋コンクリートで、コンピュータの計算によって、パラメトリックデザインという、使用する素材を最...
使いたいときに油性ペンのインクが出ない。俗に言うインク切れは、ほとんどの場合ペンの内部でインクが乾いてしまっているのが原因。つまり、この“乾き”さえ解決で...
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
小さなお子さんが遊んでいて、または自分の手がすべって…。事情はどうであれ、ボールペンのインクが白シャツに付いて悲しい思いをした経験、一度くらいはありません...
「スマホ de チェキ」は、時間がかからない上に、鮮明に写るところが◎。海外でも話題になっています。スマホのカメラ機能って優秀なのに、画像データを現像する...
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
言わずと知れた名器「ストラディバリウス」。時に10億円を超えるそれは、ヴァイオリニストならば一度は弾いてみたいと思う垂涎の逸品です。300年以上の時を超え...
今日、絶滅の危機にある動物を紹介するキャンペーンとして、国際動物福祉基金(IFAW)が制作したビジュアルイメージが、世界で高い評価を得ている。過度な森林伐...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
「US Geological Survey(アメリカ地質調査所)」が公開した画像は、もし地球上にある水をボール型にまとめたら一体どのくらいのサイズになるか...
何年か前に編み物に挑戦したことがある。一度やったことがある人ならわかると思うのだけど、何度も繰り返し編む作業はなかなか根気がいる。それに、編み方を間違えた...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
3Dプリンタを使用しての義歯製作は、今やさほど珍しい話ではない。だが、その義歯が“虫歯にならない歯”となると話は別だ。人類にとって夢のような歯の実現、その...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
自分の体重から「1日に必要な水分摂取量」を割り出す計算式を、健康情報サイト「Health & Love Page」より紹介します。意識して飲もうとすると、...
ときには心の癒しとなり、ときにはコミュニケーションを円滑にしてくれる、お酒。1万年以上の歴史を誇るだけあって、文化的にも重要な存在であることは言うまでもあ...