従来のサイズの1/10!世界最小の「チャイルドシート」がすごい

「車に取り付ける」という、従来のチャイルドシートの概念が吹っ飛んでしまう、革新的なデザインが登場しました。まさかここまで小さくなってしまうとは…。これぞ、チャイルドシートの最終型、コンセプトは「持ち運び自在」です。

 これは画期的!
持ち運び自在の
ポータブル・チャイルドシート

子供の成長に合わせて買い替えたり、付属のパーツを外して使用する必要があったチャイルドシート。このチャイルドシートが窮屈になってくると、次に使用するのがジュニアシートです。この軽くて持ち運び自在なジュニアシート「mifold」は、パカッと開けば座面が登場。なんだか心もとない気もしますが、耐久力抜群のプラスチックポリマーに航空機にも使用されるアルミ素材が用いられているんだそう。

スクリーンショット 2015-10-05 11.47.21

従来のジュニアシートは、子供の座面を高くすることで、大人用に設計された車の三点シートベルトがみぞおちを圧迫したり、首に引っかかる危険性を回避した設計。ところが、この画期的な「mifold」は、シートではなくベルト自体を子供の体格に合わせて下げることで、安全性を保つことを目的としています。ゆえに、このコンパクトな形状が可能という訳。

10倍コンパクトでも
安全面はバッチリ

11270460_439258522901295_9005011831844199333_o

パパママが最も気になるのは安全性。開発者のJon Sumroy氏によれば、世界の主要各国で安全性能テストを実施した結果、「法令で定められている最も高いレベルの安全基準をクリア」したと、安全面は超がつくほどのお墨付きだとか。

自動車大国アメリカでは、一般的に日本よりも厳しい安全基準が設けられていて、チャイルドシートに子供を座らせないことは、「児童虐待にあたる」という見方もあるようです。例えば、タクシーを利用するにも、友人宅の車に乗る際も、カバンに入れて持ち歩けるシートがあれば、確かに安全この上なしですね。

ちなみに「対象年齢は4歳から」となっています。

“車から降ろす”という
概念がなくなる

11357019_439259072901240_4366773937093683773_o

子供の代わりに大人が乗るときなど、着脱だけでなくチャイルドシートって案外、置いておくにも場所を取るものですよね。その点「mifold」なら、ダッシュボードだろうが、シートのポケットだろうが(ズボンのポケットだってご覧の通り)、使わないときはどこでも収納できちゃうサイズ感。カーシェアリングを利用するときなど便利そうですね。

すでに、クラウドファウンディング「Indiegogo」では、目標額をはるかに上回る(1,664%!)潤沢な資金調達を達成し、予約も殺到中。これは、日本でも間違いなく流行りそう!

Licensed material used with permission by mifold

マクドナルドで注文すると、トレイの上に紙のシートが敷かれていますよね。食べ終わったらいつもは捨てちゃうあのシートですが、オランダのとある店舗でとてもユニー...
特売でお肉やお魚をたくさん買い、小分けしたり冷凍して使うことってよくありますよね。しかし、一度冷凍してしまうと、色が悪くなったり、臭みが出たり……さらには...
家を出る前に、香水をシュッとひと吹き。もしココが湿気の少ない欧米なら、それだけでニオイ対策は十分でしょう。でも、日本の夏は高温多湿。職場に着く頃には、ほと...
東京大学の研究グループが、表面温度の分布を測定する、薄くてしなやかなプラスチック製の温度センサーを開発した。人体に直接貼り付ける超薄型の温時計なんていうの...
磁気を使ってキレイにクローゼットを整理整頓する、画期的な収納アイテムが「Kickstarter」に登場。クローゼットを整然と保つことが苦手な人には、まさに...
身につける服と同じくらい、いや、それ以上にこだわりたいのが「バッグ」というもの。どれだけ上質なジャケットを着て、シルエットの美しいパンツを履いていようと、...
車椅子を利用するパパやママでも使いやすいベビーカー。夢のような話が、アメリカで実現しそうです。しかも、このユニバーサルデザインを考案したのは、なんと16歳...
「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」を武器に、世界を席巻中のダイソン。2015年10月23日(金)、同社の新製品となるロボット掃除機「ダイソン 36...
「オシャレは我慢」とはよく言われることですが、その典型的な例は“足元”ではないでしょうか。本音を言えば、疲れにくいスニーカーを履きたいけれど、美しさを演出...
ベビーカーには大きく分けて2種類が存在するのですが、この違いをよく知らずにいたのが2児の父であるこの私。オフロードバギーのような重厚感に一目惚れして手に入...
写真のメガネの男性。黒いボールを今まさに手から離した瞬間。それを投げ入れる先は…え、ゆりかご!?一見、バスケットボールの試合風景に思えるこの写真。ところが...
そのサイズ、わずか2.2cm×2.2cm!重さはたったの7グラム!驚異的にスリムなミニドローン「SKEYE Pico Drone」がとにかく凄いんです。め...
荷台シートじゃん!とのツッコミが聞こえてきそうですが、ちゃんとキャンプ仕様として作られているのがこちら。写真を見ると、中は広々しています。荷台の後ろにある...
手の平に収まる程度のキューブ、小さなカメラに、薄いひし形のデバイス・・・実はこれ、世界最小クラスのIoTホームセキュリティシステム『Cube(キューブ)』...
間違いなく“世界最小”の弁当がここに誕生しました。「BENTO WATCH」と名付けられたソレは、どこからどう見ても腕時計。しかし、中には、ご飯と栄養たっ...
実はこれ、すでに商品化されており、安価な上に使い方もビックリするほど簡単。汚れをふき取ってから特殊な液体の染み込んだシートで画面をサッと拭き、なじませるだ...
洗剤や植物油、アルコール、どれも家庭にある一般的な液体を使って、科学実験に挑んだ動画をご紹介。何度見ても「え、なんで?不思議…」。どの実験も、最初に材料を...
海でも山でも、もっと広げればイベントやフェスでも大活躍しそうなソファーをご紹介。アウトドアなのにソファーなんて、おかしく聞こえるでしょう。だけど、この心地...
塩と水の化学反応で発電し、デバイスの充電ができる!と話題なのが、モバイルチャージャー「JAQ」。残念ながら、自分で塩水を注いで無限に充電できるというわけで...
誰しも、子どもの頃にブランコで遊んだ記憶があると思います。自分が成長するにつれてどんどん高くまで漕げるようになり、最後にはブランコから飛び降りてどのくらい...