子ネコに恋してしまったゴリラが、もうメロメロ(動画あり)

カリフォルニア州「The Gorilla Foundation」で暮らす雌のローランドゴリラのココ。彼女の44回目の誕生日を記念して、飼育スタッフは子ネコをココにプレゼントすることにしました。

ゴリラが子ネコ2匹の
養母になった!

スクリーンショット 2015-10-20 19.01.26

平均寿命が40歳〜50歳といわれるゴリラ。ココも妊娠、出産するには、現実的に難しい年齢です。そこで、飼育員たちは彼女に代わりの赤ちゃんを授けることに。生まれたばかりのネコの赤ちゃんです。飼育員たちは、どの子がいいか、ココに選ばせることにしました。
直ぐに彼女はグレーのネコを気に入りました。優しく手で持ち上げると、そっと胸に抱いてココはうっとり顔。いっぽう、子ネコの方は観念しきった様子で、完全に固まってしまっています。

スクリーンショット 2015-10-20 19.05.45

スクリーンショット 2015-10-20 18.57.34

さて、段ボール箱の中でココに熱視線を送る、キジ柄のネコがいました。自分よりも何倍も体格の大きなココが、気になって仕方ない様子。こうして、ゴリラ1匹と2匹の子ネコの生活が始まったのです。
庭に出て遊んだり、子ネコを頭の上に乗せたり、まるで心が通い合っているように、何をするにも3匹一緒。もちろん、ココがネコたちを傷つけてしまうような心配はありません。ココには、可愛い2匹がまだか弱くて、大切な存在だということが理解できるから。なぜかって?彼女は、世界で初めて手話を使い、人間との会話に成功した、類まれな知能と人間と同じ感情を持っているから。

「赤ちゃん」「ネコ」
手話で気持ちを伝える

スクリーンショット 2015-10-20 20.18.56

手話技術を身につけた最初のゴリラとして、世界に衝撃を与えたココ。すでに、「1,000を超える手話のサインと約2,000種類ほどの英単語を理解」でき、飼育スタッフとコミュニケーションをとり合えていると「The Telegraph」も、彼女の特出した才能を紹介しています。

スクリーンショット 2015-10-20 18.57.05
さて、そんなココには以前とっても仲良しになった子ネコがいました。ところが、子ネコは交通事故にあい亡くなってしまいます。その事実を手話で知らされたとき、彼女は手話で悲しい胸の内を伝え、涙を流したそうです。手話だけでなく、喜びや悲しみ、人間と同じ感情を持っている事実を世界に知らしめた瞬間でした。

スクリーンショット 2015-10-20 18.54.18

深い悲しみを経験し、ようやく心の傷が癒えたのでしょうね。今年の誕生日プレゼントは、どうやら彼女の心を再びメロメロにしているようですよ。

Reference:The Telegraph
Licensed material used with permission by The Gorilla Foundation

体重200キロを超すニシローランドゴリラの愛嬌たっぷり、お茶目な一面を捉えた動画が、世界中で“笑い”を呼んでいます。雨の中、悩みぬいた末にオスのゴリラがと...
仕事なんてもうできない…と嫌になってはかわいいネコちゃんの動画をクリックして時間を忘れているそこのあなた。なにも同僚や上司に隠れて閲覧する必要なんてないの...
仕事、育児、人間関係…、この世はストレスの溜まることばかり。あなただってきっと、何らかのストレスを抱えているはずです。では、そのストレスから解放されるのに...
泥棒ネコなんて言葉がありますが、どれだけの人がこのニャンコにハートを盗まれたことでしょうか。生粋のイヌ派の私ですら、心を持っていかれてしまったんです。日本...
動画に写っているのは、ジャクソン5の『サンタが街にやってくる』を、まるで踊るかのようにして手話で歌う3人の女性。見ているだけで笑顔にさせられる動画は、Fa...
いつの間にか飛行機に潜り込み、気づいたときには大空を飛行中―。そんな人騒がせなネコちゃんに、世界が釘付けになりました。舞台は仏領ギアナの航空学校。今だから...
「2日間、排気口の中から子ネコのような鳴き声が聞こえる」そう思ったレストラン従業員は、NPO団体、Animal Aid Unlimited Indiaに助...
母性本能をくすぐる可愛い男性はどこの世界でも人気者。学校にも会社にも一人は存在するのではないでしょうか。そんな母性本能をくすぐる男性には共通するコト。とく...
音声を手話にしてくれるロボットアームが登場しました。これは、大学生3人による「Project Aslan」が、聴覚障害者とのコミュニケーションの壁を減らす...
画像投稿サイト「Imgur」にアップされた、子ネコの画像が話題になっています。とある雨の日。フランス在住のKlaanさんが、道を歩いていると…へその緒がつ...
ぴったりサイズのセーターを着ている子ヤギたち…。かわいいのですがなぜ服を?じつは彼ら、アメリカのメイン州というとても寒い地域に住んでいて、さらに生まれたば...
とくに家庭で飼われている猫に多いのですが、妊娠して出産をしたとしても、親猫が育児を放棄してしまうことがあります。その理由はさまざまですが、母親に捨てられて...
三度のメシよりネコが好き―。そんな愛猫家のみなさま、お待たせしました。今回は、クロネコが小さな箱を組み立てるという、シュールでありながらも“やっぱり”カワ...
この赤ちゃんにとって、絵本を閉じることほど「この世に悲しいものはない」のかもしれません。絵本を読んでくれるママの「お〜しまい」を聞くのがイヤでイヤでしょう...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
一般的に知られている逆再生動画は、魔法のような不思議さをウリにしているものが多く、そのどれもが緻密な計算の上に成り立っていると思います。風景を撮るにしても...
好き同士が一緒になれれば、きっと幸せになれる。本来はそのはずだけれど、それほど単純じゃないからこそ恋愛は難しい。そう、実は「好きの対象」が重要なんです。「...
ネコは、長い時間寝る子→ねるこ→ねこという名になったという説があるくらい、よく眠る動物。そんな彼らも、飼い主を起こすことがよくあります。おなかがすいたから...
体を張ったチャレンジから、おバカなものまで、世界の実験動画の多くには様々なメッセージが隠されています。(中には、とくに深い意味なんてないものも…)。ここで...
「島民16人に対して猫100匹以上」そんなキャッチフレーズがつけられた愛媛県・青島は、いまや猫好きでなくとも多くの人に知られた場所。でも、実はこれに似た「...