靴ひもを結ばなくていい最強のアイテム

一見すると、靴ひも結びが面倒だ!という人のためだけに作られたもののようにも見えますが、いろいろな用途があって楽しいのがこの「Zubits」。

仕組みはとてもシンプルで、超強力な磁石によって左右の靴ひもを「結んだ状態」にすることができます。まずは使用感を動画で見てみましょう。

磁石でワンタッチ
脱ぐときも簡単

F1b59db0643e1e29282d38f15f881fb2f3997eac

見ての通り、靴の紐を結んだり解いたりする必要が無くなります。が、それだけじゃないんです。たとえばこんな便利な役割も果たしてくれるんです。

靴ひもが
濡れない・汚れない

Medium cc84dd3f9eb09fb91bdf65746e7ac5d4c9c378ab

靴ひもが長い→いつの間にかほどけてる→地面に垂れていて雨の日にズブ濡れ。なんて経験はきっと誰もが一度は通る道ですよね。でもこれならスッキリ!

磁石がつく場所なら
どこでも貼り付け可能

Medium 13bfca13f71895a086835789edcc1b38fae98d79Medium a6fdba9ae5482b543848c6125eb191238ae4dbe5

この発想はありませんでした。確かに、靴を一時的に置いておくときに、どこかに結んでぶら下げることってありましたよね。でもこれならペチっと張るだけ。メタルラックに貼っておくなんて斬新な収納が可能になります。

ビジネスシーンでも使える

Medium c8c1e8ee94caf2322fd71660e9550bb45294bdd1Medium 3b3918becaa69d1be390dc02699e83652c5082da

カラーバリエーションが豊富で、シックな場面にも対応できるのは嬉しいところ。斬新でかっこいい!

もちろんその他にもかゆい所に手が届く機能が沢山あります。紐の通し穴の上から3段目までが常にフリーな状態になるため、脱着がとても簡単に。

Medium 46f58c214b477ef6ef299e53263fcc7c35749714

そのため、かかとを潰す回数も減って靴の寿命も伸びるはず。

ただ、やっぱり気になるのは磁力の強さですよね。走ったりしたら外れちゃいそうなところですが、実際には8キロもの力で結合しており、ジョギングやジムで使っても全然問題ないのだとか。

Medium e0a15217242155982f32b6633e59f899a1d8d6f3

激しくパルクールをしても大丈夫。

D5f10ae61963544faa6e4cccfc36f7282e68c94b

磁力の強さのアピールとして、こんな実験まで。

Medium 4e9c604b135ba662354a773889de8aba4fbcaceeMedium 4da4f4888eae457e4086d0838aaba6082dde73a6

磁力がかなり強いため5歳以下の子どもにはオススメしていないようですが、遊び盛りのお子さんがいる家庭ではスニーカーにつけておくとことで、余計な洗濯の手間も減るかもしれませんね。もちろん靴全体が汚れた時には水洗いも可能です。

すでにアメリカでは販売していて、日本でも販売を開始しようと資金を集めているところ。オーナーの白川氏はもともとアメリカで商品を利用していましたが、日本でまだ売られてないことにショックを受け、本社に連絡してプロジェクト立ち上げを買って出たのだとか!すごい行動力です。

まずは多くの人に知って欲しいとのことなので、興味のある人は「Makuake」のページをチェックしてみましょう!

Licensed material used with permission by Makuake
自分の足にぴったりのフィット感にできるところが、ひものついたスニーカーのいいところ。でも、脱ぎ履きするたびにいちいち結び直すのも大変だし、無精してそのまま...
空気圧をクッションに使った「エアマックス」、柔らかさと反発性を兼ね備えた新素材「ルナロン」など、次々と新しい技術をスニーカーに投入してきたNike。そのN...
ヒールの高さは、その日の気分を決める大事なポイント。結婚式やパーティ、ちょっと高級なレストランに行くときは高めのヒールでキメたいし、友だちや彼氏とのおでか...
言うまでもなく、靴は身の回りに溢れているもの。でも、そんな靴の存在が強く印象に残っている「夢」は、あることを暗示しているのだそう。ここでは、シチュエーショ...
「オシャレは足元から」なんてセリフがあるように、ファッションにおいて大きな重要性を持つ「靴」。この言葉、大抵の場合は革靴を指して使われているようですが、こ...
2008年、東京・南青山のビルの一室にオープンした靴磨き専門店「Brift H(ブリフトアッシュ)」。その創立者の一人が、明石優という人物だ。目の肥えたハ...
いい靴に出会うと、20年だってつき合うことができるといいます。一緒に年を重ねるごとにどんどん自分の足に馴染んでくる。こうなるともう、完全にパートナーみたい...
代々木公園での「Aozora靴磨き教室」や自由大学での講義「20年履ける靴に育てる」など、靴磨きに馴染みのない人たちに、そのハウツーを広めている明石優さん...
「靴磨きを毎日の歯磨きくらい当たり前のことにしたい。ちゃんと手入れすれば、20年は履けますよ」。先日公開したインタビュー記事の中で、このように述べている靴...
「靴みたいに耐久性がある靴下」「靴下みたいに軽い靴」どちらもあったら嬉しい機能ですが、シカゴのスタートアップ企業が開発したのは、まさにそんな1足。「SKI...
足の裏が“第二の心臓”と言われるのは、心臓から送り出された血液がカラダを巡り、また心臓へと戻るための循環ポンプの役割を担っているから。カラダの各機関に直結...
なめらかな風合いが魅力のスエード靴。特に淡い色はその美しさとはうらはらに、雨ジミや泥汚れが付くと落としにくいという厄介な一面も。今回はそんなスエードのお手...
デザインを気に入って買ったのに靴ずれができてしまった。ぴったり!と思って1日履いたらマメができてしまった…。そんなトラブルや痛みなどなく、好きな靴を履けた...
01.意外な万能選手「ブラックドレス」は1着あれば着回しが効く!ハイエンドなスポットに行く予定のない旅でも、何が起きるかわかりません。クラブに行く時、パー...
人目を気にしながら着替えるのって、結構手間ですよね。そんなときに役立つのがコレ。まずは脱衣の仕方から。はじめに、ワンピースを腰まで上げて、首ひもをブラの下...
ジメジメする夏に限らず、自分の体臭って気になります。中でも、1日働いた後の足の臭いと言ったら感動的。家ならまだしも、同僚と立ち寄ることになった居酒屋がお座...
動物のレザーや石油を使う合皮ではなく、天然資源を用いた繊維の開発は、今では国際的な課題と言ってもいいほど。そんななか、スペインの「ananas anam」...
自然と調和し、大地と共に生きてきたネイティブ・アメリカン。数奇な運命にありながら、今日まで伝承されている、彼らの精神性や教訓をライターAlanna Ket...
アウトドアを楽しむ時、持っていく「靴」って迷いませんか?アクティブな動きに耐えられるしっかりとした造りが欲しい、でもかさばらないようにコンパクトであって欲...
シャツやクロスにできた赤ワインのシミを取るのに、イタリアでは「白ワイン」を使うって、意外ですよね?こんな感じに国が違えば“シミ”の抜き方もそれぞれでオモシ...