ドイツ生まれ。「ヒール」の高さが替えられる靴

ヒールの高さは、その日の気分を決める大事なポイント。結婚式やパーティ、ちょっと高級なレストランに行くときは高めのヒールでキメたいし、友だちや彼氏とのおでかけなら歩きやすくてカジュアルな低めに、仕事のときはその中間くらい?というところでしょうか。

そんな風に何足も揃えていると、ヒールの高さがちがうだけで、似たようなデザインのものがズラリ…なんてことも。さっそく、そんな悩みを解消しましょう。

ワンタッチで自由自在に
ヒールを変える

88eb2bee27339240efe9aba99e2e3c09f079f924

靴作りの本場、ドイツで生まれた「mime et moi」は、ヒールの部分だけを付け替えることができる靴。

その仕組みは、いたってシンプル。レバーとクリップを組み合わせることで、ワンタッチで付け外しできます。しかも、軽い力で取り外せるのにしっかり固定されるんです。

Db6be8189f92e8584b515efaee757cc34b384fa6

付け替えられるヒールは、ピンヒール(10cm/7cm)、通常ヒール(10cm/7cm)、そして低いフラットヒールの、全部で5種類。

交換用にヒールの部分だけを持ち歩けば、仕事では高いヒールを履いて、仕事が終わったらフラットなヒールに、なんて使い方もOK。「旅行に持っていくのに便利♪」なんて声も多いみたいです。

D105e4dfc2e5578b1355fb5b7d9514e8dc13bb3824d98015e0413b8f396f421c57d76c19b6208657

ドイツらしい洗練されたデザインは、スタイルを選ばず合わせられそうです。

スタンダードなモデルは175ユーロ(約20,000円)。何足も買い揃えることを考えれば、お得ですね。

残念ながら現在はヨーロッパのみの発送ということですが、2017年の2月には世界中にシッピングできるように準備を進めているそうです。

Licensed material used with permission by mimeetmoi, (Facebook), (Instagram)
ヒールを履いたとき特有の「足の痛み」や「歩きにくさ」。多くの女性が我慢に我慢を重ねてきたあの悩みを、画期的なデザインで解消したハイヒールがあります。驚くな...
「オシャレは我慢」とはよく言われることですが、その典型的な例は“足元”ではないでしょうか。本音を言えば、疲れにくいスニーカーを履きたいけれど、美しさを演出...
一見すると、靴ひも結びが面倒だ!という人のためだけに作られたもののようにも見えますが、いろいろな用途があって楽しいのがこの「Zubits」。仕組みはとても...
自分の足にぴったりのフィット感にできるところが、ひものついたスニーカーのいいところ。でも、脱ぎ履きするたびにいちいち結び直すのも大変だし、無精してそのまま...
日本では当たり前のようにある「学校の掃除の時間」ですが、世界的に見るととても珍しい文化だとよく言われます。「みんなのものをみんなで大切に」という教育がされ...
この記事で紹介するのは、ドイツのデュースブルグで作られた「砂の城」。けど、子どもの頃とはレベルが違う。なんといっても、世界記録を更新したのだとか。砂の城の...
2008年、東京・南青山のビルの一室にオープンした靴磨き専門店「Brift H(ブリフトアッシュ)」。その創立者の一人が、明石優という人物だ。目の肥えたハ...
言うまでもなく、靴は身の回りに溢れているもの。でも、そんな靴の存在が強く印象に残っている「夢」は、あることを暗示しているのだそう。ここでは、シチュエーショ...
「オシャレは足元から」なんてセリフがあるように、ファッションにおいて大きな重要性を持つ「靴」。この言葉、大抵の場合は革靴を指して使われているようですが、こ...
「靴磨きを毎日の歯磨きくらい当たり前のことにしたい。ちゃんと手入れすれば、20年は履けますよ」。先日公開したインタビュー記事の中で、このように述べている靴...
デザインを気に入って買ったのに靴ずれができてしまった。ぴったり!と思って1日履いたらマメができてしまった…。そんなトラブルや痛みなどなく、好きな靴を履けた...
いい靴に出会うと、20年だってつき合うことができるといいます。一緒に年を重ねるごとにどんどん自分の足に馴染んでくる。こうなるともう、完全にパートナーみたい...
代々木公園での「Aozora靴磨き教室」や自由大学での講義「20年履ける靴に育てる」など、靴磨きに馴染みのない人たちに、そのハウツーを広めている明石優さん...
第二次大戦が終結して70年の月日が経ちました。戦争体験者の高齢化が進み、次世代へと語り継ぐ人々が年々少なくなっているなか、戦争の記憶の風化が懸念されていま...
おそらく、多くの日本人がそう考えているのではないだろうか?実際にドイツ人は仕事における生産性がとても高いことで知られている。OECDのデータによると、20...
文化や慣習が違えば、仕事の進め方だって異なる。海外で働くには、その国の国民性を理解することが大切と言われます。フランクフルト在住のHisai Toruさん...
なめらかな風合いが魅力のスエード靴。特に淡い色はその美しさとはうらはらに、雨ジミや泥汚れが付くと落としにくいという厄介な一面も。今回はそんなスエードのお手...
カフェやレストランでウェイトレスに向かって、「熱い愛をください!」と言っても目をまん丸くされないのは、もしかしたらドイツくらいかも。こんなラブコメのセリフ...
「ドイツ人」と聞いて、どんな人をイメージしますか?まじめ、几帳面、仕事熱心…。もちろん性格は人それぞれですが、こういった単語が思い浮かんだ人が多いのではな...
足の裏が“第二の心臓”と言われるのは、心臓から送り出された血液がカラダを巡り、また心臓へと戻るための循環ポンプの役割を担っているから。カラダの各機関に直結...