吸引力は従来のロボット掃除機の4倍!「ダイソン 360 Eye」がスゴ過ぎる・・

「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」を武器に、世界を席巻中のダイソン。2015年10月23日(金)、同社の新製品となるロボット掃除機「ダイソン 360 Eye」が、世界に先駆け「Dyson表参道」にて販売開始。累計200人を超えるエンジニアが、2,800万ポンド(約53.2億円)と17年もの歳月をかけて開発したこのプロダクトは、これまでにないパワフルかつインテリジェントなロボット掃除機となっている。

mcthomasdawharris

最大の特徴は、他のロボット掃除機の「4倍」という驚異的な吸引力だ。このパワーを生み出すのが、毎分最大78,000回転するエネルギー効率の高い「ダイソン デジタルモーター V2」。これにより、フローリングからもカーペットからもゴミを取り除く、パワフルで変わらない吸引力を維持することが可能に。

mcthomas

また、ゴミやホコリを効率よく空気から分離し、ヒトの髪の太さより細かい花粉やカビなど、0.5ミクロンの微細な粒子まで捕える「Radial Root Cyclone™(ラジアルルートサイクロン)テクノロジー」も搭載。他のどのロボット掃除機よりも綺麗な排気を実現した。

lferris

一般的なロボット掃除機は、センサーを通じて進行方向を探しながら室内を移動するが、搭載された「360°ビジョンシステム」はそれらとは一線を画するもの。最大毎秒30コマの撮影が可能なカメラで周囲の環境を把握し、その情報をもとに詳細な間取り図を構築。計画的に室内をナビゲートしながら、製品自体の現在地を検知し続ける。

さらに、現在地だけでなく、まだ掃除されていない場所もミリ単位の正確さで把握。赤外線センサーで障害物を巧みに回避しながら、効率的で規則正しい動きによる掃除が可能になるというわけだ。

mcthomascrose

「ダイソン 360 Eye」は同社初のスマート家電製品としても話題。独自に開発したiOS/Android対応の専用アプリが可能にするのは、スマートフォンやタブレットでの掃除スケジュールの予約やトラブルシューティング。外出先から掃除の進捗状況だって確認できるため、急な来客予定ができた、というような場合でも安心だろう。

crosecrose

明日10月26日(月)からは、全国の量販店65店舗限定での販売も順次スタート。価格は14万9,040円(税込)。簡単に手の出せる価格とは決して言えないが、最新テクノロジーが結集されたこの製品であれば、その価値は十二分にありそうだ。

Licensed material used with permission by Dyson

えっ…これが本当に、あのロボット掃除機のネクストバージョンなのか?その衝撃的な見た目に、我が目を疑った人もいるかもしれない。ただの車のおもちゃかにも見えな...
同社の掃除機や空調家電は、知らない人を探すほうが難しいくらいの知名度。でも、「照明」の存在を知っている人は、意外と少ないのでは?恥ずかしながら、かくいう自...
はたしてこの商品、「ゴミ箱」なのかそれとも「掃除機」なのか……、表現の仕方も迷うところ。いづれにしても、ありそうでなかったキッチンツールに、こんな感想を持...
健康のことを思ったら、毎日サラダを食べるべきなのは分かってる。でも、自分で作るのは意外に手間だし、飽きないように工夫しようと思ったら、けっこう大変。だった...
先日、NASAは「PUFFER」の試作機を発表。この調査ロボット、パタっと折り畳まれたり開かれたりと、自由自在に変型可能。実はこれ、日本の「折り紙」にイン...
人工知能(A.I)は、手料理までを奪い去ろうとしています。利便性を追求した結果、ロボットアーム付きのシステムキッチンなるものが登場。しかも、あのトップシェ...
従事者不足や負担軽減が慢性的な課題とされてきた介護現場に、テクノロジーが変化を与えようとしている。という話題は、もう数年前から耳目にしてきたことだけど、そ...
音声を手話にしてくれるロボットアームが登場しました。これは、大学生3人による「Project Aslan」が、聴覚障害者とのコミュニケーションの壁を減らす...
そう遠くはない未来。私たち人間と区別がつかないほどの人工知能が生まれるとしたら…。もしもロボットが人間と同じように笑ったり、悲しんだりするようになったら…...
ミネソタ大学は、頭に被せたキャップから脳波を読み取り、ロボットアームを操作できる技術を開発しました。考えたとおりに動き、モノを掴んで移動できます。「世界で...
2016年2月29日(月)、神奈川県藤沢市で「ロボットタクシー」の実証実験が開始されました。アプリで呼び出せば自動運転で迎えにきてくれ、そのまま買い物に。...
毎日使う場所だからこそ、汚れやすいトイレ。しかし、トイレには便器や換気扇など、様々な設備がついているだけに、掃除も一筋縄ではいきません。意外と知られていな...
ロボットや人工知能を「Electronic Persons」として扱い、その所有者に税の支払いを義務付けるーー。なんて計画案がEUで持ち上がっていると、各...
人間の言うことをきかないロボット。と聞くと、どんなイメージを思い浮かべるでしょうか?実際に見てみましょう。男性「座って」ロボ「オーケイ。(ウィィイィンン…...
頭に風車をつけて砂浜をテコテコ。一見するとオモチャのようですが、実はAI(人工知能)を搭載した、立派なロボットなんです。事前にプログラムされた詩ではなく、...
どんな場所にも持ち運びのできる“モバイル風力発電機”が、Kickstarterで出資を募っています。災害時や旅行の際にも大活躍の発電機「Trinity 5...
「VR元年」とも言われる2016年。そこには「Oculus Rift」や「PlayStation VR」の存在が大きく影響していますが、こういった新しいテ...
できることなら、年明けはきれいな家で、新たな気持ちで過ごしたいものです。年末にやりかけていた掃除のあとが目に入ると少し残念な気持ちになりますよね。今回は、...
旅先で“チョイ乗り”したいときに利用するサイクルシェアリングの普及率は、年々増加傾向にあります。最近では、自転車を持っている人と、借りたい人をマッチングさ...
単調な仕事、のしかかる負担、過重労働。そして、その先に待ち受けていることとは…。映像クリエーターMichael Marczewski氏が監督した、3分ほど...