約20年ぶりに姿を現した「奇跡のウサギ」。地球温暖化に苦しんでいた・・・

岩陰からひょいっと顔を向ける、テディベア似のぬいぐるみのようなこの生き物。新疆ウイグル自治区で、およそ20年ぶりに目撃され、「パンダよりも断然カワイイ!」とネット上でも話題が沸騰しています。しかし、そこには絶滅の危機が…。

 テディベアみたいな
愛嬌たっぷりの野生ウサギ

スクリーンショット 2015-10-26 12.53.16

中国北西部、カザフスタンやキルギス共和国と国境を接する天山山脈で、およそ20年ぶりに目撃されたのが、愛くるしい動物「イリナキウサギ(Ili Pika)」です。英語でイリ(Ili)とは、新疆ウイグル自治区とカザフスタンとの国境に位置する地域のこと。つまり、天山山脈にのみ棲息する希少な野生ウサギなのです。

20余年ぶりの再会に
「興奮しっぱなしだった」

スクリーンショット 2015-10-26 12.53.48

「岩陰に動くものを発見。それがイリナキウサギだと分かると、興奮が止まらなかったよ」

レアな野生動物の撮影に成功した、自然環境科学者のLi Widong氏がこう語るのには理由がありました。実は、天然資源や大気汚染の実態調査のため、中国政府の命を受け、1983年にこの地を訪れた際、最初にイリナキウサギを目撃したの人物こそがWidong氏だったから。
しかし、当時の彼は、この地の野生動物の生態には精通していませんでした。地元の牛飼いたちにたずねても、その種は不明でした。そこで、一匹を捕獲し国科学院に送ったところ、このモコモコの生き物がナキウサギの新種であることが判明したのです。
National Geographic」の記事によれば、大まかなの棲息地の絞り込みはされてきたものの、1983年以来、目撃証言はわずかに数回あったのみ。これまでに29頭の確認ができているものの、最後に目撃されたのは1990年代初頭だそう。

“奇跡のウサギ”に迫る
地球温暖化の余波

スクリーンショット 2015-10-26 12.53.38

こうして、およそ20年ぶりにWidong氏によって、再び写真に収められたイリナキウサギ。氏によると、90年代は推定で2,000頭ほどが棲息していたものの、この20年余りのうちに約70%近く減少していると予測。その原因に地球温暖化による影響を指摘します。いま、彼らは絶滅の危機に瀕している生物のひとつなのです。

スクリーンショット 2015-10-26 12.53.28

体長わずか20センチほど。寒さに強く、これまで標高3,000メートル付近を棲息地にしていることが、目撃情報や研究で分かっていました。ところが、今回、Widong氏が出会った地点は、標高4,100メートル。「大気汚染や温暖化による影響が、彼らの生息地を狭めている」と、氏の懸念を「CNN」が報じています。

国際自然保護連盟によって2008年、絶滅危惧種にしていされているイリナキウサギですが、中国ではこれまで保護種認定はおろか、調査研究も実施されてきませんでした。「この山を保護区に指定すべき」とWidong氏は、中国政府に訴えを続けています。

 Reference:National GeographicCNN
Licensed material used with permission by Weidong Li

2015年より、毎年10月1日は「International Coffee Day(コーヒーの日)」。認知度はイマイチながら、今年も各地でイベントが開催さ...
「Spirit Science and Metaphysics」の記事には、18種類の動物が掲載されています。そのほとんどは、多くの人にとってこれまで目に...
地球温暖化の甚大な影響を受けている、北極圏。気温上昇により年々溶けていく氷は、深刻な環境問題のひとつとして、世界中でその行く末が注目されています。そんな問...
スキーの発祥の地に関しては、さまざまな説がある。有力なのはノルウェーだろうか。同国は、しばしば冬季五輪の超大国と言われる存在。ルーツがあると言われても、特...
アクション俳優として、また元カリフォルニア州知事としての顔を持つアーノルド・シュワルツェネッガー。2015年12月、パリで開催された気候変動会議の場に招か...
ニューヨーク北部にある農場で暮らしているJason Ambrosinoさんは、凍傷によって足が動かなくなってしまった仔ウサギに、手づくりのスケボーをプレゼ...
中国の環境汚染は、ここまで来ている近年急速に経済的な発展を遂げ、特に都市部の人口も爆発的に増加している中国。しかしその代償に、環境汚染が進んでいることもよ...
今日、絶滅の危機にある動物を紹介するキャンペーンとして、国際動物福祉基金(IFAW)が制作したビジュアルイメージが、世界で高い評価を得ている。過度な森林伐...
自然保護政策の先進国コスタリカ。国土の約1/4を自然保護区に指定するほど、生物多様性を保つ活動に積極的。この“生命の楽園”で、世界に先駆けた新たな計画が進...
緻密に作り上げられた幾何学模様に、「CGかと思った」「永遠に見ていられる」と、絶賛の声が相次いでいる。これらの作品はマニラを拠点に活躍するアーティスト、P...
1961年、ユーリイ・ガガーリンが人類初の有人宇宙飛行士として、宇宙に飛び立ってから56年の月日が流れた。「地球は青かった…」宇宙からの帰還を果たしたガガ...
絶滅の危機に瀕しているキタシロサイ一頭が死体で発見された。場所はケニアのオルペジェタ自然保護区。これで世界で生き残っているキタシロサイはわずか6頭。死亡が...
「動物とのふれあい」のあり方につて旅行業界も見直すべき。こんな決断が「トリップアドバイザー」からもたらされました。内容は、野生動物たちに悪影響を及ぼすよう...
最近、「モモンガが地球上で一番キュートな動物だ!」と海外で話題になっている模様。でも、そう言われたところで、普段は写真ですらお目にかかることが少ないですよ...
大気汚染の問題は、とりわけ、急速な発展を見せる東南・南アジアで深刻だ。発電所や工場、建設現場やごみ焼却など様々な理由が考えられるが、中でも自動車は主要因だ...
ライオン、ゾウ、バッファロー、ヒョウ、サイ。アフリカのサバンナに生息するこれらの野生動物は、通称「BIG5(ビッグファイブ)」と呼ばれ、狩猟が厳しく禁止さ...
「動物の絶滅」は遠い世界の話そう、思っていませんか?日本に住んでいると「絶滅危惧動物」という言葉を聞いてもあまりピンと来ないかもしれません。しかし、WWF...
北極圏・ノルウェー北部にあるスヴァールバル諸島では、大きなシロクマの姿を見かけるのは珍しいことではない。が、フォトグラファーの「Kerstin Lange...
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
深刻な大気汚染が続く中国・北京でいま、ある酸素ボトルが飛ぶように売れ、予約が殺到している。と海外のメディアが一斉に取り上げ、大きく報じました。どうやら、そ...