パリ発!「世界一の肉屋」が、本日11/4(水)恵比寿にオープン!

ユーゴ・デノワイエは、数多の三つ星レストランのシェフを顧客に持つ、パリ屈指の肉職人。現在は、14区と16区の二店舗で高級精肉店を営み、人気を博しています。
そんな彼が初めての海外進出先に選んだのは、ここ日本。ニューヨーク・タイムズ紙が「世界一の肉屋」と称したその味が、ついに東京・恵比寿で楽しめることに!

カリスマ肉職人が手がけるのは
“自然な”肉

ユーゴ写真_R

「ユーゴ デノワイエ」で提供される牛たちは、生産者自らが育てた牧草と穀類だけを食べ、混合材や薬を与えられることなく、ゆったりとしたスペースで放し飼いにされています。これは、 「放牧地から皿の上までが肉職人の仕事である」という彼の信条を体現したもの。

環境・家畜・生産者を尊重した結果育まれた“自然な”肉。「ユーゴ デノワイエ恵比寿店」では、それらをフランスから空輸するとともに、パリの店舗で扱う肉と同じコンセプトで育てた日本産の牛肉も使用されるのだそう。

food1_R

「フランス産熟成肉骨付きリブロース」は、20,000円/kg から。少なくとも3~4週間熟成させることで、牛肉に含まれるエンザイム(酵素)が固い繊維を分解。捌き立ての新鮮な肉よりも柔らかく、深い味わいに。

food2_R

豚の血の入ったソーセージを指すブーダン・ノワール。名前の通り、黒い色(ノワール)をしています。

1F interior_R

店舗デザインは、これまでに多くの有名レストランを手がけてきた、アルジェリア出身の建築家イマード・ラムニ氏。1Fでミート・バーと物販を、

2F interior_R

2Fではメインダイニングを展開。

オープンは本日2015年11月4日(水)。来週11月10日(火)からはランチ・ティータイムも開始予定です。ユーゴの哲学の結晶とも言うべき“自然な”肉の美味しさは、きっと日本の私たちをも虜にするでしょう。

Exterior_R

【店舗概要】
ユーゴ デノワイエ恵比寿店
・オープン:2015年11月4日(水)
・所在地:東京都渋谷区恵比寿南三丁目4番16号 アイトリアノン 1.2F(山手線 恵比寿駅・東急東横線 代官山駅より徒歩5分)
・営業時間:2F ランチ 11:30~15:00(L.O 14:00)、ディナー 18:00~23:30(L.O 22:30)
1F ランチ 11:30~14:00(L.O 14:00)、ティータイム 14:00~18:00、ディナー 18:00~23:30(L.O 22:30)
・定休日:月曜
・電話番号:03-6303-0429
・席数:2F/38席、1F/12席(全席禁煙)
・公式web site:http://www.hugodesnoyer.jp
※肉の種類・調理法・価格は日により異なります。詳しくはスタッフにお尋ねください

Licensed material used with permission by 株式会社TFC

あえて日数を置くことでお肉の熟成を促す、エイジングビーフ(熟成肉)の美味さに注目が集まっています。高級店や専門店でなくても“あの味”を自宅で堪能したい!そ...
昔から「肉は腐りかけがうまい」なんて言葉があるように、牛肉には“寝かせる”ことで生まれる価値があります。いわゆる熟成肉がそれ。あの味を自宅でしかも長期保存...
フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分...
テロの情報を様々なメディアが伝えるなか、 SNSでは事件のことを知った世界中のユーザーから祈りのメッセージが送られています。なかにはハッシュタグ「#Pra...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
世界で若者が暮らしやすい都市のランキングが発表された。トロントにある市場調査会社によって制作されたものだが、そのランキングとは如何に!?第1位は、フランス...
2015年11月13日夜(日本時間14日早朝)、フランス、パリのレストランやコンサートホール、劇場など6カ所で、銃撃や爆発によるテロ事件が発生。捜査当局に...
誰もが足を運ぶ観光名所が数多ひしめくパリ。ガイドブックに載っているお馴染みの風景に出会えることは、間違いなくこの街を訪れる醍醐味だ。でも実は、どこを歩いた...
近頃よく目にする、世界の様々な街のタイムラプス動画。ここでは花の都・パリが舞台です。登場するのは、ルーヴル美術館や凱旋門など、いわば王道の観光スポットばか...
これは「スペッツァティーノ」という名のイタリアン。肉を切ってさっと煮込んだ料理という意味なのですが、これをマンマの要領でちゃっちゃとつくるのは、慣れていな...
7月22日から24日にわたって、ロンドンで開催された「Just Eat Food Festival」。ここに現れたスイーツ「Zebra Cro」が、ありえ...
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
「Inspired by STARBUCKS」は、従来の店舗とは違う、新たなスタイルのスターバックス。ビールをはじめとするアルコール類など、ここだけのオリ...
押しも押されもせぬ、とんこつラーメン界の雄「博多一風堂」。その欧州2店舗目となる「パリ店」が、2015年12月末にオープン予定。食の都への進出を記念し、フ...
日曜日のイギリスの朝といえば「サンデー・ロースト」。発祥であるヨークシャーでは、昔から日曜日に肉を食べる習慣があるそう、その際に食べるロースト肉のことを総...
「マリネ」と聞いてイメージするのは、生魚をオリーブオイルなどに漬け込んだものかもしれません。けれど、マリネするのは魚だけとは限らない。焼く前の肉をワインに...
トルコ語で「はらわたを裂く」という意味を持つ料理があります。それがカルヌヤルク。何だかおどろおどろしい名前ですが、裂くのはナスのお腹。日本でおなじみ「ピー...
フランスのイメージは、ロマンスの国。多くのプロジェクションマッピングを手がける、Julien Nonnonの新作もまた「やっぱりパリって、愛の街なんだ」と...
主演と監督のクレジットには、アベル&ゴードン。何を隠そう2人は夫婦なのだ。夫は、ドミニク・アベル。妻は、フィオナ・ゴードン。また、2人のバックグラウンドが...