1日に9時間!?子どものメディア接触時間は、睡眠時間より長いと判明(米調査)

テレビや映画、SNSにゲーム。アメリカのティーンエイジャー(8歳〜18歳)たちが、このような“メディア”に費やす時間が長すぎるのでは?と問題視されています。

1日に9時間!?
睡眠より長いことが判明…

A picture of group of friends using smartphones in the city

NPO団体「Common Sense Media」が2,658人の子どもたちを調査したところ、1日に9時間以上もの時間がメディアに使われていたことを明らかにしました。これは両親と過ごす時間や学校で過ごす時間よりも長いと言われています。
さらに同団体の調査によると、66%以上が毎日音楽を聴き、58%が毎日テレビを見ると答えたそう。その一方で、毎日外で遊ぶと答えたのは36%だったとか。

子どもたちに共通するのは
マルチタスクが得意なこと!?

media-9-hours1511161-01_000047754040_Large

CNN」では、メディアに長時間没頭する若者たちに共通していることは、マルチタスクが得意なことだと言います。スマホでゲームをしながら勉強したり、チャットをしながらテレビを見ることに慣れているのだとか。
さらに、今の男の子たちはゲームをすることが好きで、女の子たちはInstagramなどのSNSにハマる傾向があるとも伝えています。

この調査を実施した「Common Sense Media」の代表、James Steyer氏は次のように語ります。

「この調査結果を見て、正直ビックリした。今の子どもたちの生活を見ると24時間365日、常にテクノロジーに囲まれている。だから否応なく使っちゃうし、他にやりたいことなんてなくなるのかもしれない」

教育に使うこともできる!
悪いことばかりじゃない

tl_img_1b3dd542387ad4077749582b518500401c006646

ただ、ゲームやアプリに長時間触れることは悪いことばかりではなく、教育として使うこともできるのでは?と「Medical Daily」。
実際、インペリアル・カレッジ・ロンドンの調査では、「The Eatery」という食事管理アプリを使っている子どもたちは肥満が少なくなっていることを明らかにしています。物は、使いようなのかもしれませんね。

Reference : Common Sense Media ,  CNN , Medical Daily

健康にも美容にも、仕事効率にだって大事だと言われる「睡眠」。では実際、どのくらい寝るのがベストなのだろうか?そんなかねてからの疑問をスッキリさせてくれるよ...
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
睡眠時間を割いてまで必死になって働いても、給与には反映してこない。そればかりか逆効果だって!?それを証明するような研究があります。シンプルに言えば、睡眠時...
「6時間以下の睡眠を毎日続けているのであれば、あなたの精神と身体能力は、2日間徹夜した状態と同じ程度まで低下しているかもしれない…」。ここで紹介するのは「...
睡眠不足は体に悪いといわれているが、果たして睡眠過多はどうなのだろうか?最新の研究では、8時間以上の睡眠は健康を損なう可能性があるという。一体どういうこと...
かのナポレオンは、一日に3時間しか寝なかった。なんて言い伝えがあるけれど、人間にとって本当に必要な睡眠時間は、はたしてどの程度なのだろか?ここに登場する、...
「いいから寝かせてくれ!」というのが本音かも?ですが、長生きするためにも一応見ておきましょう。2015年12月9日に発表されたシドニー大学の研究結果に注目...
睡眠不足が心と体にもたらす悪影響や、個人のポテンシャル低下は、今さら改めて書くまでもないはず。けれどその個人の睡眠不足がトリガーとなり、ひいてはそれが経済...
昼寝をするときに、明確な時間を定めていますか?きっと、時間を決めずに「とりあえず寝ちゃおう!」というタイプの人が多いですよね。でも、それにはリスクがありま...
Licensed material used with permission by:AsapSCIENCE毎日の睡眠時間、どれくらいとっていますか?もしか...
もしも「ただ時間をつぶす」っていう仕事があったら今ごろ億万長者なのに…なんて思っちゃうほど、あとから思えば無駄だったとも思えるような時間を過ごして、後悔し...
幼少期に十分な睡眠をとらないでいると、肥満のリスクが高まるという研究結果は、以前から問題視されてきたこと。けれど夜更かしを自業自得、とただ本人のせいにして...
時間ができたらタメになることをしよう。と、スケジュール帳とにらめっこしている人は多いかもしれません。でも、“暇してみる”のも良い選択肢。たとえば、夏休み。...
読書の重要性をネットに書くと必ず「読書なんか必要ない」という書き込みをされます。しかし、読書は人生に大切なもの、全てを与えてくれるのです。01.1日を「7...
イギリスの医師マイケル・モズレーは、BBCのプレゼンターとして、また科学・医学番組のプロデュースも手掛けるなど、マルチな活躍でお茶の間に知られた人物。この...
仕事中に気が入らずダラダラしたり、昼寝をしたり、SNSをチェックしたり。それって、どうやら労働時間に問題があるのかも。つまり、長すぎて体力も精神ももたない...
近ごろは休憩時間やシエスタ(お昼寝)が大切だよね、という話はかなり一般的になってきました。そして、それは子どもたちにとっても同じなのかも。ここでは、国際学...
身近なところに、幸福を手に入れられるカギがあります。それは、あなたが毎日していること。そう「睡眠」です。忙しいとつい削ってしまいがちですが、それはイコール...
「エジソンやナポレオンは4時間しか寝なかった」とか、「織田信長の睡眠時間は3時間だった」とか、何かと偉人たちのショートスリーパー伝説が語られがちな昨今。か...
「THE CONVERSATION」によると、シドニー大学の准教授Chin Moi Chow氏が、正しい睡眠をとるための方法を科学的にまとめたとのこと。私...