睡眠を1時間増やすと、給与が16%アップする?(米経済学者)

睡眠時間を割いてまで必死になって働いても、給与には反映してこない。そればかりか逆効果だって!?それを証明するような研究があります。

シンプルに言えば、睡眠時間を1時間増やすだけで、実質手にできる給与は16%増しになるんだとか。この眠りの長さとサラリーの因果関係。カラクリは単純。あとは実践できるかどうかです。

寝不足は酩酊状態と同じ
鋭さに欠け、注意力も散漫

-098717546879

まずは、この前段階からいきましょう。
「睡眠不足は仕事の生産性を著しく低下させる」。これは疑う予知もないはずです。眠いと効率が悪くなるから?それだけではありません。どうやら、不要なリスクをとってしまうことが原因。米ボストン病院、睡眠医学の専門家Charles Czeisler教授は、じつに分かりやすい表現で、睡眠不足状態を例えています。

「酔っ払っている状態とまさに同じ。つまりは“鋭さ”が欠けるんですよ」

一晩、まるまる徹夜した時だけではなく、日々睡眠時間が削られ寝不足が慢性化していくと、神経行動学的な性能、つまりは感覚や精神面での強さが欠落する。ゆえに、注意力も散漫になるという訳です。

睡眠こそ、給与アップへの近道

-0987656789260900663 (1) shutterstock_76465288

では、本題に入りましょう。
睡眠と給与の相関関係を、初めて数値化した経済学者がいます。カリフォルニア大学サンディエゴ校経済学部の研究者Matthew Gibson博士とJeffrey Shrader博士。「The Wall Street Journal」によれば、彼らは、米国勢調査局が収集したビッグデータを元に、時間の使い方に関する実態調査を用いて、睡眠時間と賃金データを徹底分析。導き出された数値から、睡眠不足がもたらす影響について、こう結論づけました。

「睡眠時間が1時間増えれば、給与に換算して約16%アップが見込まれます。毎日もう1時間、この積み重ねは学校教育でいうところの1年分以上に相当することが判明しました」

250646827

俗に言う理想的な睡眠時間が8時間。これを忠実に守れる現代人が、はたしてどれだけいる?かは疑問ですが…。算出したデータの概数からは、実際に5時間またはそれ以下の睡眠時間で、生産性を飛躍的に向上したケースは、「ほぼゼロに近かった」と前述の睡眠医学士 Czeisler教授も述べています。

さらに研究から、たとえ寝不足で頭の回転が鈍くても、会議に参加したり、レポートに目を通したり、通常業務を行うことは可能なことが判明しました。ただし、物事の本質をついたり、問題を見抜く千里眼を発揮できるかと言えば…もうお分かりですね。感覚が鈍る、不注意が増える、こうしたところに落とし穴が潜んでいるとGibson博士。

しっかり睡眠時間をとって
自分をコントロールする

-074567896135281

人間、疲れているときはどうしたって、革新的なアイデアや創造性を発揮することはできません。新しい情報へと自分の脳を適応させることも、それを学ぼうとすることだって困難になります。現状に留まるだけで、曖昧な判断基準しか持てなくなる。やがて、“理想の自分”と現実とのギャップに悩み、気分も乱高下。ひいては同僚と調和することさえ難しくなっていく。
この負のスパイラルこそが、自身のポテンシャルと給与を下げてしまう最大の要因なのです。

つまり、その真逆を実践することが勝利のカギ。睡眠を1時間でも多くとることで、肉体的にも精神的にも最大限のパフォーマンスを発揮するように、睡眠で自らをコントロールしていく。これが給与アップを目指す近道だ、とキャリアサポートサイト「AOL Jobs」は、真夜中12時にベッドに就く必要性を説いています。

要するに、どれだけしっかり寝ることができるか?そこが勝負ですね。でも、さすがに8時間は…。

Reference:WSJ , AOL Jobs 

 

「6時間以下の睡眠を毎日続けているのであれば、あなたの精神と身体能力は、2日間徹夜した状態と同じ程度まで低下しているかもしれない…」。ここで紹介するのは「...
日本の文化としてはあまり馴染みがない「給与交渉」。やってみたいとは思っても、なかなか勇気がいるものです。でも「Make It Cheaper」の記事を参考...
睡眠不足が心と体にもたらす悪影響や、個人のポテンシャル低下は、今さら改めて書くまでもないはず。けれどその個人の睡眠不足がトリガーとなり、ひいてはそれが経済...
健康にも美容にも、仕事効率にだって大事だと言われる「睡眠」。では実際、どのくらい寝るのがベストなのだろうか?そんなかねてからの疑問をスッキリさせてくれるよ...
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
あなたの周りにもいるかもしれない、ズバ抜けて効率的に動ける人たち。その秘密はやはり「時間の有効活用」と強く関連しているようです。そこで「TalentSma...
テレビや映画、SNSにゲーム。アメリカのティーンエイジャー(8歳〜18歳)たちが、このような“メディア”に費やす時間が長すぎるのでは?と問題視されています...
ストレスを抱えることがあたり前のようになってしまった現代社会。仕事は毎日忙しく、自然とイライラは溜まり、気が付けばたくさん食べてしまう。そんな方も多いので...
かのナポレオンは、一日に3時間しか寝なかった。なんて言い伝えがあるけれど、人間にとって本当に必要な睡眠時間は、はたしてどの程度なのだろか?ここに登場する、...
身近なところに、幸福を手に入れられるカギがあります。それは、あなたが毎日していること。そう「睡眠」です。忙しいとつい削ってしまいがちですが、それはイコール...
俗に言う“9時5時”の勤務スタイル。なんと、これが「拷問のようなもの」だと、オックスフォード大学の研究者らが唱えています。どうやら問題は始業時間。作業効率...
「いいから寝かせてくれ!」というのが本音かも?ですが、長生きするためにも一応見ておきましょう。2015年12月9日に発表されたシドニー大学の研究結果に注目...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
イギリスの医師マイケル・モズレーは、BBCのプレゼンターとして、また科学・医学番組のプロデュースも手掛けるなど、マルチな活躍でお茶の間に知られた人物。この...
人間が、人生のうちの約26年もの時間を睡眠に費やしているって、知ってました?今回紹介するのは睡眠に関する意外なトリビアの数々。まだまだ知らなかったこと、沢...
翌日に仕事があるにもかかわらず、友だちと飲み明かしてしまった。当然、寝不足で仕事はグダグダ…。そんな過ちを二度としたくない人へ。「New York Mag...
Licensed material used with permission by:AsapSCIENCE毎日の睡眠時間、どれくらいとっていますか?もしか...
「エジソンやナポレオンは4時間しか寝なかった」とか、「織田信長の睡眠時間は3時間だった」とか、何かと偉人たちのショートスリーパー伝説が語られがちな昨今。か...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「THE CONVERSATION」によると、シドニー大学の准教授Chin Moi Chow氏が、正しい睡眠をとるための方法を科学的にまとめたとのこと。私...