外はカリッ!中はトロっ!食感がたまらない「アボカドフライ」

アボカドって、生のまま食べる人が多いと思うけど、フライにすると外側はカリッ、中はトロトロという食感が最高に楽しい料理になるんですよ。

食感の違いを楽しむ。
お酒にもよく合う

1056

<材料>アボカド・生卵・小麦粉・パン粉・塩・カレー粉

塩とカレー粉で
しっかり下味をつける

アボカドは、火を通すとちょっと曖昧な味になります。そこで、種を取って厚めにスライスしたら、塩とカレー粉をきつめに振って、ガツンと下味をつけておくのがポイント。
小麦粉をはたき、生卵を通し、パン粉をまぶす。もともと生食できる食材なので、180度の天ぷら油で表面だけカリッと揚がったら、それで大丈夫。

新・家めしスタイル
コンテンツ提供元:佐々木 俊尚
Photo by : 内田紘倫

スーパーでよく見かける、3袋1セットの焼きそば麺。たくさん買いすぎて飽きてしまったり、微妙に1袋だけ余ってしまうこと、ありますよね。じつはあの焼きそば麺で...
暑い日にこそ食べたくなる、冷たいそうめん。茹ですぎて余らせてしまった…そんな経験はありませんか?そんなとき、余ったそうめんでおいしいスイーツが作れるなら、...
子どものころ、クッキングトイと呼ばれる、料理が作れるおもちゃがあった。キッチンのガス台がそのまま小さくなって、ホットケーキやドーナツが作れるものである。子...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
生のままでも十分美味しいアボカド。でも、火を通すことでトロトロの食感が引き立つんですよね。ピザや天ぷら、さらに熱々クリーミーなアボカドを楽しむには、なんと...
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
冷蔵庫を開けたら、新じゃがしかない……。そんなときにオススメしたい、新じゃがだけでおいしくお腹を満たせる料理。「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、簡単でお...
暮れ行く冬の空を眺めながら、テントでしっぽり。これまでの山登りでAkimamaスタッフがちまちま作った、ジャンクな山おつまみをコッソリお伝えします。おいし...
その濃厚な食感は、「まるでクリームチーズのよう」と近ごろ話題の水切りヨーグルト。その名の通り、ヨーグルトの水分を切ったものですが、これを揚げるとどうなるか...
とろける甘〜いマシュマロが、スプレッドになった商品があるのを知っていますか? 「フラフ」という商品名で発売されているもので、今“塗るマシュマロ”としてジワ...
おつまみとしてそのまま食べてもおいしい「缶詰」。でももし、缶詰だけでワンランク上のおしゃれな料理が作れるとしたら、晩酌の時間ももっと楽しくなりますよね。今...
美容効果も期待できる「アボカド」ですが、そのまま食べるのはもちろん、サラダや炒め物に混ぜたり、フライにしてもおいしいですよね。しかし残念なのが「日持ちしな...
気持ちのいい初夏の気候が続いていますね!そこで食べたくなってくるのがエスニック料理。タイやベトナム料理はだけじゃなく、南米メキシコ料理だって家めしならカン...
手頃な価格で、あると便利な「きゅうり」。ついつい多めに買ってしまって冷蔵庫にきゅうりしかない…。そんな状況でも美味しくお腹を満たすことができる絶品のレシピ...
夏に向けてダイエットを始めている人も多いはず。高カロリーなイメージにあるチーズですが、ダイエット中にもたくさん食べたい! そんなチーズ好きな人にオススメの...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
キッチンが見えていると、料理が美味しく感じる!キッチンがオープンなレストランは楽しい。自分の注文した料理がどんな人にどのようにして作られいるのかを見ること...
アメリカ生まれのアボカドの美味しい食べ方をご紹介。火を通すことで、柔らかく、いっそう美味さが増すアボカドを、トロトロの半熟卵にからめて食べる「アボカドエッ...
スイカの選別って意外に難しいもの。よく叩いたときの「音」が肝心なんて言いますが、音を確認してもいざ半分に切ってみると中身がスカスカ…なんてことも、ままあり...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...