プロに聞く「ジャブジャブ洗わない」スニーカーのお手入れ法

ここ数年、空前のスニーカーブームが続いていますが、正しいスニーカーのお手入れの仕方は意外にも盲点。果たして子供の頃の運動靴みたいに、ジャブジャブとタワシでこすっていいものか?多分違うだろうけど、実のところよくわからない。今回は、そんな知っているようで知らない、スニーカーのお手入れ方法をレクチャー。

スニーカーのお手入れで用意するもの

160111_nanouniverse_sneakers_01

1. 豚毛ブラシ
2. メラミンスポンジ
3. ガムライト(天然ゴムのクレープブラシでもOK)
4. 防水スプレー
5. 水

STEP1 / ほこり落とし

160111_nanouniverse_sneakers_02

160111_nanouniverse_sneakers_03

160111_nanouniverse_sneakers_04

全体的にブラッシングし、ほこりを落としていく。シューキーパーをいれながらお手入れすれば、シワにたまったホコリが取りやすい。

STEP2 / アッパーの汚れ落とし

160111_nanouniverse_sneakers_06

160111_nanouniverse_sneakers_07

ガムライト(天然ゴムのクレープブラシでもOK)に汚れを付着させて取り除く。前から後ろなど、キレイになる方向を見つけて一方向に滑らせます。

STEP3 / ソールの汚れ落とし

160111_nanouniverse_sneakers_09

160111_nanouniverse_sneakers_10

メラミンスポンジに水を少量含ませて、ソール部分の汚れを落としていく。汚れに合わせて水量を調整する。ひどい汚れには中性洗剤を含ませると落ちやすい。

STEP4 / 仕上げ

160111_nanouniverse_sneakers_13

160111_nanouniverse_sneakers_14

防水スプレーを15~20cm離して、細かく切るように吹き付けていく。雨に濡れやすいつま先部分は、一度乾かしてから2回に分けてスプレーするのがおすすめ。

Before

160111_nanouniverse_sneakers_16

After

160111_nanouniverse_sneakers_17

コンテンツ提供元:NANO・UNIVERSE LIBRARY

NANO・UNIVERSE LIBRARY

セレクトショップならではの審美眼で選んだ上質な情報をお届けするマガジンアプリ。最先端トレンド­を俯瞰する感覚を覚えていただけるような、世界に誇れる、優れた製品・ブランド・サービスを発信いたし­ます。store.nanouniverse.jp

自宅でできるレザーシューズのお手入れ方法とは?せっかく高価な靴を手に入れても、ケアを怠れば靴の寿命を縮めてしまうことに。 紳士淑女たるもの、日々の正しいお...
ピカピカと光り輝いているからこそ、エナメルシューズは美しいってものです。男女ともにドレスシューズの代名詞でもあるエナメル素材。そんな素敵な靴を台無しにする...
なめらかな風合いが魅力のスエード靴。特に淡い色はその美しさとはうらはらに、雨ジミや泥汚れが付くと落としにくいという厄介な一面も。今回はそんなスエードのお手...
自分の足にぴったりのフィット感にできるところが、ひものついたスニーカーのいいところ。でも、脱ぎ履きするたびにいちいち結び直すのも大変だし、無精してそのまま...
デザインを気に入って買ったのに靴ずれができてしまった。ぴったり!と思って1日履いたらマメができてしまった…。そんなトラブルや痛みなどなく、好きな靴を履けた...
結婚式やお葬式の際、ご祝儀袋や不祝儀袋はどのように持参するのがマナーなのか知っていますか?ふくさに包んで持っていくことは知っていても、渡し方や色の選び方ま...
スニーカーに全く詳しくない私ですら、「Air Force1」や「Air Max」は知っています。一時期よりは少なくなった印象があるけれど、依然として街中で...
スニーカーは選ぶのではなく、変化させる時代になるのかも。理想のデザインとの出会いが稀で、新しく買った洋服とのマッチングが気になったりすること、あるかもしれ...
大人になって長靴を履くのもカッコ悪いし、防水のトレッキングシューズでは重すぎる。かといってスニーカーでは靴下まで濡れてしまうし…。雨の日の「足下セレクト」...
6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。じつは、同日開催されて...
スマートフォンさえあれば、たとえ旅行先でも迷わず目的地に辿り着くことができるでしょう。とっても便利になったかわりに、画面ばかり見てしまってせっかくの旅行先...
夏の終わりから秋にかけて、天気が変わりやすい日が多くなります。急な夕立に見舞われて靴がぐしょぐしょになったり、フェスなどで雨に降られてお気に入りのスニーカ...
空気圧をクッションに使った「エアマックス」、柔らかさと反発性を兼ね備えた新素材「ルナロン」など、次々と新しい技術をスニーカーに投入してきたNike。そのN...
イタリア職人の卓越した技術とモダンなデザインの融合で人気の「オロビアンコ」。C.E.Oのジャコモさんと共にデザインを担当する夫人のバーバラ・フィッシャーさ...
普通に生活していると、なかなかこんなところにまで意識は及ばない。でも、言われてみるとなるほどなと思う。世界初の馬専用スニーカーは、決して単なるオシャレアイ...
いい靴に出会うと、20年だってつき合うことができるといいます。一緒に年を重ねるごとにどんどん自分の足に馴染んでくる。こうなるともう、完全にパートナーみたい...
イタリア生まれの中国人シェフYujia Hu。彼の名前を覚えておいて損はない。もしかして、もしかすると、来年あたりTIME誌の選ぶ「最も影響力のある100...
「オシャレは足元から」なんてセリフがあるように、ファッションにおいて大きな重要性を持つ「靴」。この言葉、大抵の場合は革靴を指して使われているようですが、こ...
水着の季節に気になるのがアンダーヘアの処理。欧米人はアンダーヘアーを処理することは常識で、女性のみならず男性も手入れしている。海外では、アンダーヘアーを完...
軽さや機能、デザインを追求するばかりがスニーカーじゃない。まったく新しいコンセプトでアディダスが開発を続けてきたフットウェアが、いよいよ一般ユーザー向けに...