100%土に還る オシャレな使い捨て紙食器「WASARA」

炭火を使って豪快に料理するキャンプやBBQの場だったら、既製の白い紙皿がよく似合います。けれど、ケータリングや持ち寄った料理を、もっと綺麗で華やかに盛り付け取り分けたい。そんな要望を叶えてくれる紙の器がありました。もちろん、使い捨て。だけど、圧倒的に美しい!

料理を際立たせる
土に還る紙の器

Db4aca6beedf94e189d8ebdeeb0deb45bec74ce7Cd84777fd6165e476233d629926d0ab1c5800e52

お皿を変えただけで、料理が美味しく見えることがありますよね。料理の個性を出すのにも、作る人の世界観を表現するのにもお皿は大事。アウトドアやパーティーシーンでだってその考えは同じはず。

たった一度の使い捨て紙皿であっても、おもてなしの心をきちんと伝えたい。その気持ちに応えるのが、“和の皿”という商品コンセプトを、そのままブランド名に配した「WASARA」です。使ったあとは、100%土に還る。これもまた素敵!

捨てるものだからこそ、
ムダを生まない。

A82902ce3e93054e1fe1c92d0e8d4cabc21ce27b

WASARAの素材は、非木材パルプ。竹とさとうきびの搾りかす(バガス)が使われています。生命力が強く成長の速さに秀でた竹。砂糖の原液を絞ったあとのバガスの年間排出量は、世界で約1億トン近いそう。自然環境に負担をかけず、今ある資源を有効活用する。エシカルなものづくりの原点が、使い捨ての紙皿に込められている。このパラドックスがWASARAの本質であり、面白みなのかもしれませんね。

992b9fc2e844becb0758e9a9a3e2b9627b208a2a

竹とバガスのパルプを漉いて、圧力をかけ、ノリや接着剤を使用せずに作り上げる製法をパルプモールドと呼ぶそうです。この工業製造技術に、温かみのある美しい湾曲や波紋をつけることで、手漉き和紙のようなWASARA独特の風合いが完成。従来の紙コップのように丸められたフチもなく、ゆるやかな断面はまさに陶器のよう。

384bd2b5ef81acfa24c225f3f276e29f9cb94e70

軽くて丈夫、そのうえ従来の紙の器にはない、豊富なバリエーションもWASARAの魅力。カクテルパーティーでも、アウトドアシーンでも活躍すること間違いなし。

平皿、お椀など、さまざまな料理に合わせて使える4種類(各6枚入り)に竹製のカトラリーがセットになった「パーティーセット」が3,285円(税込)。その他バラエティ豊富な紙食器を取り扱うオンラインショップは、こちらから。

100%土に還る!
環境にやさしい使い捨て

C3c11f2950a8964193887a7b568064d61090a7f5

ちなみに、こちらは竹製のカトラリー。もちろん土に還ります。柄の部分にある切り込み。ここをお皿に刺すことで器に固定することができる優れもの。

もうひとつのこだわり。それが、100%土に還る生分解性。竹もバガスも有毒な残骸物を出さずに、やがては土に還ります。人々の集い場で、使い捨てのために作られた紙の器も、最後は自然界へと循環していきます。流麗なデザインだけでなく、WARASAのエシカルなものづくりに共感する人が多いのも分かりますね。

Licensed material used with permission by WASARA Co.,Ltd.
環境保全対策の一環で、7月1日にスーパーで配られている使い捨てレジ袋の配布を禁止した同国。矢継ぎ早に使い捨てプラスチック製食器やカトラリー、カップの販売を...
ハンブルグを拠点に活動するセラミック・アーティストのAngelina Erhornさんがつくってるのは「Origami(折り紙)」を模した食器シリーズ、。...
質問:「あなたは毎日どこで食事をしていますか?」この質問から始める理由は、あなたの答えがこのイケアの食器の必要性を左右するから。すでにロングセラーだった「...
いまや、食器洗浄機を使うことなんて当たり前。でも、ちょっと体力が残っているときは、手間を承知で「手洗い」するのもイイかもしれない。なぜなら、「Little...
もう紙飛行機は、教室のなかを飛び交うだけのものではなくなりました。テクノロジーの進化により、人を助け、命を救うというのです。救援物資を遠隔地や危険地帯に届...
このたび、セイコーエプソン株式会社が開発したのは、使用済みの紙を原料として新しい紙を生産する小型製紙機。オフィスで完結できる、小さく、新しい資源サイクルを...
紀元前から使われている、歴史ある素材「紙」。身の回りにも当たり前のようにあふれていますが、基本的に木の繊維からできているため、大量消費は環境破壊につながる...
アメリカのライフハック紹介サイト「WonderHowTo」で発見した、簡単に包丁を研ぐ方法をご紹介。使用するのは古新聞、これだけ。覚えておいて損はしません...
質問:トイレに入って手を洗った後あなたの選択はどっち?①ハンドドライヤーで乾かす②ペーパータオルで拭く正直、好みの問題と言われればそれまで。でも、真面目に...
鉛筆を差し込み、くるくる回すと”花が咲いた”ーー。だれでも一度は経験があるかもしれません。捨てるにはもったいない輪冠状の削り屑。そこに着目したのが、日本人...
プレゼントの中身は大切だけど、入れものだってその一部。ラッピング次第で、持ち運ぶときの気分だって変わるもの。そして、包むといえば「紙」。では、こんなアレン...
「紙」は、その存在を意識することがないほどに、私たちの暮らしのなかに浸透していますが、パソコンやスマートフォンが当たり前となった今、紙に触れることが少なく...
家や部屋はきれいに片付けておきたいけれど、たまの来客用に机やイスがあると便利だし、たまにはソファも使いたい。でも、できればデザインにもこだわりたい…。いま...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
刺繍のように細かくて複雑なんだけど、どっしりとした迫力があります。一枚一枚を手で丁寧に加工して完成した肖像画は、ペーパーアーティストとして活躍するYuli...
繰り返し使っていても、ちっとも飽きがこないお皿があります。サラダをどっかと盛り付けるときは鉢のように底を深くしてみたり、アペタイザーなら平ぺったいままふち...
動物のレザーや石油を使う合皮ではなく、天然資源を用いた繊維の開発は、今では国際的な課題と言ってもいいほど。そんななか、スペインの「ananas anam」...
バッハやモーツァルト、マリー・アントワネットの写真を教科書で見るたびに、あまりにも特徴的な髪型が気になって仕方がありませんでした。歴史に名を残す彼らが、ど...
近頃流行りの「紙パックゼリー」って知っていますか?なんと、読んで字の如く、“紙パックごと固めてしまう”ゼリーなのです。下の写真は、urittedさんが「ジ...
ペーパークラフト作品をつくっているAliaksei Zholnerさん。彼がアップしている数々の動画には、なんと実際に稼働するエンジンの姿が。全部紙で出来...