ある場所でのみ楽しめる「透明なトマトジュース」って?

トマトジュースといえば、サラサラやドロドロなど口当たりの違いこそあれ、色は赤が当たり前。ところが、「ある場所」でのみ楽しめる、透き通った金色のトマトジュースがあるのだそう。

果たして、その正体とは?

「ななつ星」でのみ提供!
シャンパンゴールドが美しい…

4628602388df7ec5088ea66f0bd9dd1f43413a04

シャンパンゴールドに輝くこのトマトジュース。実は、2013年に運行を開始し話題を呼んだ、JR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九州」でのみ提供されているもの。どうやら、沿線にある宮崎県都農町の観光協会が「特産トマト」のPRのために開発したのだとか。

Ef398f170da0a8c4faccf081ade74f0d182ae3d6

ほとんど濁りがないだけに、「味が薄いのでは?」と思ってしまいますよね?でも、トマトの香りや味はしっかり残っており、酸味も穏やかに仕上がっているとのこと。

0d33195ddb32b395ea35ef011ec69fe46053608d

濃厚な味の秘密は、糖度の平均値がメロンと同等の「フルティカ」という高級品種を使っていること。これまで使っていた「ごくとま」にも増して、力強く味わい深いものとなったそうです。さらに、それを最低4日かけてろ過するという手間のかけよう。そのため、トマト10キロから取れるジュースの量は、わずか2.5リットル程度。なんて貴重な一杯…。

豪華寝台列車でのみ楽しめる「贅沢すぎるトマトジュース」。ぜひとも、一度は飲んでみたいですよね!

Licensed material used with permission by 都農町観光協会
まるまるとして、皮がパツンとはじけるように張った真っ赤なトマト。野菜のなかでもなぜトマトが好きなのだろうと考えてみたら、それはきっと、見ているだけで元気を...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
冷蔵庫を開けた時に、トマトしかない。でもお腹を満たしたいし、美味しいモノを食べたい! ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズに応えます。...
トマトの酸味はごはんともよく合います。ただし、チキンライス(ケチャップ)にしろ、トマトカレーにしろ、ごはんのおかずとなり得るには「じっくり煮込まれている」...
南米で初となった豪華寝台列車は、ペルーの世界遺産の街から有名観光地へ、アンデス山脈や谷間などを走り抜けながら大自然を堪能できる。食や内装もペルーに特化して...
冬に旬を迎えるホタテ。寒くなるにしたがって身が分厚くなり、甘みも増しておいしくなります。このホタテの旨味をいっそう引き立たせてくれる組み合わせがトマト。イ...
トマトの植え込みに最も適したシーズンが、4月〜5月にかけて。つまり今が最旬期。そこで、斬新でカンタンな栽培方法を動画でご紹介。これホント?と、思ってしまい...
バルセロナから地中海に沿って約350km南に、バレンシアという街がある。ヨーロッパを自転車で旅していたとき、この街に立ち寄った。目的は、バレンシア郊外のブ...
サラダなどで目にする「カッペリーニ」という名の細いパスタ。トマトやバジルの冷製パスタで目にしたことがある方も多いかもしれません。ただ、どうしても冷製という...
これは「スペッツァティーノ」という名のイタリアン。肉を切ってさっと煮込んだ料理という意味なのですが、これをマンマの要領でちゃっちゃとつくるのは、慣れていな...
日本各地を走る豪華列車は、ここ数年で急激に増加。列車が単なる移動手段ではなく、旅の目的そのものになりつつあることが分かります。こうした豪華な列車旅、その本...
食べ残ったパンが固くなってしまったときの、おいしい再利用法に「パンツァネッラ」や「チロラー・グルストゥル」がありますが、パン食がメインの国にはどこも同じよ...
果樹王国の山形県に、1927年からつづく「りんご農園」があります。その自家農園産のりんご100パーセントで作ったジュースは、種類によって、酸味や甘み、のど...
これまで、タイヤの材料のことなんて考えたこともなかった。でも、研究者たちは違ったみたい。「当たり前のものを疑う」という彼らのスタンスを、改めて見せつけられ...
冷製スープが美味しいこの季節。不動の人気ヴィシソワーズですが、フランス発祥と思い込んでいる人が意外と多いんですよね。このスープを開発したのはアメリカ在住の...
ある意味、これは“走るイルミネーション”。だけど、単なるクリスマス用のデコレーションを施したお気楽列車な訳ではありません。今年で18年目を迎える、カナダ太...
なんとこれ、注いだ水がそのままジュースの味に変わるそうです。なにかが溶けていくのでしょうか?いやいやそれだったらまったく驚きませんよね。注がれたあともカッ...
かつて、フランス料理において泡=タブーな時代がありました。漉しが足りなかったり、温度が高すぎたり…料理人はスープやソースから泡をなくすべく格闘していたので...
「Natural News」でパイナップルが咳の緩和にいい、といった内容の記事が掲載されていたので紹介します。インドで行われた調査では、パイナップルに含ま...
フィンランドに拠点を置くLimonade社が開発した、世にも珍しい“ペットボトルキャップ”を紹介。ただの水がジュースに変わるって、一体どういうことなのでし...