【世界最小】塩と水で発電できるモバイル燃料電池「JAQ」

塩と水の化学反応で発電し、デバイスの充電ができる!と話題なのが、モバイルチャージャー「JAQ」。残念ながら、自分で塩水を注いで無限に充電できるというわけではありませんが、定期的に充電していなければいずれ使えなくなってしまう従来の充電池と違い、いつでもその場で発電して電力を供給できるのが特徴です。

必要なのは、充電器本体と使い捨てのカートリッジ。挿しこむと発電が開始するので、USBを繋げばデバイスの充電が可能です。

塩水で発電!?
携帯できる燃料電池

42be640ce9fc38edda9f3dd83bb71958c7e21eea

左側に見えるのが本体に挿し込まれた「PowerCard」というカートリッジ。1枚で発電できる容量は、スマホ1台分をほぼフル充電できるくらい。これまでの電池と何が違うかというと、前述したとおりその場で発電できるというシロモノ。リサイクル素材で作られており、使い終わったらそのまま捨てられるものだそうです。

これまでにも携帯できる燃料電池はありましたが、化石燃料を使用していました。その点、開発した「myFC」社はよりクリーンな燃料電池であると主張しています。

本体サイズは127 x 77 x 21mm、重さ180g。カートリッジは 96 x 68 x 6.5mm、重さ40グラム。両方合わせた重さは、「iPhone 6」を2台分持つよりも少し軽いくらい。

ホームページによれば、年間契約で1ヵ月4.9ユーロ(約650円)から利用可能になるとありますが、詳しい情報については事前予約することで最新情報を受け取れます。まだ明かされていない素材の詳細が気になるところですが、続報に期待しましょう。

Licensed material used with permission by myFC
フィリピンのおよそ7,000の島々では、現代でも電力インフラが不足しており、明かりのない生活をしている人々が多いらしい。これまでは、石油ベースのオイルやロ...
「本日は〇〇航空をご利用いただき、誠にありがとうございます。当機は羽田発ホノルル行きです。なお、フライトには廃材を再利用したバイオ燃料を使用しております。...
2015年9月16日。スウェーデン政府は翌年の再利用可能エネルギー開発費に、45億クローネ(およそ650億円)の投資を予定していると発表しました。最終的に...
シンガポールの国立大学、南洋理工大学(Nanyang Technological University :NTU)の研究でリチウムイオン2次電池(蓄電池)...
カナダの企業「Carbon Engineering」が開発したのは、空気をフィルタリングすることで二酸化炭素濃度を削減することができる新しいシステムだ。加...
人肌程度の体温をもとにして電力を賄える懐中電灯が開発されました。「熱電式発電機」を利用したシンプルな構造になっており、指で触れるだけでライトがついちゃいま...
手の平に収まる程度のキューブ、小さなカメラに、薄いひし形のデバイス・・・実はこれ、世界最小クラスのIoTホームセキュリティシステム『Cube(キューブ)』...
そのサイズ、わずか2.2cm×2.2cm!重さはたったの7グラム!驚異的にスリムなミニドローン「SKEYE Pico Drone」がとにかく凄いんです。め...
震災などの影響もあり、環境に配慮したアイテムを好む人たちの間では、「ちょっとオシャレな発電器」のブームが続いています。パーソナルなソーラーパネルや、手回し...
燃料は水だけ!?ブラジル人発明家の男性がつくりだしたバイクは、ガソリンを使わずに走れて、たった1リットルの水で500kmもの距離を走行することができるとい...
東日本大震災とそれに伴う原発事故発生を目の当たりにした、一人の若きエンジニアが、代替エネルギーに革命をもたらす事業を展開している。彼が目をつけたのは風力。...
ピアノを折りたたんで持ち運べる!そんな新しい楽器が開発中。「Makuake」で資金を募っている「モバイルグランドピアノ」は、88鍵盤で全長は110.4セン...
地球上の約7割が海。「海水を真水に変える」それは、世界の技術者たちが、こぞって研究開発を進める分野のひとつ。ライターJoe Martino氏が「 Coll...
約20年前に発売された折りたたみ自転車「トレンクル」です。両親がサイクリング用に購入したようですが、ほとんど乗らずに実家の倉庫に眠っていたものを譲り受けま...
「Science Daily」に、中国海洋大学と雲南師範大学の科学者によって開発されている、太陽光と雨粒の両方から発電可能なソーラーパネルが紹介されました...
間違いなく“世界最小”の弁当がここに誕生しました。「BENTO WATCH」と名付けられたソレは、どこからどう見ても腕時計。しかし、中には、ご飯と栄養たっ...
コーヒーとドーナツを手にした男性2人が、路上に座り込んで朝から談笑しているこの写真。見たまんまですが、注目して欲しいのは彼らが腰を下ろしている場所。脇すれ...
ベビーカーには大きく分けて2種類が存在するのですが、この違いをよく知らずにいたのが2児の父であるこの私。オフロードバギーのような重厚感に一目惚れして手に入...
NASAとミシガン大学の共同開発により、自然治癒する「壁」が開発されました。まるでSFのような話ですが、蓋を開けてみるとその構造はとてもシンプル。ポリマー...
再生可能エネルギーのひとつとして注目が集まる太陽光発電。起伏に富んだ日本の国土では、あの黒いパネルを無数に設置できる発電所の敷地確保は、意外に困難なんだそ...