都内では珍しい「源泉掛け流し」の温泉で癒されたい・・・

東京都内では珍しい、源泉掛け流しの温泉。実は板橋にあるって知っていましたか?しかもココ、内装もめちゃくちゃ素敵なんです!

源泉掛け流しへのこだわり

B59663c9a4fcb48109fca825094081e01557fb1e

「本物の温泉を楽しんでいただきたい」

そんな想いがもとになり、ここ「さやの湯処」では源泉掛け流しの浴槽を設けている模様。加水や循環ろ過、薬剤の投入はせず、敷地内にある源泉井戸から直接浴槽へ天然の温泉が注がれています。浴槽に注がれて初めて空気に触れるため、温泉の成分が酸化しておらず、その場でほんのりと白濁し、お湯が「うぐいす色」に見えるのだそう。

116ea330af10997aa1badd63d2431ef8466b1bb32b0a4186dd72a775d2a0fcf972fb1a2690207b95Bdf0485ff05753638144b60558112f211f9b34ef

PH7.6の弱アルカリ性、塩分濃度の高いナトリウム塩化物強塩温泉は、塩分が肌に付着し汗の蒸発を防ぐため、保温性に優れ、浴後いつまでもポカポカ感が残り湯冷めしにくいのが特徴。その事から「熱の湯」とも呼ばれています。

B0e5e123227e2ea7f30725f7be821f93348dec9475461a2d0a8720502646586bffc9825f4dedb36c

館内に足を踏み入れると、目の前に広がる枯山水の苔庭と食事処「柿天舎」のどこか懐かしい佇まい。この庭と建物も人々を惹きつける大きな魅力でしょう。

05dd086eaa013ea9787f622f7d0575f48200d49a

ちなみに、意外に思う人も多いかもしれませんが、東京は日本の隠れた温泉地。10㎢あたりにいくつの温泉施設が存在をしているかを表す「温泉密度」において、神奈川、大分、静岡に次ぐ4番目。23区だけに絞ると1位の神奈川を上回る“日本一の温泉地”になるのだとか!

4ff819e9c00baca08bdbee7e82de42f803a816c4

「さやの湯処」は都営三田線 志村坂上駅から徒歩8分。すぐ身近にありながら、 仕事や普段の忙しさで忘れがちな“優しい時間”を取り戻せる。そんな東京の日帰り温泉です。

Licensed material used with permission by 前野原温泉 さやの湯処
温泉を紹介する動画と言えば、ちょうどいい感じの美人が、ちょうどいい感じの色気で、ちょうどいい感じに腕とかにお湯をかけておけばいいと思っていたけど、そうでも...
大分県は、全国一の源泉数と湧出量を誇る別府温泉をはじめ、「行ってみたい温泉」で常に上位にランクインする由布院温泉など魅力的な温泉がそろっています。趣ある町...
シュワシュワ〜っ。まるでラムネの中に全身を浸けているような気分の温泉があるらしいのです。その名もずばり「ラムネ温泉館」。さすがに甘くはない(笑)ようですが...
「#東北が美しい」 そんなハッシュタグをつけたくなるのも納得のこれらの写真は、@yossy_photoさんが撮影し、Twitterに投稿したもの。タイトル...
日本三名泉のひとつでもある群馬県の草津温泉。 おやつを食べながら散策したり、伝統の湯もみショーを見学したり、昔ながらの入浴方法を体験したり…。 ちいさな温...
道後温泉といえば、『日本書紀』にも登場する日本最古の温泉。 夏目漱石の小説『坊っちゃん』にも描かれるなど、愛媛県を代表する観光地として知られている。そんな...
日本最古の温泉である道後温泉と蜷川実花氏のコラボレーション企画「蜷川実花×道後温泉 道後アート2015」。グランドオープンから約2ヶ月が経過した現在、In...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
世界第5位のエネルギー消費国でありながら、原子力を除いたエネルギー自給率はたったの5%という日本。しかし、まだまだ活用されていない資源があるのを知っていま...
家庭で作ったうどんやサラダをより美味しくーー。そんなときに活躍するのが温泉卵。でも、いざ作ろうとすると、意外と面倒で時間がかかるものですよね。ただし、@T...
アラスカに接するカナダ北西部のユーコン。ここに100年以上続く天然温泉(Takhini Hot Spring)がある。ミネラル分が豊富な42℃の源泉がこん...
注目フードから、まるで秘境のようなビーチまで、この夏に行ってみたい「東京都内のおでかけスポット」をまとめてみました。うまく連休がとれないときや、ぽっかり休...
「日常の喧騒から抜け出し、自然の中でリラックスしたい!」そんな思いから、人は温泉旅行へと出かけますよね。でも、ここで紹介する宿の“自然”へのこだわりは、私...
オーストラリアに乳児専用のスパがあるよう。なんでも、そこを訪れたベビーたちはみんな、見ているこちらもニンマリしてしまう程の満足そうな顔をするんだとか。私の...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
最愛なる恋人との別れは、心がとても痛むもの。でも、いつまでも悲しみにふけるよりも、思い切って旅に出てしまえば、意外と早く立ち直れるかもしれません。女性ライ...
瀬戸内海に浮かぶ島々を舞台に開催される「瀬戸内国際芸術祭」。そのイメージもあってか、四国にはどちらかというと「海」のイメージがありませんか?いえいえ、張り...
Facebookやインスタを見ると、いつも誰かが南の島で楽しんでいる。うらやましい。僕も行きたい。我慢は、できない。単調に過ぎていく日常からどうにか抜け出...
“非日常がまるで日常になる、シェアする旅の宿”。さまざまな国籍・年齢・キャリアの人々が、世界各国、もしくは日本各地から訪れます。近年ではリノベーションされ...
7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計、しつらえ...