もののけ姫にも登場!?「湯もみ体験」もできる草津温泉の魅力

日本三名泉のひとつでもある群馬県の草津温泉。 おやつを食べながら散策したり、伝統の湯もみショーを見学したり、昔ながらの入浴方法を体験したり…。 ちいさな温泉街に楽しみがいっぱい詰まっています。温泉や建物、老舗の味を楽しみつつ、草津を散策してみましょう。

まずは、草津温泉の
シンボル的存在「湯畑」へ

sectionImage_2_1

毎分4000リットルもの自然湧出量を誇る、草津温泉の源泉である「湯畑」。湯の花を沈殿させて採るための木の桶が並ぶ風景は、まさに日本三大名泉、草津独特のものです。 湯畑の周りは瓦を敷きつめた歩道、石柵、白根山をかたどった「白根山ベンチ」など湯上がりの散策が楽しめる公園となっています。 お昼と夜とでは、ライトアップもされてまた違った雰囲気になるので楽しめますよ。

近くには、「湯けむり亭」という、江戸時代にあった共同浴場「松乃湯」を再現した総檜造りの足湯施設もあります。

ここでは、「湯畑」からひいた温泉を湯だまりで触れられ、地元の方とのコミュニケーションがとれるのも楽しいですよ。 24時間無料で利用できるので、ぜひ利用してみましょう。
温泉街の中心に位置する「湯畑」で、硫黄の香りを感じつつ、もくもくとあがる湯けむりを眺めれば心安らぐ気分になります。

湯畑のすぐとなりにある、
「熱の湯」

1707265915924150

湯畑の西側にある「熱の湯」では、伝統の“湯もみ”がショーで見られるほかに、体験することもできます。

そもそも、湯もみとは、六尺板とよばれる木の板を使い、源泉の湯の温度を下げるのが湯もみです。 そのほかに、お湯をやわらかくする効果や入浴前の準備運動になることから考え出されたものだそうです。湯もみをする際には、草津節「ドッコイショ」、草津湯もみ唄「ヨホホイ」、草津小唄「ヨイトサノサ」の3種類の「湯もみ唄」をうたいながら湯もみをします。

普段は女性が湯もみをしていますが、月に数回だけ若い男性が行うショーもあるので、ぜひホームページをチェックしてみて下さいね。

みやげやおいしいものがそろう
「西の河原通り」

sectionImage

湯もみ体験のあとは、「西の河原通り」に行ってみましょう。
湯畑から西の河原公園に向かう通りで、飲食店やおみやげ物店などがずらっと並ぶ西の河原通り。温泉まんじゅうを蒸かす煙が漂い、温泉情緒たっぷりの場所です。

浴衣を着て歩くとますます温泉街気分も味わえそうですね

sectionImage_6_2

また、草津温泉町内をぐるっとまわるなら、巡回バスを利用すると便利です。 1回乗車100円で運行しています。
紅葉も色づきはじめ、これから季節に向けて草津で温泉旅行しませんか?

コンテンツ提供元:ことりっぷ

 

ことりっぷ

働く女性が週末に行く、小さな旅を提案する旅行ガイドブック「co(小さい)+Trip(旅)ことりっぷ」のWEBマガジン。日常や旅に関する、ガイドブックでは伝えきれない情報をお届けします。co-trip.jp/

東京都内では珍しい、源泉掛け流しの温泉。実は板橋にあるって知っていましたか?しかもココ、内装もめちゃくちゃ素敵なんです!「本物の温泉を楽しんでいただきたい...
加賀百万石の歴史と現代の文化が調和している街、「金沢」。 兼六園や金沢城公園、ひがし茶屋街といった歴史的建造物など、城下町の情緒あふれる街並みがとても美し...
シュワシュワ〜っ。まるでラムネの中に全身を浸けているような気分の温泉があるらしいのです。その名もずばり「ラムネ温泉館」。さすがに甘くはない(笑)ようですが...
温泉を紹介する動画と言えば、ちょうどいい感じの美人が、ちょうどいい感じの色気で、ちょうどいい感じに腕とかにお湯をかけておけばいいと思っていたけど、そうでも...
鎖国の間も日本で唯一、海外に港が開かれ、さまざまな人や文化が行き交った長崎。その文化交流の中でも、日本の「和」、中国の「華」、オランダの「蘭」が交わって表...
「#東北が美しい」 そんなハッシュタグをつけたくなるのも納得のこれらの写真は、@yossy_photoさんが撮影し、Twitterに投稿したもの。タイトル...
大分県は、全国一の源泉数と湧出量を誇る別府温泉をはじめ、「行ってみたい温泉」で常に上位にランクインする由布院温泉など魅力的な温泉がそろっています。趣ある町...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
道後温泉といえば、『日本書紀』にも登場する日本最古の温泉。 夏目漱石の小説『坊っちゃん』にも描かれるなど、愛媛県を代表する観光地として知られている。そんな...
家庭で作ったうどんやサラダをより美味しくーー。そんなときに活躍するのが温泉卵。でも、いざ作ろうとすると、意外と面倒で時間がかかるものですよね。ただし、@T...
「眠り姫病」。その過酷な症状とは?「眠り姫病」(Sleeping Beauty syndrome)と呼ばれる病気がある。おとぎ話の『眠れる森の美女』を思い...
日本最古の温泉である道後温泉と蜷川実花氏のコラボレーション企画「蜷川実花×道後温泉 道後アート2015」。グランドオープンから約2ヶ月が経過した現在、In...
スタジオジブリの映画が海外でも人気なのは、言わずもがな。ですが、あまりに好きすぎてタトゥーを彫っている人たちがいることをご存知ですか?トトロからカオナシま...
「日常の喧騒から抜け出し、自然の中でリラックスしたい!」そんな思いから、人は温泉旅行へと出かけますよね。でも、ここで紹介する宿の“自然”へのこだわりは、私...
世界第5位のエネルギー消費国でありながら、原子力を除いたエネルギー自給率はたったの5%という日本。しかし、まだまだ活用されていない資源があるのを知っていま...
アラスカに接するカナダ北西部のユーコン。ここに100年以上続く天然温泉(Takhini Hot Spring)がある。ミネラル分が豊富な42℃の源泉がこん...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
「湯道」とは、放送作家・小山薫堂氏が唱える究極の「湯」の作法、様式、芸道のこと。曰く、「華道や茶道に決められた美しい手順、所作があるように、湯道にも湯、自...
人生は旅のようなもの。旅で大切にしたいのは、どこに行ったかよりも、何を感じ何を考えたか。だからこんな「トリップ体験」ができたら、どんな国を訪れるよりもよっ...
旅において、どこにお金をかけるかは人それぞれ。LCCを使う代わりに豪華な食事を楽しむ、あるいは食事はコンビニでもいいけれど、ショッピングは豪快に、などなど...