この場所でスマホを使ったら罰金約35,000円。サンフランシスコに出現した「とある看板」に考えさせられる・・・

「No Tech Zone(テクノロジー禁止ゾーン)」と書かれている。この標識が設置されたのは、米・サンフランシスコにある「Alamo Square Park」がある通りだ。画像を見てみよう。

#notechzone ?

A photo posted by Nick Stonehocker (@rickrockthrower) on

ガーディアン」紙によれば、この看板は、2015年9月21日の朝に突如設置されたらしい。何の目的で誰が置いたのだろう?と議論が巻き起こったが、翌日の午前中には消えていたという。地元当局も、誰によるものかわからないと回答した。

記載にはこうあった。

「携帯電話、タブレット、ラップトップ、スマートデバイスは禁止。違反した場合、300ドル(約35,000円)の罰金」

サンフランシスコといえば、世界最先端の街。「未来都市」とも呼ばれるような場所だ。看板が設置されていた場所が、Googleの社員用シャトルバスの停留所付近だったことから、テック企業に憤りを感じた何者かによる“静かな抵抗”だったのではないかと噂された。

街の住民の声は様々だ。なかには「取り外されてしまったことが残念」という意見も。誰もが首をかしげる珍事件だったが、2週間後再び公園内に看板が現れることに。一体誰が!?

アーティストによる
パフォーマンスアートだった!

じつはこれ、サンフランシスコ在住のアーティスト、アイヴァン・キャッシュ氏によるパフォーマンスだった。各メディアに謎の事件として取り上げられたのち、TVなどに本人が出演し、その真相を語った。その様子が上の動画に収められている。

7160b82e9095c2ee438e2df8881fcd04cd5622df

再び突如として現れた看板。今度は公園内に設置され、多くの人の間で話題に。

5fa8dfc57889f565c242e61f9798d7d379320ea0

デバイスの持ち込みを禁止する看板を、スマホで撮影する人々。

4aca2e4fdeff636ac600984c9b45be99b0040354

指をさし、不思議そうに見つめる通行人。たしかに「ナニコレ?」と感じてしまうのは想像に難くない。

キャッシュ氏は、もともとニューヨークで生まれ育ち、サンフランシスコに移住してアートスタジオを始めた。元Facebook社員であり、テクノロジーに精通している。

「テクノロジー産業が、友達を雇用し、好きなモノやサービスを作り、支払いまで管理しています。わたしはこれを課題と捉えています。世界中の人々や、あらゆるものへの繋がりが、スマホ画面を通して行われています。サンフランシスコは特にそう」

「都市部で暮らしていても、公園に行けば街の喧騒から離れられます。どこか外に出たくなったときに訪れますが、通行人を眺めていると、せっかくの景色や心地いい音ではなく、スクリーンに目を寄せている人が多かった。わたしは、この看板が人々が会話するためのきっかけとなり、少しでも笑顔になってくれればと思っています」

看板は1枚100ドルで販売されている。もちろん私有地での使用に限るが、デジタル断捨離を考えるきっかけにはなるかもしれない。

Licensed material used with permission by Ivan Cash
2016年2月某日。インフルエンザが流行しているポーランドの首都・ワルシャワに、とある看板が出現しました。コレ、一体なんだと思いますか?実はこの看板、赤外...
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
道行く人がつい足を止め、気になって見てしまうちょうど良さがキモ。特に奇をてらった内容ではないけれど、なんとなくリラックスできるイラストが日々描き続けられま...
気候変動対策の一環として、カリフォルニア州サンフランシスコが推進してきた法令が2017年1月より義務化されます。アメリカのどの州にも先駆けて、“エコフレン...
旅行は楽しみですが、空港での待ち時間って長くてストレスがたまりますよね。とくに年末年始は混み合っていて、それだけでも疲れてしまいます。でも、米・サンフラン...
街角で突然看板を使ってパフォーマンスを始める男性・・・その得体の知れない絶技が凄すぎるとSNS上で話題沸騰中!一体何者だ?Post by helloU. ...
この望遠鏡を使って実際に月を撮影した映像がコチラ。「スマホ天体望遠鏡PANDA」というカワイイ名前からは想像が付かない性能の高さが話題のようです。組み立て...
実物を前にしたら目をまん丸くして、まじまじと見てしまいそう…。これは、アメリカを拠点に活動するScott Weaverさん(57歳)の「Rolling T...
スマホ依存が家族に及ぼす影響をシニカルに捉えた広告作品「Phone Wall」を紹介します。中国の心理学研究所が広告会社に制作を依頼したもの。急速に発展す...
海外を旅行するとき、盗難には注意が必要。たとえばスマホを無防備にポケットに入れていては、スルッと盗られてしまう可能性大です。この「C-Safe™ Pock...
いまやスマホでお湯が沸き、炊飯器にタッチするだけ自分の好みのお米が炊ける時代。家電がネットにつながり、暮らしがどんどんスマートになってきた。けれど、値段だ...
スマホでの動画撮影は、もはや日常にありふれた行為。手ブレを抑えるスタビライザーは、すでに多くの種類が発売中です。でも、ここで紹介する「SMOVE」は、スマ...
10年前に比べて、私たちの生活を一変させるほど便利にしてくれた一方で「つながりすぎ」に疲れてしまった人も多いのでは?そうです、スマホの話です。ひとりの時間...
もしも、スマホを盗まれてしまったら?画像や個人情報を見られてしまうなど、様々なリスクが予想されます。オランダに住む映画学校の学生、Anthonyさんも過去...
11月15日、「コロラド州歳入局」が運転免許証デジタル化の試験導入についてリリースを発表しました。一部似たようなテストが行われていたアイオワ州や、アイダホ...
スマホのサイズが大きくなってからはバンガーリングや、チェーン付きケースのように、+αで工夫するアイテムも増えているけれど、YANKO DESIGNの「スマ...
なぜかいつもスマホの液晶がバッキバキの人っていますよね。注意しているつもりが、うっかり落としちゃって…。気休め程度に保護シールを貼っていても完全に防ぐこと...
何気なく見た動画に、大きく心を揺さぶられることがあります。忙しい日々のなかで見落としていることや、もっと目を向けるべきだった出来事の数々ーー。ここで紹介し...
そう聞くと、「ニコニコ動画」や「ツイキャス」と何が違うの?と考える人もいるはず。でも、「Fanify」には2つの大きな差別化ポイントが。このアプリを使えば...
Igor Morski(イゴール・モルスキー)は、現代社会を風刺した多数のイラストを発表しているポーランドのアーティスト。温暖化や監視社会、まるで何かに操...