世界80ヶ国のサロンが導入するヘアオイル「OI」って知ってる?

ドライヤーの熱や乾燥によるダメージから髪を守り、ツヤ髪をキープしてくれるヘアオイル。でも、ヘアオイルってベタついて重くなるんじゃないの?そんなイメージを持っている人にぜひ知ってもらいたいのが、オシャレなパッケージがひと際目を惹く『davines(ダヴィネス)』OI oil(オイオイル)です。毎日のヘアケアだけでなくスタイリングにも使えるこのヘアオイル、今、世界中のサロンからその実力を認められているんです

世界80ヶ国のサロンが導入
イタリア・パルマ生まれの
『davines』って?

160314_confortjapan_001ダヴィネスは、北イタリアの美しい小都市・パルマで、ガラスの香水瓶を製造するアトリエとしてその歴史をスタートさせました。その後、ヘアケア製品やスキンケア製品の開発に着手し、1993年にサロン向けにプロユースの卸売りを始めると、その評判は瞬く間に世界に広がって行きました。今では世界80ヶ国のサロンで選ばれているヘアケアブランドです。 ダヴィネスのヘアケア製品は、「naturaltech」「authentic」「moreinside」「oi」という4つのシリーズが展開されています。

ニンジンの100倍のβカロチン
1番人気の『OI』シリーズ

160314_confortjapan_003ダヴィネスの中で、日本でも、そして世界中でも1番人気なのが「OI」シリーズのオーガニックトリートメントヘアオイルです。コンセプトは、ズバリ“相反する物の調和”。すべての髪質に対応し、「軽い」のに「しっとり」まとまるスタイリングを実現してくれるオイルと評判で、世界中のヘアスタイリストやセレブリティに愛用されているんです。

「OI」シリーズのすべてのアイテムに自然由来のルクオイル(ベニノキ種子油)が使用されています。ルクの実はアマゾンで発見された希少な果実で、ネイティブアメリカンが強い日差しや乾燥から肌を守るために使われていたもの。ドライヤーの熱に強く、保湿力があるのも頷けますね。ニンジンの100倍のβ-カロチンが含まれており、パサついた髪や傷んだ髪を補修、日差しによる乾燥対策にもオススメです。

スパイシーなバニラ
やみつきになる香り

160314_confortjapan_002『OI オイル』は、やみつきになる香りも大きなポイント。甘いバニラの中にちょっぴりスパイシーなアクセントの効いたオトナな香りに、やみつきになる人が続出。髪への効果はもちろんのこと、この香りをまとうために使っているというユーザーもいるとか。

トリートメントも
スタイリングもOK!
1本で2役

『OI オイル』のスゴいところは、コンセプトの“相反するものの調和”が示す通り、しっとりとしたボリューム感がありながら、サラサラな軽さもある髪に仕上るところ。指通りが良くなりツヤも出るので、誰でも豊かでゴージャスな髪質が体感できるのではないでしょうか。トリートメント使いだけでなく、毎朝のスタイリングにも重宝しそうです。

美容師直伝!
『OI オイル』2つの使い方

そんな『OIオイル』の上手な使い方を、サロンの美容師さんに実際にアドバイスしていただきました!

まずは通常のトリートメント使い。
お風呂上がり、軽くタオルドライした後『OI オイル』を1、2プッシュ手に取り、髪全体に馴染ませ、ブラシでとかしてドライヤーをかけます。馴染ませる時は手の平で撫で付けるようにするのがポイント。仕上りはこんなにツヤツヤ、しっとり。でも決して重たくありません!

続いて、お出かけ前のスタイリング使いとして。
乾いた髪に、同じく『OI オイル』を1、2プッシュ手に取って馴染ませます。毛先のパサついているところ中心に付けることを意識すると、ツヤが出やすくなりますよ。その後、軽くブローして完成!オイルが髪1本1本に馴染んでサラリとした仕上り。ツヤもばっちりです。

ベニノキの香りがとにかく良くて、その香りがドライヤーの熱で飛ばずにふんわりと残るので、これなら1日中気分よく過ごせそう。

撮影協力:HanaWa ebisu tokyo hair salon

こんな方にオススメ!

『OI オイル』は、どんな髪質の人にも合うオイルですが、次のような人には特にオススメです。
■パサついた髪に艶を出したい!
■ボリュームを損なわずにうるおいを与えたい!
■傷みがちな毛先を保護したい!

サロンの美容師さんも自信を持ってオススメしているダヴィネスの『OI オイル』、使ったら思わず人にも勧めたくなるとか。気になる方は1度試してみては?

btn_lement_160310_03

Sponsored by 株式会社コンフォートジャパン

路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...
水着の季節に気になるのがアンダーヘアの処理。欧米人はアンダーヘアーを処理することは常識で、女性のみならず男性も手入れしている。海外では、アンダーヘアーを完...
子育てに苦労はつきものですが、とくに異性の子どもの場合、自分の幼少時代の経験が通用しないこともあり、なかなかうまく接することができないことがあります。フィ...
大ヒットの可能性を秘めているヘアピンがあります。発売未定ですが、すでに日本のみならず海外からも問い合わせが殺到中。ただし、単なるファッションアイテムではあ...
近頃、注目されているグレープシードオイル。ワインの製造過程において、ブドウの搾りかすの種子からできるこの食用オイルの、いったいどんなところが優れているので...
大昔に比べれば、海外に行くこと自体はかんたんになりました。実際に現地に行けなくても、インターネットで各国の情報にアクセスできます。ただ、その時・その場所だ...
オイルを使ってうがいをするだけ。手軽にできる美容法として話題のオイルプリング。けれど、「やってみた」という人はまだまだ少ないはず。良いというハナシは聞いて...
テンダーヨホホ研究所主宰泣く子も訛る社会派ヒッピー。 電気関係、ウェブ、文章表現、写真、選挙、先住民技術、などが研究対象。 2015年のテーマは弓矢と足跡...
シングルファーザーとなったパパたちの奮闘ぶりは、なんとなく想像がつくところ。ですが、ここで紹介する仲良し父娘の絆の深め方は、とっても素敵なものでした。父娘...
「編み込み」好きが高じて研究に研究を重ねた結果、もはや趣味の域を超えアートとしか言いようのないヘアアレンジを、毎朝ひとり娘に施すママがいます。まずは、いく...
「Keep It Simple」という言葉を知っているあなたは、ちょっとしたApple通!同社といえば、MacやiPhone、Apple WATCHなどな...
お椀のなかを見たとき、まずこれがお味噌汁なのだ、と理解するまでに少しばかりの時間が必要かもしれません。でも、そんな大胆なひらめきこそ料理家・平山由香さんの...
写真には、たくさんの思い出やストーリーが詰まっているものです。アマチュア写真家であるChris Porszさんは、70年代から80年代にかけて、イングラン...
今日のココナッツオイルブームの火付け役とも言える女性起業家が、「ガマンしないオーガニックおやつ」の路面店をオープンしました。オーガニックなんだけど、ジャン...
最後に図書館を利用したのが、いつだったかうろ覚え。という人も多いでしょう。たとえ本好きだったとしても。IC(集積回路)の導入とともにデジタル化が進み、利便...
次の仕事が見つかるまでは、今の仕事をやめちゃいけない──。そんな世間の常識(?)を無視して退職し旅に出た、エイプリル・バークさん夫婦。彼らは、訪れた11ヶ...
日本に昔から伝わるオイル「椿油」。おばあちゃんが使っていた、なんて人もいるのでは。一般的に「髪に良い」とされていますが、化粧品サイトなどでは「ベタベタにな...
みなさんもきっと食べたことのあるフランスパンとバゲット。どちらもさくさくとした食感の縦長のパンで同じように思われますが、両者は微妙に違うのです。でもその違...
サイクリストにとって、バイク周りのグッズはかっこよく揃えたいもの。「Oi」はミニマルでハンドルになじむ、スタイリッシュなバイクベルです。開発したのはオース...
ルームフレグランスの中でも、人気上昇中のリードディフューザー。ここでは、その魅力をほんの少しだけ紹介します。インテリアとしても◎手間もかからない!数あるル...