【ロシア】経験者のいない「高齢者モデル事務所」が設立

ロシアのとあるファッションブロガーが、高齢者限定のモデル事務所を設立し、世界中から注目を集めています。驚きなのは、全員が経験のない素人だという点。

しかも、フランスやイタリアではなく、これまでファッションとしての文脈ではほとんど語られることのなかった、ロシアが舞台というのもポイント。以下、「Siberian Times」の記事を紹介しましょう。

どれだけ歳を重ねても、
やっぱりオシャレしたい!?

information_items_4237

シベリア出身のクリエイターIgor Gavar氏が、「Oldushka」というモデル事務所を設立しました。ここのモデルは、全員が55歳以上の高齢者。加えて、これまでにモデル経験がない人ばかりを集めています。

inside_alltogether inside_Valeriya inside_Victor inside_three

写真家、そして人気ブロガーでもあるIgor氏は、ある時、シニアモデルの需要があることに気づきました。現在、彼の事務所には男性2人と女性5人のモデルがいます。

「私たちのモデルは55歳以上のみ。これまでに、モデルの経験をしたことはありません。それでも、仕事の依頼は増え続けており、非常に多忙な状況にあります。私はロシアの高齢者は差別的な扱いを受けていると感じており、私たちは彼らにもっと注意を払う必要があると考えています。そして、それこそが私の事務所が行っていることなのです」

高齢女性のファッションを語ることは、ロシアではとても新しい出来事と言えるでしょう。

inside_shooting

モデルには、クライアントとのプロジェクトに応じて4,000〜20,000ルーブル(約6,250〜30,000円)が支払われている模様。

inside_backstage

inside_two

この独自のプロジェクトについて、彼は「強烈な個性とセンスを示したかった」と話しています。ただし、一部の人は、このプロジェクトを否定的にも見ているのだとか。

inside_albina_evtushevskaya inside_irina_5 inside_larisa_iosifovna_63

以上、「Siberian Times」から紹介しました。

ところ変わり、アメリカでは「Harper's Bazaar」の元編集者のInstagramアカウント「Linda and Winks」や、スタイリストとブロガーカップルのアカウント「idiosyncraticfashionistas」など、シニアのファッショニスタが注目を集めることもしばしば。今後どのようなムーブメントに発展するのでしょうか。楽しみ!

Licensed material used with permission by Siberian Times

クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア現役慶應大学院生モデルであり、エシカル・ファッションの情報発信、途上国支援...
 9月15日は敬老の日。でも昔といまでは、かなり「老」という言葉のイメージが変わってきている。昔の「老」は、こうだった。年を重ねて落ち着き、若いころの夢は...
SNSに写真をアップするとき、つい理想の自分のスタイルを演出したくなっちゃいますよね。いつもは本当はそんなに決まっていないときだってあるのに、バッチリ加工...
この、きりっとした目線のダンディーなお方はPhilippe Dumasさん。モデルとして、それなりのキャリアを持っていそうですよね?ところが、仕事を始めた...
合理的な根拠がまったくなくたって、生まれた時からずっと言われ続けてきたら、やっぱり習慣に従うものですよね? ロシア人ライターIrina Tee氏が紹介する...
ヌードの女性がいきいきと躍動する、ちょっぴりセクシーな動画をご紹介。最初に断っておくと、コンテで描かれたデッサン画でのお話…ですけどね。 10人のデッサン...
ロシアの水陸両用車「SHERP」が話題になっています。その理由は、以下を見れば一目瞭然。ぜひ、あなたの目で確かめてみてください。こちらがそのビジュアル。目...
寂れた街のストリートを、夜な夜な吹き溜まる不良どもが占拠する。おもむろに立ち上がると思うとスプレーを一振り。ふと朝目を覚ませば、昨日までなかったそれが、壁...
2015年7月10日、モデルのEkaterina Juskowskiさんが米マイアミのビーチでPVの撮影をしていました。しかし突然背後から船が現れ、その様...
ロシアのウラル山脈に位置する小さな地方都市カチカナル。ここにロシアで唯一の山の上の仏教寺院が存在します。ところが、その寺院がいま存続の危機を迎えています。...
TABI LABOでは、月に一回「ReTHINK=考え直す、再考する」をテーマにしたイベントを開催しています。今回ReTHINKするのは「HOUSE=家」...
2015年6月26日、アメリカが同姓婚を合憲とする判断をした瞬間、世界各地ので多くの人々が、歓喜に湧き、抱き合い、こぶしを突き上げました。その様子は、一夜...
リベリア出身で、LAを拠点に活動する黒人モデルDeddeh Howardさんは、モデル産業のなかに「多様性」が欠けているということを憂いていました。街で見...
アゼルバイジャン在住の風刺画家、Gunduz Agayev氏。彼が国ごとに違う“正義”の捉え方を少し過激なイラストで表しています。「この作品を作るのに15...
家って「建てる」ものだと思っていました。土台を築いて、骨を組んで、壁を打ち付けて…。大規模な設備と長い時間が必要なものだと。でもこれからの時代、たったひと...
ファストファッションブランドの台頭により、劇的に変化したファッション業界。一方で、その生産現場の悲惨な労働環境も問題視されている。大量生産・大量消費の裏側...
夜遅くから始める家飲みパーティー。コンビニでできあいのおつまみを見つけるのも楽しみのひとつですが、コンビニ食材だけでちゃっちゃとつくる、こんなサラダはいか...
サブスクリプションサービスって、聞いたことがありますか?アメリカでは2012年頃からメジャーになったビジネスモデル。日本語では、定期購入や頒布会がこれにあ...
「黒リップ」と聞くと、裏原やゴスロリ系のイメージを持つ方も少なくないはず。でも、ビューティー・メイクアップ界では、2014年にかけて、黒い唇が一大トレンド...
 あらゆるジャンルに神童と呼ばれる天才児たちがいる。美術、音楽、スポーツ、そして食。ここに紹介するOlenkaちゃんもまさにその一人。だけど、彼女の魅力は...