「まるで夢みたい…」キャットアイ症候群の女性モデルが大活躍

今まであったモデルの固定観念を打ち破るような個性的な人たちが、近年ファッション業界に増えているように思います。年齢生まれつきの容姿など、モデルとして活動するならば以前は障壁になっていたであろう要素を乗り越え、ありのままの自分を見せているのです。

ここで紹介するCaitin Stickelsさんもそのうちの1人。生まれつき病気を患っていながらも自信に満ち溢れた彼女の姿は、多くの人々を惹きつけています。

「誰一人として同じではない」

生まれつきキャットアイ症候群を患っている、モデルのCaitinさん。カメラを見つめる瞳には、ブレない自信や強さが満ち溢れているように感じます。

以前「Cosmopolitan」のインタビューでは、「私たちはみな違うと思っています。誰1人として同じような人はいないし、完ぺきな人などいないのです」と語っていました。

フォトグラファーとの出会い
そして人生の転機

実はCaitinさん、今春に有名なファッションフォトグラファーNick Knightに撮影してもらい、『V Magazine』に登場しました。インタビューでは、「母親や叔母はファッションが大好きでした。でも、自分がモデルになろう、とかこの業界で働こうなどとは夢にも思っていなかったのです」と語っています。

雑誌に載ることでこれまでの業界の“常識”を壊したなどとメディアに注目され、彼女は多くの人々に知られるようになりました。そのすべての始まりは、意外にもInstagramだったという事実は「Cosmopolitan」が報じています。

当時、Caitinさんのアカウントにたまたま気づいて魅力を感じたKnight氏は、「一緒になにかしましょう」と提案。「あなたは素晴らしい人なのに私は何者でもないのよ」とただただ信じられなかったということです。

Instagramを覗くと今も様々なフォトグラファーと組んで作品をつくっている様子。

ファッション業界に次々と吹く新しい風。今度はどのような“革命”が起こるのか、注目していきたいです。

Licensed material used with permission by Caitin Stickels
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
最近、ファッション界において「両性モデル」というユニークな現象が起こっている。時にはレディース、時にはメンズ…2つの顔でポーズを決めるファッションモデルた...
「眠り姫病」。その過酷な症状とは?「眠り姫病」(Sleeping Beauty syndrome)と呼ばれる病気がある。おとぎ話の『眠れる森の美女』を思い...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
「慢性疲労症候群」は、極度の疲弊感と微熱、筋力・思考力低下、睡眠障害などの症状が半年以上も続く病。未だ治療法は確立されていない。知名度の低さから理解されに...
リベリア出身で、LAを拠点に活動する黒人モデルDeddeh Howardさんは、モデル産業のなかに「多様性」が欠けているということを憂いていました。街で見...
ドイツで活躍している25歳のモデル、イルカ・ブリュールさんは、生まれてすぐ気道の病気を患い、10回にわたる手術を繰り返してきました。その影響で、目元や、鼻...
NYのフォーダム大学で教授をしているLyn Slaterさんは、ニューヨークファッションウィーク中に友だちとランチに出かけたところ、ジャーナリストにパシャ...
ダウン症でありながらもモデルとなった17歳のJackの言葉が心に響く。決して容易ではない夢を叶えた彼は、ファッション業界に“新たなヒカリ”を見せる存在にな...
ロキタンスキー症候群と呼ばれる疾患を聞いたことがありますか?女性として生まれながら、膣の一部、または全部が欠損している膣欠損症の一種です。ここに紹介するの...
生まれつき右手の一部がないモデルShaholly Ayersさん。現在は広告モデルになったり、ファッション・ウィークでランウェイを歩いたりと大活躍。だけど...
顔の片側もしくは両側に奇形が生じ、眼球にも異常が見られるゴールデンハー症候群。顔にだけではなく、時には心臓をも蝕む恐ろしい病気として知られています。スロバ...
もしいつも一緒に仕事をしている人が、ホームレスだったら?ここで紹介する男性は、一見普通のカメラマンに見えますが実は家を持たないホームレス。彼の名前はMar...
ファッション・ライフスタイルブランド「Julia Janus」の2017,18年秋冬コレクションのムービーは、一般人の老若男女がモデル。年齢や体型も多種多...
SNSに写真をアップするとき、つい理想の自分のスタイルを演出したくなっちゃいますよね。いつもは本当はそんなに決まっていないときだってあるのに、バッチリ加工...
  001.「てっちゃん、南極行かない?」 今月2014年5/1号『BRUTUS』の表紙は、伊藤さんが南極で撮影された写真なんですよね。素敵な写真ばかりで...
ロシアのとあるファッションブロガーが、高齢者限定のモデル事務所を設立し、世界中から注目を集めています。驚きなのは、全員が経験のない素人だという点。しかも、...
Regina Wyllieは、プロのカメラマンとして活躍している9歳の女の子。その写真のクオリティは大人顔負け。一体どうなってるの?よく撮れていますよね。...
カナダの人気雑誌「NOW」の年始特集『Love Your Body』が巷で話題になっている。母乳を飲ませる母、全身火傷を負った男性、タトゥーだらけの女性、...
パッとその一瞬に放つ、光のようなもの。美しいと感じる写真には、光を感じてしまう。ほんのり赤く染まったほほや、シミやそばかすをさらけ出し、初々しさがにじみ出...