「全ての人は美しい」と伝え続ける、女性の眼差しに心を打たれる。

ドイツで活躍している25歳のモデル、イルカ・ブリュールさんは、生まれてすぐ気道の病気を患い、10回にわたる手術を繰り返してきました。その影響で、目元や、鼻周りに歪みが生まれてしまったそう。みんなと違う自分の外見にコンプレックスを抱き、長い間人の目を避けて暮らす日々が続いていたのです。

ところがある日、そんな彼女の人生を180度変える出来事が起こりました。

きっかけは、一通の手紙

B2c822870c5f585bf9576470cc183b03e11c332f

彼女はずっと、フォトグラファーInes Rehbergerさんの撮る写真が大好きでした。その思いを一通の手紙に乗せて送ってみると、なんと本人から直々に返事が。しかもそこには、「モデルをしてみない?」という、思ってもみなかった誘いの文章が綴られていたのです。

「ほんとうに、始まりはちょっとしたアクシデントみたいなものだった」と、彼女は当時のことを語っています。この手紙から、全てが始まったのです。

全てをさらけ出したとき、
「違い」が「個性」だと初めて思えた。

8aa600841cb383931efe4ce8e1dc38d958f574cf

「カメラの前に立つことで、どんな欠点もその人の一部で、全てひっくるめて自分なのだと気付かされた。その中で、最大限に表現する努力が求められている」

仕事として自己表現を求められることで、人目を気にして目立たないようにしてきた、彼女の考え方は一変しました。Instagramに幼少期の頃の自分の姿をアップし、生まれた時から抱えていた病気について告白したのです。その投稿が反響を呼び、直接心に語りかけてくるような強い眼差しは、多くの人から注目されるようになっていきました。

「人は誰でも、その人らしい美しさを持っている」

E4d5820b795c83e1701583a21c39179936da354d4f99a405c02a7bfd1ee58c099735a466cb2b732210fd06fdaf0b4c8b563589d696a5d28d1864dcb955aefeadeb1a82f3c9fcce023c4c281f9d86e560

モデル活動を通して、どんなメッセージを届けたいのかと彼女にインタビューしてみると、こんなふうに想いを語ってくれました。

「ありのままを受け入れることができない限り、きっと自分自身を責めてしまうし、心無い言葉に怯える状況からも逃れられないかもしれない。

たとえ伝統的であってもなくても、大きくても小さくても、パワフルでも細くても、肌が白くても黒くても、見た目が人と違うからといって、劣等感を感じる必要はないわ。

全ての人は、美しさを持って生まれてきているのだから」。

Licensed material used with permission by Ilka Brühl,
NY出身のIrene Yeeさんは、クライミングのプレイヤーでもあり、写真家としても活躍しています。彼女の作品はどれも、たくましくて強い眼差しの女性たちば...
世界で最もレアな髪色は何だか知っていますか?じつは「赤い色」で、世界に1%ほどしか存在しないのだそうです。20ヵ国を訪ね、130人もの赤髪の女性を撮影した...
0歳から100歳まで、101人の女性たちが一糸纏わぬ姿で次々と登場する。彼女たちは、女優でもモデルでもない。全員が素人の女性たちだ。しかし、堂々としたスタ...
リベリア出身で、LAを拠点に活動する黒人モデルDeddeh Howardさんは、モデル産業のなかに「多様性」が欠けているということを憂いていました。街で見...
「birthmark(バースマーク)」という言葉を聞いたことありますか?これは生まれつきある、アザのような皮膚のこと。顔の目立つ部位にできることも多く、悩...
世界を旅するルーマニア人フォトグラファーMihaela Noroc氏は、バックパックとカメラを手に、これまで60以上の国を訪れているのだそう。滞在先で切り...
パッとその一瞬に放つ、光のようなもの。美しいと感じる写真には、光を感じてしまう。ほんのり赤く染まったほほや、シミやそばかすをさらけ出し、初々しさがにじみ出...
 中国の浙江省に住む高齢の女性の歩んできた人生が、世界中で感動を呼んでいる。楼小英(ロウ・シャオイン)さん。これまでに30人以上の捨て子を拾い、育て上げて...
2015年以来、女性の美の基準が変わり始めている。その代表例が「プラスサイズ」。すべての女性の体型を公平に扱おうという動きは、欧米のアパレル業界やメディア...
最近、ファッション界において「両性モデル」というユニークな現象が起こっている。時にはレディース、時にはメンズ…2つの顔でポーズを決めるファッションモデルた...
米メディア「Elite Daily」のライター、Lauren Martinさんがまとめたのは「美しい女性とセクシーな女性の違い」について。その記事によれば...
アンデルセンやグリム童話のワンシーンを思い出すような写真。見ていると、何かが始まりそうなドキドキした気持ちになります。ただ単純にキレイとか美しいだけじゃな...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
第二次大戦が終結して70年の月日が経ちました。戦争体験者の高齢化が進み、次世代へと語り継ぐ人々が年々少なくなっているなか、戦争の記憶の風化が懸念されていま...
ブダペストのフォトグラファー「Márk Mervai」氏は、写真について「Boredpanda」でこうコメントしています。「わたしにとって最も美しいひとと...
「The Atlas of Beauty」プロジェクトは、ルーマニアの女性フォトグラファーMihaela Norocの作品。文化や人種、環境の「違い」とい...
インスタグラムでビフォーアフターを載せることもあるかと思いますが、ここ最近は、それを逆手にとった「写真のトリック」について触れる投稿も増えてきていますね。...
「美」とは、世界共通言語だ。美々しいものは誰が見ても「美しい」と認める絶対的なものであるその反面で、「美」は多様的で、見る者によって感じ方や受け取り側の自...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...