101人の女性がヌードで登場。美しさに年齢制限なんてない

0歳から100歳まで、101人の女性たちが一糸纏わぬ姿で次々と登場する。

彼女たちは、女優でもモデルでもない。全員が素人の女性たちだ。しかし、堂々としたスタンスで、視線を真っ直ぐにカメラに向け、微笑む姿は余裕さえ感じさせる。どの女性も、とてもチャーミングで素敵だ。エロティックさは、微塵も感じさせない。ただただ、美しいのだ。

Daa008eea9cdf412a92976e73b21add8bfde70c0D0fe33bbb6b71ffbec9c6f3ba6e6510bd4ddab55A88ec77855ee44f28f871c734cf1997164d83bd511e2f78058ee85076e37a9db00a82e08e03dcc7fC372c081bdf9b4fa55e5100cb497de5a6bc380a9A30556fd928e677b5f9ae954c8e80fae70e6eb9d24068981dd8335fbdf6f15f6a26e1c77529e42fcB643738a1b5aa8e22436afa8fdd9836ff94eb62bF9ae16caa39e94537377e9cf1f20da97eed5178e609524f22e40205a935f91d6eab507f7a77c84e25f41e721283438a252a96439b75f594f79288e144f974f4b5a166fcce0dfdfd94c2497046e2aefbeE99482ed7bf29570f1a8529cc972f0583c03f928

じつは、この1分間のフィルムは、ノルウェーのドラッグストアであるVitus PharmacyのTVCM。ラストシーンでは、「Your skin will last a lifetime.Take goodcare of it.:あなたの肌は生涯続くもの。肌(自分自身)を大切にしましょう」というメッセージを投げかけているのだ。

クリエイティブを担当したのは、オスロの広告代理店POLのクリエイティブ・チーム。チームのメンバーに直接、話を聞いてみた。

Q:このアイディアが生まれたプロセスは?

A:Health and Wellnessのカテゴリーの広告は、ほとんどが若くて美しい女性が登場するものが多い。でも、Vitus Pharmacyでは、様々な肌と体型の女性に出演してもらうことにしたんだ。しかも、幅広い年齢のね。何故なら、誰だって個性を持っていて、美しさには多様性があるのだから。それに、美しく健康でいることは、年齢の制限はないからね。その事実を皆に伝えたかったのさ。

Q:TVCMがオンエアーされた時は、どんな反応だった?

A:一切レタッチをしないで、女性を自然体で登場させたことは好反応だったよ。多くの人がこのTVCMをシェアしてくれて、ポジティブなコメントをくれたんだ。

Q:撮影中に1番心に残っているエピソードは?

A:多くの高齢の女性たちには、感激させられたよ。彼女たちは、素晴らしい心を持っていて、人生を楽しもうとするんだ。特に、Eva(94歳)は印象に残っているよ。彼女は、撮影の際、回転する台の上に座っていたんだけど、ずっと、笑いが止まらない感じでさ。

とても静かなトーンのフィルムなのだけど、どこかに力強さを感じてしまうのは僕だけではないはず。このTVCMの素晴らしい決断は、どの女性の肌にも一切のリタッチをかけなかったこと。それが、作り物ではない、本物の美しさへと昇華されている理由なのだろうな。

Creative team: Aleksander Erichsen & Thea Emanuelsen / Account director: Kjetil Botten Skogly / Project manager: Tone Bøygard / Agency: POL (Norway) / Photographer: Pål Laukli / Producer: Kristian Hajdu / Production company: Heimlich / Music by: Erlend Mokkelbost og Morten Myklebust / Editing: Paal Gui / Grade: Julien Alary / Online: Storyline

Licensed material used with permission by POL
まるで、奇抜なファッションショーを見ているような気分。緑あふれる自然の中を、全身をカラフルに輝かせながらポーズをとる女性たちの異様な姿。人目をひくこの写真...
米メディア「Elite Daily」のライター、Lauren Martinさんがまとめたのは「美しい女性とセクシーな女性の違い」について。その記事によれば...
サリーとグローブを身にまとい戦う女性、勢いよくクロールをするおばあちゃん、人種を問わず一緒に汗を流すダンスチーム…。この動画は一体なに?宗教・年齢・人種と...
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
自然な状態に近づくためのチャレンジ。それが裸で食事をすることである。という定義はさておき、いま世界では超開放的な「ヌード・レストラン」が大流行中。今度はベ...
ノルウェーの首都オスロでは、英断すぎる交通規制計画が発表され、世界をアッと驚かせています。なんと、2019年までにオスロ中心部約3km圏内への自家用車の乗...
社会的な女性のイメージや他人の評価に流され、自分の体型にネガティブになるよりも、欠点も受け入れて、それを愛せる自分でいることのほうが、よっぽど健康的で自分...
美しいという言葉の概念は、一人ひとり異なるもの。そこで動画メディアの「Cut」は世界中の人々に、ストレートにこう投げかけました。あなたにとって「美しい」と...
子どものころはワクワクしていた誕生日も、大人になるとちょっぴり複雑な気持ちになるもの。それならば、またひとつ大人になることをポジティブに受け止められるよう...
全裸でピッチに立つ女性たちは、オックスフォード大学の女子ラグビーチームです。もちろん、このまま試合に臨んだりはしませんが、彼女たちがこの姿でプレイしてるの...
ノルウェーの首都・オスロに来たなら、ぜひ訪れたいのがグリューネルロッカ地区。アーティストや芸大生たちが好んで住まい、ヴィンテージやユーズドショップが通りに...
「美」とは、世界共通言語だ。美々しいものは誰が見ても「美しい」と認める絶対的なものであるその反面で、「美」は多様的で、見る者によって感じ方や受け取り側の自...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
世界で最もレアな髪色は何だか知っていますか?じつは「赤い色」で、世界に1%ほどしか存在しないのだそうです。20ヵ国を訪ね、130人もの赤髪の女性を撮影した...
先日、ジャスティン・ビーバーが後ろ姿のヌードをInstagramで披露し、大きな反響を呼びました。それに触発されたのかはわかりませんが、Instagram...
「The Atlas of Beauty」プロジェクトは、ルーマニアの女性フォトグラファーMihaela Norocの作品。文化や人種、環境の「違い」とい...
めまぐるしく働く中で、「自分自身でないもののフリ」をし続けていることに気づいたという、東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。男性のフリをやめ、「...
リベリア出身で、LAを拠点に活動する黒人モデルDeddeh Howardさんは、モデル産業のなかに「多様性」が欠けているということを憂いていました。街で見...
「雄大な自然を目の前にすると、自分の悩みがちっぽけに感じる」なんて常套句があります。とはいえ、正直に告白すると、そんな経験は今までにありません。もしかした...
2015年以来、女性の美の基準が変わり始めている。その代表例が「プラスサイズ」。すべての女性の体型を公平に扱おうという動きは、欧米のアパレル業界やメディア...