「貧乳」に感謝しよう。胸は小さいほうが人生がラクチンな28の理由

貧乳女子の強い味方になりそうな記事を「Elite Daily」にて発見しました。それは、自身も貧乳だと語る女性ライター、Laura Argintarさんが綴った「それでも良かったと思う、28の理由」。

「大きな胸でもっと男性を誘惑できたらなぁ」なんて憧れを抱くかもしれませんが、巨乳女子の人生は、決して容易いものではありません。貧乳であることに喜びを感じられる記事を、さっそくどうぞ。

01.
目を見て話してくれる

Cd1575a810d9c709b6a84ae8c665c0a1da560a91

現代人が目を見て話さない理由は2つ。スマホと巨乳。でも私は、そんなことに悩まされることはないの。男性は会話に集中してくれるわ。

02.
シートベルトもきつくない

シートベルトをつけると、巨乳って余計に目立つでしょ?でも、そんなことを気にする必要はないわ。間違って男性を興奮させてしまうこともないしね。

03.
かわいい下着が選べる

私たちにとってのブラは、ただ乳首を隠すための道具じゃない。デザインにだってこだわりたいの。

小さいサイズってどのお店でも大体同じ作りだから、フィットしない…なんて悩むことも少ないはず。

04.
「カラダ目的!?」と心配する必要がない

141ae2ceb5fc1af1c3bd47eae4de1b27aee8f23f

だって私の胸、彼の弟と同じくらいでしょ?

05.
スポーツブラひとつで十分

2つも着けるなんて論外。洗濯が面倒になるだけだから。

06.
食べものを谷間に落とすこともない

ポップコーンを口へ運ぼうとした、谷間へポロッ。そのあと谷間から取り出すのって、ちょっと下品じゃない?貧乳女子なら、スルッと通過して床へ直行よ。

07.
深いVネックも躊躇せずに着られる

巨乳女子が深いVネックを着ると、男性からの視線の集中攻撃は否めない。胸元が毛むくじゃらの男性が深いVネックを着ているときと同じ状況ね。

貧乳女子はそんな問題からも逃れられるの。だって鎖骨をじっと見つめる人なんていないから。

08.
クロップトップがブラに見えることはない

クロップトップは「ちょっと小さめなTシャツ」(私のおばあちゃんによると、乾燥機に入れて縮んでしまったシャツ)のこと。

私たちが着れば、ちゃんとそう見えるし、場合によっては胸が少し大きく見えたりするの!

09.
プッシュアップブラに頼っても自然

パッドが入っているブラって、着け心地がいいの。だからプッシュアップブラに頼ってもエロくなりすぎないのは嬉しいかな。

10.
運動するときも胸が邪魔にならない

97c1d316f17fd2734b5e7eb5ad0f370de87e575d

ジムに行くだけでもひと苦労なのに、胸の揺れを気にしなきゃいけないのはストレスが増えるだけよね。

11.
ノーブラでもOK

ブラを外したって、誰も気づかないわ。だって男性や小さい子どもと同じサイズだから。

周りの目を気にせずにワイヤーから解放されるのは、じつは最高よ。

12.
くびれがキレイに見える

胸が大きいとTシャツが変に前に張ってしまうから、ボディラインがうまく見えないの。でも私の場合、セーターを着ても胴体が長方形に見えることはない。

13.
家族旅行も不快じゃない

5歳児みたいに平らだからナンパもされないし、ビーチサイドで砂のお城をつくって平和に過ごせるかもね。

14.
どんな水着も着こなせる

Efd2dbc8c4bfa1a61ef21babe3337752d32c5c7e

巨乳をちゃんとカバーしてくれる水着って、なかなか見つけにくいらしいの。でも私はどんな水着も大抵フィットするから、オンラインでだって買えちゃう。

「これじゃきつすぎる」なんて悩みとは無縁。たとえそんなことがあっても「ま、いっか」でやり過ごせるの。

15.
大きい胸のせいで腰痛…なんてこともない

胸の重さから肩こりや腰痛になることもないわ。その代わりといったらなんだけど、お尻には自信があるわ。

16.
斜めがけバッグも楽々

「メッセンジャーバッグのストラップが食い込んで痛い」なんてこともないし、風船が2つ突き出ているようにも見えないの。

17.
どんなトップスも気が向くまま

Aa93faa9db3b111b75e2e667badd1d2ad9b89d8f

どんなトップスでも着こなせるところはメリットよね。ファッションが自由に楽しめるのはステキ。

後ろが大きく開いたトップスで、周りに見せつけましょう。

18.
うつ伏せで寝られる

うつ伏せで寝てしまっても、そこまで体への負担はないわ。胸のせいでマットレスから10cmほど浮き上がってしまう、なんてこともないしね。

19.
ボタンダウンシャツを着ても平気

たとえば巨乳の女性は、ボタンダウンシャツとカーディガンを着ているだけなのに、エロく見えちゃうでしょ?

でも私たちなら平気。「あの子、そんなに見せつけたいの?」なんて陰口を叩かれることもないわ。

20.
触ってもいい?なんて言われない

更衣室に入れば、巨乳女子は注目の的。

「触ってもいい?」「どこでやってもらったの?」なんて質問に受け答えすることは一切ないわ。

21.
ジロジロ見られるストレスもナシ

C9feb6a8beb0fb40e5ab201c513a485bd39e13d4

街を歩いているだけでも、自然と視線を集めてしまう巨乳女子…。私なんて、とくに見せるものもないから、不快感を感じることもないわ。

22.
体より性格を重視してもらえる

巨乳目当てで女性を口説く男子なんて、まず信用できないわ。だから私たちを好きになってくれる彼は、きっと誠実なはず。なんてね。

23.
ウォーターブラやシリコンブラを使ったり

思う存分揺らしてあげて。

24.
自分のサイズが売り切れることはない

74c78adfbc87f57bf3394867c15afc4a265b8185

2013年の調査によれば、ブラサイズの平均は34DDだそう。そこからほど遠いあなたの32AAのブラなら、きっといつでもラックにひっかかっているはずよ。

25.
彼の両親も安心

「うちの息子、カラダ目的なのかしら」と、相手の両親から心配されることもなし。

26.
胸元の汗が目立たない

衣類に擦れることもないでしょ?だから「胸元に汗をかく」なんて、聞いたこともないの。

27.
シャワー後のバスタオルを巻きつけるのも簡単

「ママ見て!手で支えなくても、ちゃんと巻きられるわ!」そんなことができた日には、メダルが欲しいくらい。

28.
騎乗位もへっちゃら

胸の痛みを気にせず、自由自在に動けちゃう。

Licensed material used with permission by Elite Daily
ライター Laura Argintar氏が、自身の“スリムな胸”をカミングアウトした記事が「Elite Daily」で話題騒然です。同じ境遇の女性たちへの...
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
女性は謝ってばかりじゃない?…と憤っているのは「Elite Daily」の人気ライターLaura Argintarさん。この記事によれば、自分の言動を見直...
社会的な女性のイメージや他人の評価に流され、自分の体型にネガティブになるよりも、欠点も受け入れて、それを愛せる自分でいることのほうが、よっぽど健康的で自分...
『Shape Magzine』のエディターでモデルとしても活躍するNora Tobin氏は、ブリッジだけで姿勢を整え、くびれと美尻を手に入れたんだそう。ハ...
「高飛車な女性」と聞くと、お高くとまってる、とか調子乗ってるとか、ネガティブなイメージを浮かべがち。でも米ライターAshley Fernさんによると、そう...
「優しい人って、最終的には“いい人どまり”よね」なんて会話はよく聞きますが、それはどうやら海外でも同じようです。ここでは「Elite Daily」の記事よ...
なかなか新しい相手が見つからず、寂しさから昔の恋人を思い出しては連絡をとろうとスマホに手が伸び…ちょっと待った!そこで自制心を働かせましょう。過去に逆戻り...
0歳から100歳まで、101人の女性たちが一糸纏わぬ姿で次々と登場する。彼女たちは、女優でもモデルでもない。全員が素人の女性たちだ。しかし、堂々としたスタ...
ほとんどの人は、大きな理想を語りながらも、安全な選択をして生きていきます。もちろんそれも、その人の人生です。でも「こんなところで何をしているんだろう?」と...
「感謝の気持ちを忘れずに」。そんなふうに言われることはたくさんありますが、多くの場合は、家族や友だちから優しくしてもらったときのことを指しているのではない...
美しいという言葉の概念は、一人ひとり異なるもの。そこで動画メディアの「Cut」は世界中の人々に、ストレートにこう投げかけました。あなたにとって「美しい」と...
服を着る「手順」のひとつとして、毎日当たり前のようにつけている「ブラ」。でも、たまには外したまま出かけてみませんか?そう提案するのは「Elite Dail...
恋愛を中心としたコンテンツが多い、NYで人気のウェブメディア「YourTango」。ここにArianna Jeret氏が書いた「パートナーにするなら、うお...
過去や未来にとらわれず、とにかく今を楽しむこと。しかし「楽しめる今」があるのは、想像力ありきだということに、「The Spirit Science」のKi...
いつも優しくあなたを守ってくれる存在、おばあちゃん。ここで紹介するのは、Pucker MobでAlexa Thompson氏が書いた「おばあちゃんに感謝す...
とびっきりの美人ほど彼氏いない歴が長かったりすることってありますよね。「なぜ彼女たちに彼氏がいないんだろう?」と不思議に思ったことは数知れず。気になるその...
ミレニアル世代とは、2000年代になってから成人になった人たちのこと。だいたい現在20歳から35歳くらいまでの人たちのことを言います。このミレニアル世代は...
ショーウィンドウに映る自分を見て、髪を整える男性。見た目ばかり気にしていても、意外と女性はそこまで見た目にこだわっていないかも。「Elite Daily」...
「最高の人生」に焦点を当てる男、パトリック・スウィーニー氏。大まかに説明すると、3つのIT系企業を立ち上げて大金を稼いだ。が、常に投資家と戦っている感覚が...