毎日のブリッジが、女性を美しくする「5つの理由」

『Shape Magzine』のエディターでモデルとしても活躍するNora Tobin氏は、ブリッジだけで姿勢を整え、くびれと美尻を手に入れたんだそう。ハードなアレを想像している人、心配ご無用。現役モデルが太鼓判を押すブリッジは、もっと簡単で続けられるものですから。

寝たままの姿勢でできる
ちょこっとブリッジ

150909_bridge-everyday_00

Tobin氏のメソッドによると、すべての基本となるブリッジが、この寝たままの姿勢でおこなう「ショートブリッジ」。仰向けに寝っ転がり、肩から上を床にくっつけたまま、両ひざを曲げていきます。背中、腰、お尻を持ち上げて小さなブリッジが腰の下にできたら完成形。
彼女のエクササイズは、2秒〜3秒最高点で停止し、ゆっくり戻ってお尻を床に戻す。これを20回1セットで3回繰り返すんだそう。実際やってみると、お腹とお尻に負荷がかかっているのがよく分かります。ヨガやピラティスのメニューにも取り入れられるブリッジ。毎日のワークアウトに加えるだけで「女性の美しさを際立たせることができる」と、Tobin氏。その理由をご紹介!


01.
腰痛、肩こりにも◎
筋肉バランスを均等に

150909_bridge-everyday_01

お尻からももの裏にかけての筋肉は、女性にとって鍛えるべき最重要ポイントのひとつ。毎日の活動にしても、過重のトレーニングにしても、腿周りの筋肉(大腿四頭筋)が、たいていはその代わりをしてくれます。でも、1部分の筋肉が他の筋肉を補おうとすると、怪我の原因となります。それが、膝や背中にまで痛みをもたらすことに。さらには、太ももの外側(ITバンド)が疲労で締め付けられたように感じるはず。
ブリッジはお尻からもも裏にかけての筋力を鍛え、下半身の筋肉のバランスを均等にしてくれる働きがあります。ここを鍛え上げることで、背中や腰の痛みを改善し、さらにはバランスのとれた下半身を手に入れることも!

02.
筋力アップで
運動能力が向上

Perfect buttocks. Rear view of sporty woman with perfect buttock

体全体のパワーを生み出すうえで、お尻の筋力は重要な役割を担っています。どんな運動をするにも、この力が体の動きをサポートしている訳ですから。お尻の筋肉を強化することで、より速く走ったり、高くジャンプしたり、コートやフィールドで、体のポテンシャルをフルに発揮するためにも、ブリッジでお尻の筋力アップを目指しましょう。

03.
キュッと引き締まった
形のいい美尻を目指せる

S

ブリッジによるシェイプアップは、なにも運動能力の向上だけが目的ではありません。女性なら誰もがきになる、キュッと引き締まって、それでいて、適度に丸みを帯びた美尻を手に入れる最大の効果がブリッジなのです。お尻の筋肉が強いほど、その形は美しく整いますよ。とくに、腹部にバーベルなど、重りを乗せておこなう負荷をかけたブリッジは効果絶大。鍛えらえた強く美しい美尻を手に入れられるはず。

04.
体幹を鍛えれば
「くびれ美人」も夢じゃない!

Y

また、ブリッジはすべてのインナーマッスル(体幹)に連動しています。とくにお腹周り!6パックに割れた腹筋やウエストのくびれをつくる第一歩は、インナーマッスルを強化すること。ブリッジは、簡単な動きでお腹周りも引き締め、体幹に働きかけてくれます。腰を持ち上げるだけの、ほんのちょっとの動きでも、インナーマッスルを効果的に動かすことができるのです。

05.
背筋のピンと伸びた
美しい姿勢をつくる

Smiling female fashion model walking

長時間立ちっぱなしでも、座ったままでも、同じ姿勢を維持し続けることは、姿勢を悪くする一番の原因。正しい姿勢を保つために絶対必要なのが、お尻の筋肉や脊柱起立筋つまりは背筋の力。ブリッジ運動は、この両方のインナーマッスルに働きかけ、同時に鍛えることができます。つねに美しい姿勢でいるためにも、ブリッジが欠かせないアクティビティなのです。

Licensed material used with permission by mind body green

「レインボーブリッジ」とはいえど、本当に“虹色”に輝くのは、一年でもごく限られた期間のみ。「いつの間にかライトアップが終わっていた…」なんて悔しい思いをす...
「マフィン・トップ」という言葉を知っていますか?じつはこれ、ジーンズの上にのる「はみ肉」のこと。ポヨンっとした様子がまるでマフィンみたい、ってところに由来...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
米メディア「Elite Daily」のライター、Lauren Martinさんがまとめたのは「美しい女性とセクシーな女性の違い」について。その記事によれば...
1日のうちで最も余裕がない時間帯といえば?「朝」と答える人は多いはず。出勤がギリギリになる時間まで寝て、パタパタと身なりを整えて、朝ごはんは食べずに家を飛...
見た目には気を使って、可愛い服を着たりメイクをがんばったりしてるのに、なぜか彼氏ができない「モテないさん」、意外と多いようです。友達は多いのに、なぜか恋愛...
「スポーツジムやフィットネスクラブに通う」「近所をランニングする」など、健康維持や肉体改造のため日常的に運動をする人が増えていますよね。じつは今、運動前後...
平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
どんな女性も、もっと素敵になるために、心に留めておくべき言葉があります。ここで紹介するのは「Elite Daily」のBrannan Bellさんがまとめ...
絶対やせる新メソッド、と注目されては消えていく泡沫のようなダイエット法。結局のところ、成功しなければ(ないしは途中で諦めていては)どれも「自分には合わなか...
「猫背の人は実年齢よりも老けて見える」とはよく言いますが、他にも、やる気がなさそうに見えたり、自信がないように見えるなど、とにかく良い印象を与えません。こ...
パツワルド 敬子出版社勤務ののち米留学を経てフリーランスの編集ライター兼翻訳家に。書籍・ムック・雑誌・ウェブ、各媒体で執筆中。ほんの少し“きちんと”するだ...
インスタグラムでビフォーアフターを載せることもあるかと思いますが、ここ最近は、それを逆手にとった「写真のトリック」について触れる投稿も増えてきていますね。...
ダイエットや美容の情報などを発信することで、女性のキレイを応援している「モテ子BEAUTY」。今回は同サイトから、椅子を使った脚痩せエクササイズをご紹介し...
デッドリフトと呼ばれる筋トレ(エクササイズ)の方法をご存じですか? メタボという言葉が一般化してからでしょうか、体を引き締める運動のなかでも、おなか周りを...
「The Atlas of Beauty」プロジェクトは、ルーマニアの女性フォトグラファーMihaela Norocの作品。文化や人種、環境の「違い」とい...
めまぐるしく働く中で、「自分自身でないもののフリ」をし続けていることに気づいたという、東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。男性のフリをやめ、「...
貧乳女子の強い味方になりそうな記事を「Elite Daily」にて発見しました。それは、自身も貧乳だと語る女性ライター、Laura Argintarさんが...
減量専門医のKhandee Ahnaimugan博士が、「mindbodygreen」ダイエットの秘訣を紹介しています。流行りのダイエット法に振り回されず...
まるで、奇抜なファッションショーを見ているような気分。緑あふれる自然の中を、全身をカラフルに輝かせながらポーズをとる女性たちの異様な姿。人目をひくこの写真...