ビフォーアフター風の写真で、彼女が伝えたかったこと。

インスタグラムでビフォーアフターを載せることもあるかと思いますが、ここ最近は、それを逆手にとった「写真のトリック」について触れる投稿も増えてきていますね。

23歳のMilly Smithさんがアップしたのも、そういう1枚。よくあるダイエットのビフォーアフターのように見えますが、じつは違います。やったことといえば、タイツを上に引っ張りあげて、ポーズを変えただけ。

美しい身体の写真は
本物とは限らない

インスタグラムを見ると、完璧なボディが誇らし気にたくさん投稿されているので、自分の体と比べて自信がなくなってしまいがちです。

でもそのほとんどが撮影のマジックだったり、アプリで加工していたりと、必ずしも本当の身体をそのまま写しているわけではありません。

ちなみにこちらの写真は、無料アプリで加工したもの。比較されているから違いもわかりますが、右の写真だけ見たら、そういう人なんだと信じ込んでしまいますよね。

ダイエットに成功した!という写真も、案外こうして作られているのかもしれません。

美しさは
ポーズひとつで変わる?

Millyさんは最初に紹介した写真に、こんなコメントをつけていました。自分の体を愛することの大切さを伝えています。

この写真の女性は、同一人物よ。同じ日の、同じ時間に撮った写真。

ビフォーアフターじゃないし、
体重を落としたわけでもない。
もちろん、ダイエット会社の宣伝でもない。

私はどちらの体も気に入っている。どちらも価値があるし、どちらも私を人間らしくしてくれる。どちらも失礼なコメントや傷つくような言葉をかけられるべきじゃないと思っている。

私たちは、本当の身体がどんなものか、見えなくなってしまっている。美しさって、たった5秒ポーズを変えるだけで変わってしまうものなの?そんなのっておかしい。

私はこういう写真を撮るのが大好き。自分のことを醜いんじゃないかって恐れるような、ネガティブな考えをなくしてくれるから。

Licensed material used with permission by Amelia Smith
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
絶対やせる新メソッド、と注目されては消えていく泡沫のようなダイエット法。結局のところ、成功しなければ(ないしは途中で諦めていては)どれも「自分には合わなか...
今日も体重計とにらめっこしてませんか?そんなあなたに、大切なのは重さじゃない!と体を張って説明してくれたのは、ケルシー・ウェールズさん。自身の体重と体型の...
そんな面白い取り組みをしたのは、パキスタンの広告制作会社Serial Kolor。歴史的絵画の一部をInstagramの投稿風に切り取ると、新しい世界が待...
「女性の社会進出」とは言っても、まだまだステレオタイプな意見も多いし、自分のやっていることに自信が持てなくなっちゃうときもあります。そんな社会の中でも、し...
まるで空に浮かんでいるような瞬間を切り取った「浮遊写真」。Instagramをはじめ とするSNSにたくさんアップされていますが、浮遊姿勢、美しさでいった...
古来より、日本では武将や天皇、ヨーロッパでは王族や貴族などが、その時代の有名または新進気鋭の画家たちに描かせてきた自身の肖像画や領地の絵。今でも有名画家に...
モントリオールで活動するフォトグラファー、Mikaël Theimerの一番大好きな被写体は、恋人のMarion Munezさん。写真を撮られるのが大っ嫌...
結婚式といえば、女性が人生で一番輝くとき。そんな最高の日には、一番きれいな自分でいたい、というのが乙女心。Haley Smithさんも、そんな女性のひとり...
パッとその一瞬に放つ、光のようなもの。美しいと感じる写真には、光を感じてしまう。ほんのり赤く染まったほほや、シミやそばかすをさらけ出し、初々しさがにじみ出...
「世の中には、マジメすぎる写真が多いんじゃないかと思うんだ。僕の写真は作品っていうより、遊びって感じだね」これは、ロンドンやシドニー、ニュージーランドなど...
スマホが普及して、SNSを利用する人が爆発的に増えました。みなさんの中にも、Instagram、Twitter、Facebookなどで、食べたものや、街中...
NYに拠点を置くウェブメディア「YourTango」のライターLinda Perryさん。彼女の16歳になる娘は、物心ついたときからずっと「自分はブサイク...
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
二児のママであるドミニクさんは、2015年に仕事をやめてから、子どもたちと過ごす時間が増えたため、SNSやブログの更新をはじめました。ある日、彼女が次女の...
「どうやったらそんな瞬間撮れるの?」という猫写真が満載の、沖 昌之さんによるインスタグラム。家ににゃんこがいて、毎日シャッターチャンスがあってもこうはいき...
日常風景を写真に収めた、アメリカ人フォトグラファーEric Pickersgill氏の作品。ただの日常を写しただけならば、彼がこれほど注目されることはなか...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
先日、ジャスティン・ビーバーが後ろ姿のヌードをInstagramで披露し、大きな反響を呼びました。それに触発されたのかはわかりませんが、Instagram...