マドンナがトップレス写真をめぐってInstagramに猛抗議。「見せかけの偽善に息が詰まりそう!」

なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう

デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマドンナ(56歳)が先日、自身のInstagram上にバストトップを加工したヌード写真を投稿。スーパースターの大胆な行動が話題を呼んでいる。

Madonnaさん(@madonna)が投稿した写真 -

ことの発端は4月1日、マドンナがアップした1枚の写真。それは、数年前に撮影されたトップレス姿の彼女、上半身裸で片方のバストトップが露になったものだった様子。というのも、この写真はすでにInstagram側によって削除されているため、現在では確認のしようがない。

性的興奮を呼び起こすヌード写真、暴力的な写真の投稿禁止」をポリシーに掲げるInstagramとしては、著名人の写真といえど、ソーシャルメディアとしての姿勢を貫いた。
これに素早くマドンナもアクションを起こした。今度は黒いバーでバストトップこそ隠してはいるものの、ヒップラインまで露出したフルヌード写真を披露。トップレス検閲に疑問を投げかけるコメントを#artforfreedom(芸術は自由よ)#UnapologeticbItch(誤ったりなんかしない)などのハッシュタグとともに投稿した。  この記事の冒頭のコメントこそ、彼女の気持ちを率直に表わした言葉だ。

Madonnaさん(@madonna)が投稿した写真 -


ソーシャルメディアのトップレス写真に対する検閲は近年、さまざまな論争を呼んでいる。昨年5月にも、モデルで歌手のリアーナがInstagramにヌード写真を投稿し、警告を受けたことが報じられた。
こうしたセレブたちによるトップレスへの抗議活動の背景には、女性だけが胸を見せることを禁止されるのはおかしいと、SNSで男女平等を呼びかける「#Free The Nipple」運動が影響しているように思える。

それにしても、56歳にしてこの体型。さすがは世界のセックスシンボル。

Reference:Mail

 

見れば「なーんだ、そういうことね」のひと言で終わってしまう。Photoshopを使ってセレブレティとの合成写真をつくっただけ。でもね、結構しっかりユニゾン...
アン・ハサウェイ、リチャード・ギア、ユアン・マクレガーなど、名だたるセレブ達のポートレート。ただ普通と違うのは、1枚の写真のなかに、まったく違うしぐさの彼...
「黒リップ」と聞くと、裏原やゴスロリ系のイメージを持つ方も少なくないはず。でも、ビューティー・メイクアップ界では、2014年にかけて、黒い唇が一大トレンド...
テロの情報を様々なメディアが伝えるなか、 SNSでは事件のことを知った世界中のユーザーから祈りのメッセージが送られています。なかにはハッシュタグ「#Pra...
フォルクスワーゲンをベースにビーチで走らせるために改造したデューンバギーをはじめ、ビーチで遊ぶための車を作らせたら天下一品なのがカリフォルニアという街。そ...
えっ?と一瞬目を奪われてしまうほどのリアルな人魚の写真・・・。ディズニー映画『リトル・マーメイド』のように海を泳いでみたい!と思ったことがある人は多いかも...
海に山に滝、風光明媚な大自然や世界の名所を背景にして女性たちが「トップレス」になって記念写真を撮るプロジェクトがSNS上で拡散しているのを知っていますか?...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
写真集『脱いでみた。』を、先日発売したばかりのフォトグラファー・花盛友里さん。そこに写っているのは、ヌードなのにおしゃれでかわいい、自然体の女子たち。そん...
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
先日、ジャスティン・ビーバーが後ろ姿のヌードをInstagramで披露し、大きな反響を呼びました。それに触発されたのかはわかりませんが、Instagram...
サインペンで書いた胸元のタトゥーに、近所で拾ってきた葉っぱのかぶりもの。娘・キャシーのセルフィーを忠実に再現してInstagramに投稿しているのは、父親...
「tracy’s newyork life」を運営するトレイシー・ケイラーは、ニューヨーカーの視点から、暮らしに関する様々な情報を発信している女性。彼女の...
女性のおっぱいにタッチ。4人のゲイボーイが、人生初の体験に挑みました。ぎこちない手つき。どうやって触っていいものか悩む4人の仕草と、実際に触ったおっぱいの...
ヌードの女性がいきいきと躍動する、ちょっぴりセクシーな動画をご紹介。最初に断っておくと、コンテで描かれたデッサン画でのお話…ですけどね。 10人のデッサン...
世界には大小様々な国が存在する。ロシアのような広大な国土を持つ国家がある一方で、極めて小さな国土しか持たない「ミニ国家」も存在する。モナコ公国も、そんなミ...
まるで空に浮かんでいるような瞬間を切り取った「浮遊写真」。Instagramをはじめ とするSNSにたくさんアップされていますが、浮遊姿勢、美しさでいった...
SNSはセルフブランディングをする最適なツールか、それとも偽りの自分を世界にさらけ出す恐怖のツールか。もちろんそれは「使いこなす」あなた次第。ライターのB...
もし、おっぱいのガンになったら…と、女性ならば誰しも一度は不安を感じたことがありますよね。生活習慣を改善するなどして、なんとか予防出来ないものでしょうか?...
ニキータ・クラストルゥプ氏(20)は保守党で活動するれっきとした「政治家」だ。過去に彼女が保守党のパーティに現れた際、その少し派手なファッションに世界中の...