Instagramにモノクロ系の暗いフィルターを使う人は「うつ」の可能性あり

ClarendonGinghamMoonJunoLarkReyesSlumberCremaAdenAmaroMayfair…。ピンとくる人は、みんな少なからずInstagramのアカウントを動かしている人。

写真のトーンをいい感じに加工できるこれらのフィルター。その選びには、あなたの「隠れたうつ」が反映されている、という研究結果が登場しました。「MIT Technology Review」に掲載された内容を紹介します。

フィルターの色味は
感情に紐付いている

Medium a9ef5e07a66cfebbb8be99300fd3a9b2db133886

心の健康は、選んだフィルターに顕れる。イギリスの研究チームによって発表された論文の内容によると、Instagram(以下インスタ)のフィルターの使用頻度によって、うつの度合いが分かるというのです。

この研究、166人のユーザーがインスタにアップした43,950枚の画像を抽出。そこから写真の色味、属性や構成要素、および顔検出のアルゴリズムなどの統計から特徴を導き出したところ、うつ病のマーカーを見つけることに成功したようです。

被験者たちは、うつに関する質問と、100枚の画像から「面白い」「しあわせ」「悲しい」をそれぞれ5段階での評価を実施。すると、うつ状態にある人ほど、明度、彩度の暗いフィルターを使う傾向が判明。

このことから、フィルターの使い分け、ユーザーの精神状態がリンクしている、と論文を共著で発表した、情報科学研究者のChris Danforth氏とAndrew Reece氏は指摘します。

心が健康な人は「Valencia
うつ傾向にある人は「Inkwell」

Medium bcd12c0f27f9b41342ee0384a46ab6adf359a58b

ところで、心が健康的な人が用いるフィルターで圧倒的に最も多いのは、1970年代〜80年代風のちょっと黄味がかった印象を与える「Valencia」。ノーマルの写真に明度を少し増した明るさが特徴です。次位が「X-Pro Ⅱ」「Hefe」「Rise」「Amaro」の順。

これに対し心が沈んでいる人、精神的に不安定な人に最も選ばれていたフィルターが、モノトーン加工の「Inkwell」。彩度を減らすことでヴィンテージ感を演出する「Crema」がこれに続き、セピア調の「Willow」が3番手。

結果は、明度と彩度を落とし、青みがかった画像を選ぶ人ほど、うつの傾向ありだとか。

ちなみに、うつ状態のアルゴリズムで被験者の中からアトランダムに選んだ100人の投稿画像を調べてみると、およそ70%の精度でうつ状態の判別に成功。このことからも、完璧とまでは行かないまでも、フィルターの使い方いかんでその人の心の有りようが多少なりとも判別できることだけは分かりました。

とはいえ、自分の中での“定番”があって、割とどんな写真でもだいたい同じフィルターを使うという人も結構いるはず。たとえば「Valencia」や「Gingham」、「Amaro」ばかりの私とか。

Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
一般的なうつ病は、季節と関係なく気持ちが塞ぎこんでしまうものですが、それとは別に決まった季節だけに発症するうつ病があります。正式名称は「季節性感情障害」と...
なんだか体が重い、やる気が出ない、イライラする…。そんな症状が出たら、ひょっとするとうつっぽい状態になってしまっているかもしれません。でも、周りにそんな人...
ワインを飲んだ後、頭が痛くなったことはありませんか?アルコールを摂りすぎたことも原因ですが、ワインに含まれる酸化防止剤が原因とも言われます。酸化防止剤とは...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
今月2日、Instagramが興味深いデータを発表しました。「2016年のハイライト」と題したそれは、5億人を超える月間アクティブユーザーを誇る同サービス...
NetflixがInstagramで求人を募集していたようです。募集ページによると、ヨーロッパ、中東を旅する専属フォトグラファー「Grammasters」...
ドナルドがInstagramに参戦!?しかも世界10カ国を旅行中大手ハンバーガーチェーン「マクドナルド」で目にするマスコット、「ドナルド」が、ショップを飛...
2020年の東京オリンピックまで、あと4年!各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいますが、政府の「この夏に外国人観光客の指紋認証を使った決済シ...
そんな面白い取り組みをしたのは、パキスタンの広告制作会社Serial Kolor。歴史的絵画の一部をInstagramの投稿風に切り取ると、新しい世界が待...
職場における生産性の向上は、社会人にとって大きな課題のひとつ。「気づけばもう夕方なのに、まったく仕事が終わっていない…」と途方に暮れるような日もあるのでは...
Rafael Mantessoさんは、30歳の誕生日に妻と離婚。家具や思い出の写真などすべてを失い、彼に残されたのは、愛犬のジミーチュウ(以下ジミー君)だ...
「相手に友だちだと思われていなかっただなんて、誰も聞きたくないでしょうね」。とは、研究論文の著者であり、MITでコンピューター・ソーシャル・サイエンスに携...
「Good Boy(いい子だね)!」と声をかけたときに、犬が理解しているのは言葉の意味だけではありませんでした。人間と同じく左脳では言語を、右脳ではそのイ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
高強度ありながら“肌に最も近い素材”と言われる、ハイドロゲル製のコンドームの開発競争が、近年激化しています。この次世代型コンドームの登場により、エイズウイ...
あなたの身近にも、心配性で考えすぎの人はいますよね?こちらがどれだけポジティブな言葉をかけても、まったく効果なし。時には、イライラしてしまうこともあるでし...
先日、ジャスティン・ビーバーが後ろ姿のヌードをInstagramで披露し、大きな反響を呼びました。それに触発されたのかはわかりませんが、Instagram...