アナタは第6の味覚「でんぷんの味」を感じとることができますか?

一概にこれが真実って話ではありませんが、アメリカでこんな研究結果が発表され話題となっています。曰く「人間には、パスタやパン、ジャガイモ、米などに含まれる炭水化物を感知する6つ目の味覚が備わっている」と。

 人間に新たな味覚
「でんぷん味」が登場!?

Medium 98bdd10ec3cf77132eae7e35b4d25e10bd6009bf

「おいしさ」の感覚なんて人それぞれ。誰とどんなムードで食事をするかによって味わいが変われば、自分の体調いかんで大好物もおいしく味わえないことだってあります。

けれど本来、五感のひとつである「味覚」は程度の差こそあれ、みな一様に5つ(甘味、塩味、酸味、苦味、うま味)とされてきました。これまではね。いま、そこに新たな味覚として「でんぷん味」が追加されるかもしれない、というのです。

この6つ目の味覚を主張するのが、食品科学に精通するオレゴン州立大学の准教授Juyun Lim氏。被験者22人というから統計学的に信頼できるには、いささか寂しいサンプルということは事実。それでも、含有量の異なる炭水化物を溶かした溶液を摂取する実験において、被験者はでんぷんの味を感じ取ったんだそう。

でんぷんが糖に分解される前に
人間は味を感知していた

これまで人間は炭水化物を摂取した際、味覚として感じ取るのは糖分(つまり甘味)と考えられてきました。なぜなら唾液に含まれる消化酵素がでんぷんを糖へと分解するため、味覚をつかさどる舌の上の器官「味蕾(みらい)」が甘味しか感じないという理由から。

ところが、この消化酵素や甘味を抑制する化合物を加えた今回の実験において、被験者たちは糖に分解される前にでんぷんの味を判別できたというのです。この事実からLim氏は、人間が炭水化物を自然に検知するのに有用な味として、でんぷん味の存在を示す可能性を見出しました。

 実際、どんな味がするの?

Medium 3cd45a477c6ddfef8a86dbda8b69d2c9c4cc1dab

では、実際にでんぷんをどうやって「味」として認識するのか。気になりますよね?けれど、ここがじつにビミョ〜な表現なんです。「New Scientist」に掲載されたLim氏のコメントをそのまま紹介すれば、こんな感じに。

アジア人に言わせるとそれは白米のよう、白人はパンやパスタにたとえました。まるで小麦粉を頬張っているような感じと言えるかもしれません

これじゃ正直、分からない…。

じつは、アメリカでうま味(UMAMI)の概念が定義づけられたのは2000年代に入ってからのこと。それまで四味しかなかった彼らの舌にUMAMIが加わってから、まだ十数年なんです。今秋冬、関東圏内にオープン予定のUMAMI BURGARがLAに登場したのも2009年のこと。

けれどこのうま味にしても、醤油や味噌などの発酵調味料、カツオや昆布からとるダシなど古くから日常の食生活に取り入れてきた日本人からすれば、舌が、もっと言えばDNAが経験的に認識してきた味覚。

とすると、第6の「でんぷん味」だってもしかすると我々の味覚のなかに元から備わっているのかも。 

米国版『GQ』において「2010年のベストバーガーオブザイヤー」に、また『TIME』では「史上もっとも影響力のある17のバーガー」に選出。ア...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ビール味のコーヒー!?米メディアMASHABLEが報じたニュース「Starbucks Is Experimenting With a Beer-Flavo...
アスレジャーなんて流行語を引き合いに出すまでもなく、スポーツというキーワードがライフスタイルと密接になってきた。今やフィットネススタイルはカジュアルの一ジ...
コスタリカという国名を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。日本の7分の1の国土しかない中米のこの国は、2015年に自然エネルギーを利用して世界初の偉業...
「Good Boy(いい子だね)!」と声をかけたときに、犬が理解しているのは言葉の意味だけではありませんでした。人間と同じく左脳では言語を、右脳ではそのイ...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
さつまいもがおいしい季節になりました。定番の食べかただけでなく、せっかくならこんなアレンジはいかがでしょう。ポテトスキンをさつまいもで代用する「スイートポ...
甘い&塩っぱい組み合わせって、なぜか美味しい…その理由を、なんと科学が解明してくれたといいます!「Delish」の記事に紹介された理由を見てみましょう。甘...
あの日、あの時、あの場所で…。そんな記憶を思い返すとき、ふわっと香る「匂い」も蘇ってきませんか?そんな「匂い」を保存する研究をしている人がいるんです。それ...
絶滅危惧種に指定されているジャイアントパンダ。彼らは、少なくとも13種類の鳴き声を使い分け、コミュニケーションを取り合っていることが判明。“パンダ語”を解...
Clarendon、Gingham、Moon、Juno、Lark、Reyes、Slumber、Crema、Aden、AmaroにMayfair…。ピンとく...
なんとこれ、注いだ水がそのままジュースの味に変わるそうです。なにかが溶けていくのでしょうか?いやいやそれだったらまったく驚きませんよね。注がれたあともカッ...
タコが食卓に並ぶことって全然珍しくありません。ここで紹介する仮説が正しいとなると、私たちは「エイリアン」を日常的に食べていたということになります。もしそう...
「相手に友だちだと思われていなかっただなんて、誰も聞きたくないでしょうね」。とは、研究論文の著者であり、MITでコンピューター・ソーシャル・サイエンスに携...
医師の夏井睦さんは、2011年の暮れから翌年5月の半年にかけて、なんと11キロも痩せたそうです。きっかけはちょっとしたことで、インターネットで「糖質制限」...
いくら会議しても話が進まない、取引先とのやり取りにも先が見えないーー。新しい閃きが欲しい!そんな時には、ネットや本ではなく「お菓子」を変えてみてはいかが?...
2020年の東京オリンピックまで、あと4年!各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいますが、政府の「この夏に外国人観光客の指紋認証を使った決済シ...
スイスのある地方テレビ局が、取材先での撮影をテレビカメラからすべてiPhone6に切り替えるという。「Cult of Mac」に掲載されたライターDavi...