「もっとキレイになりたい」ばかり言っているあなたに伝えたい10のこと

「もっとキレイなりたい」というのは、女の子なら誰もが持っている欲望。でも、彼女たちが求めている美しさって、なんでしょう?

そんな定義の難しさについて綴っているのは、「Elite Daily」の旅好き女性ライターStephanie Beさん。彼女の記事は、自分に自信がない女性にこそ読んでほしい内容でした。

01.
「美」は
あくまでも主観的なもの

Medium 9a9cfdbd5ad33d830468ace9f529c74521939722

私は旅が好きで、ずいぶんいろんな国を訪れたけど、どの国にもそれぞれの文化があって、それぞれが美しいと思うものがあったわ。

知っているとは思うけど、美しさって時代によっても変わってくる。10年前のファッションでさえ、いま見ると笑っちゃうようなものがたくさんある。

だから当然、人によっても美しいと思うものは違うの。あなたのことを美しいと思う人は、必ずどこかにいるわ。自分で自分のことを「美しくない」なんて決めつけないでね。

02.
美人が幸せとは限らない

とはいっても、たくさんの人に「キレイ」とか「美人」って言われたいのもわかるわ。みんなにチヤホヤされている美人を見ると、つい嫉妬してしまうよね。

でも、その人が幸せかどうかはまったくの別問題。確かに、世の中には多くの人が美しいと認める顔立ちやスタイルの人はたくさんいる。でも、誰もが羨む美貌のハリウッド女優だって、何度も結婚と離婚を繰り返している人が多いでしょう?

もちろんそれが必ずしも不幸だとは思わないけど、別れを迎えるときはきっとつらかったはず。大切なのは、自分のことをちゃんと認めてあげること。そして、自分なりの幸せを掴むこと。

03.
美しい肉体は
美しく生きた証

Medium 4456aca9d2f5df4d655ec5e0f1547a36ec3bc4c1

人は、時と共に変化していくもの。歳をとればシワだって増えていくし、体型だって変わる。もちろんアンチエイジングで多少は食い止めることができるかもしれないけど、時の流れから逃れられる人なんていないの。

いつも笑っていてできた顔のシワ。それってそんなに醜いもの?どんな顔にも、どんな体にも、その人だけの物語がある。人生が美しいものだとしたら、きっと人生を共に生きてきたその肉体も美しいはず。

04.
「美」に
年齢は関係ない

「どんな美女も、歳をとると美しさはかすむ」。そんな風に言う人もいるけど、私は間違いだと思う。もちろん誰だって老化はする。白髪だって増えるかもしれない。でも本当の美しさは、そういうところにあるわけじゃないの。

本当の美しさとは、心の美しさのこと。ネガティブなことばかり考えていると、だんだん見た目にも影響してくるもの。逆にポジティブでいられれば、いつまでも美しくいられるはず。

05.
人生を楽しむことが
美しさの秘訣

Medium 5608771c77f63272f672539868eafd8fa9078720

人の顔って、生まれ持った骨格だけで決まるわけじゃないの。

いつも楽しい顔をしていると、その筋肉が鍛えられて、見た目の印象も変わってくる。もちろん、逆もまた然りで、いつも暗い顔をしていると、不思議とそういう顔になっていくもの。

美しさの秘訣は、なにより人生を楽しむこと。それだけは忘れないでほしい。

06.
「完璧な美」なんて
この世にはない

自分の中に好きな部分が9個あるとしたら、1個くらいは嫌いな部分ってあるでしょう?

誰だって、自分のこと大嫌いって思う瞬間はあるし、ひどい顔をしているときだってある。だけどそこばかり取り上げて、「自分は醜い」って思い込むのはやめるべき。

07.
「自分らしさ」を
大切に

Medium da4957a48b125169ac5c89aea4acf75212716883

流行りのメイクとかファションを取り入れるのもいいけれど、別にみんなと同じことが美しさじゃないの。自分にとって「これが好きだ」と思えるものがあれば、他の人にどう見られたって構わないじゃない。

どんなスタイルを身につけるかは、自分で選んでいいの。何を美しいと思うかは、あなた次第なんだから。

08.
見た目よりも
中身を褒める

人のことを褒めるのはとても素晴らしいこと。でも、目がキレイとか、笑顔がステキとか、服がオシャレとか…見た目を褒めるのって、いいことばかりとは限らない。

美しさって、見た目じゃないの。だから、人を褒めるときは、外見ではなく中身を褒めるようにしましょう。あなただって、そうされたほうがきっと嬉しいはず。

09.
自分のことを美しいと
思える時間を過ごそう

Medium 622c3a76558e3cf89a92cef72ab67bd584361165

何をしているとき「自分の美しさ」を感じる?勉強をしているとき?仕事をしているとき?それとも運動をしているとき?自分を好きになれた瞬間なら、どんなことでもいいの。

私の場合は、お母さんと服を選んでいるとき。好きな人と時間を過ごしていると自分も幸せになれるし、相手も楽しそうにしてくれる。人を幸せな気分にしているときの自分が、一番美しいと思う。

10.
自分が思う
「美しさ」を信じること

「美しさ」の基準は、自分で決められるもの。でもそれってリスクも伴うわ。「これが美しいんだ」と思うものが多くの人にとってそうではないとしたら、「それは美しくない」と言われて、傷つくかもしれない。

でも私はそれでも、他の人が決めた基準に沿って生きるよりずっといいと思う。自分が信じたいものを信じて、愛したいものを愛して生きていく。誰がなんと言おうと、それこそが美しい生き方だと思うから。

Licensed material used with permission by Elite Daily
毎年、ただ年齢をひとつ積み重ねている人と、熟成するワインのように年を重ねるごとに魅力を増していく人とでは、大きな違いがあるのは言うまでもありません。「Po...
無意識のうちに他人に期待してしまうことは、誰にだってあること。「I Heart Intelligence」に掲載されたこの記事には、きっとあなたにも心当た...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
年をとることは、誰もが通る道です。しかしそれは恐怖の対象ではなく、年齢とともに身につく知恵や信頼は感謝すべきもの。ライターのChristine Schoe...
人生は、ほんのちょっとのキッカケで「幸福な道」へと変えることができます。でも、ボクらは自らの手で無意識のうちに、意味もなく制約をかけてしまうことが多々ある...
「とってもキレイだね」もしも、突然誰かにこう言われたら、あなたはどんな気持ち?ここに紹介する動画の中に、その答えが隠されています。シカゴの女子高生の社会実...
どこで生まれたかとんと見当はつかないが、我輩は「猫ブッダ」。人間を見ていると、いつも人生について思い悩み、幸せって一体何?ってことを真剣に考えています。こ...
「美」とは、世界共通言語だ。美々しいものは誰が見ても「美しい」と認める絶対的なものであるその反面で、「美」は多様的で、見る者によって感じ方や受け取り側の自...
あなたは今日、何回「ありがとう」を口にしましたか?このひとことを伝えるだけで、相手との関係はとても和やかなものになります。もちろん、相手を笑顔にすることだ...
自分のしたいことと、他人の幸せを秤にかけたら。あなたの振り子はどちらかに傾くでしょう?ところが「Tiny Buddha」のこの記事は、そのどちらも両立でき...
恋愛から人生論まで、毎回心にガツンと響く記事を書き上げる「Elite Daily」の人気女性ライターZara Barrie氏。彼女は「バッグの中身が整理整...
無垢なかわいさは魅力的ですが、得てして長続きはしないもの。対して、本当の美しさとは、幼虫がさなぎを経て蝶へと変わり、いつかは羽ばたいていくようなものです。...
米メディア「Elite Daily」のライター、Lauren Martinさんがまとめたのは「美しい女性とセクシーな女性の違い」について。その記事によれば...
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
優秀なあなたこそ必読!完璧主義を克服するための5つの方法なんでも完璧でなくては気がすまない。そんな「完璧主義な人」っていませんか?完璧主義は必ずしも悪いも...
人生、楽しめていますか?隣の芝は青く見えていませんか?たとえ、そう見えたとしても、そこにはその人なりの努力があるものです。 では、どう努力すればいいのでし...
1日のうちで最も余裕がない時間帯といえば?「朝」と答える人は多いはず。出勤がギリギリになる時間まで寝て、パタパタと身なりを整えて、朝ごはんは食べずに家を飛...
Cath Witten氏は、子どもを産まない人生を選択した女性のひとりです。しかし、ときおり心が傷むような言葉をかけられることがあるとElephant J...
どんな女性も、もっと素敵になるために、心に留めておくべき言葉があります。ここで紹介するのは「Elite Daily」のBrannan Bellさんがまとめ...
国内外で微妙にニュアンスが異なってくる「ビッチ」という単語ですが、この記事では“嫌なオンナ”といった使われ方でしょうか。ライターLaura Arginta...