フルーツの殻で衣類が洗える。オランダ発エシカルな天然洗剤「Seepje」

ムクロジという木の実の外皮(殻)を乾かし水につけると、プクプク石鹸のように泡が立つ。この特性を利用した天然の洗濯用洗剤が、オランダやベルギーを中心にエシカル消費のひとつとして人気を集めているそうです。

この不思議な殻に目をつけたふたりのオランダ人青年。きっかけはネパールのライフスタイルを紹介するテレビ番組でした。

フルーツの殻で洗濯!?

9c0256540f37a83336bd93bb510e8c36f4cc6b1d

南アジアの小国ネパールのライフスタイルを紹介する番組のなかで、木の実を使って川で洗濯する女性たちの姿をテレビで見たのは、Melvin LoggiesさんとJasper Gabriëlseさん。

「フルーツの殻で洗濯?」と、その映像に相当なカルチャーショックを受けたようです。

「Melvinとテレビを見てたら、ネパール人の女性がフルーツの実で洗濯をし始めたんだ。しかも、洋服だけじゃなく髪の毛や体まで洗ってるんだよ。ボクらは化学製品に囲まれた生活だっていうのに、彼女の国ではいまも自然の知恵を活かして生活している。もう、感動的だった」

Medium.com」のインタビューに、当時の様子をこう答えたJasperさん。すぐ行動へと移すことに。早速リサーチを開始すると、ムクロジという泡立ち成分のある実をオランダで販売するためにネパールのサプライヤーを探し出し、製品化に向け動き始めたのです。

天然の泡立ち成分を利用

Fcb92abde2a6bee75eabeb125600764f669e5c1f

中国南部からヒマラヤインド北部にかけて自生するムクロジ(無患子)。振るとカラカラと音を立てるこの木の実の外皮(殻)には、サポニンという泡立ちの物質が多量に含まれています。乾燥したムクロジの殻を水につけて振ると、たちまち泡が立つ。まるで石鹸のような性質からアメリカでは「soap nut tree」と呼ばれるほど。
ちなみに、ライチやランブータンもこのムクロジ科のフルーツ。

この泡立ち効果を利用してムクロジの生息する地域では、古くからこの殻を石鹸代わりに使ってきた歴史があります。そして、今日でも日常使いをしている地域がネパールにあったのです。

1回の洗濯に殻3〜4つ
しかも、繰り返し使える

Db348e6c8bfbdacc44c9cf5eea08df62d3185a60

ネパールから届いたムクロジの殻を、なんとそのまま袋詰めにしたのがこちら。小さなランドリーバッグに殻を3つ4つ、一緒に洗濯機に入れるだけでOKなんだとか。しかもこの殻、3回は繰り返し使えるというから驚きです。

Dbd86c419c79a2d1b0c3e7ebdfc85c81cc3b2979

では、実際どのくらい泡立つものなのか?
殻を4つ水の中に入れて、蓋をします。

B727527f83ff436d504a9d60323f9050bc47d970

上下にシャカシャカ振ってみる。

F83a0e3c436c3cc42e6784bb7329bf691b0dc543

数秒でこのとおり。ちゃんとプクプク泡が立っているじゃありませんか!

「自由と幸せ」の香り?
殻から抽出した液体洗剤

Ea189b4b187edb4e43b3025bb5a1674cff522dcc716f0ab7ff1baf23c0ff285c31fb2cdbbe53bb8b

こちらは、ムクロジの殻をすりつぶし、煮出した液体から抽出した液体洗剤。いったいどんな香りがするのか気になるところ。ホームページには、「新鮮な春の香り」「自由と幸せの香り」などなど。う〜ん、ますます気になる。

Dc36dcd7d997d8894266d2111e9d9675ec73c771

中身だけでなくパッケージにも環境への配慮を尽くし、すべてリサイクル可能な仕様に。

1c672b110ca5072b2b32db14761bf0de5c4cb60d

現在オランダ、ベルギー合わせ約300店舗で販売されている「Seepje」。過度に香料をつけたり化学成分を必要としない、環境に配慮した商品として注目される理由もわかりますね。

Reference:Medium.com
Licensed material used with permission by Seepje
自宅のクローゼットの中を思い出してみる。1枚、2枚、3枚……プリントTも合わせると、ちゃんと使えるレベルのものが計9枚あった。すでに一週間まるまる過ごせる...
人とはちょっと違う、ヘンテコな言動を繰り返す人。でも、なんとなく憎めない。一般的に天然ボケとも言われるような人ですが、時として常識はずれなことを平気で言い...
「WonderHowTo」で紹介されていたのは、卵の殻の利用術。ライターBrady Klopferさんによれば、彼が1年でどのくらいの卵を食べているか計算...
まるでおとぎ話のようだが、確かに実在している木だ。開発したのは米・シラキュース大学の美術教員であるVan Aken氏。そのきっかけとなったのは、2008年...
「絶景のなかでアイススケートをする美女」。その言葉だけでも絵になりそうな予感がしますが、この動画は間違いなく想像を超えるはず。こんなところで滑れたら気持ち...
プラスチックの代替素材として、日本でも馴染みのある「寒天」が注目されています。なかでも日本人のデザイナーグループ「AMAM(アマム)」は、国際コンペティシ...
肉食と“菜食”の男性は、どちらが女性に好まれるのか?いくつか研究を見ていると、菜食優勢なのではないかと思える結果が発表されています。モテるという言葉はちょ...
和食を作るうえで欠かせない調味料のひとつ「みりん」。じつは、意外と知られていない使い方があります。それは「フルーツをみりんで煮込む」というもの。なんとこれ...
太平洋に面した温暖な紀州和歌山県。そこで育てられた柑橘類の果皮から作られた、日本では珍しい合成香料不使用のアロマオイルがあります。製造したのは酒造メーカー...
世界第5位のエネルギー消費国でありながら、原子力を除いたエネルギー自給率はたったの5%という日本。しかし、まだまだ活用されていない資源があるのを知っていま...
フルーツ専門店や輸入食材を多く扱うスーパーに行ってみると、果物売り場に初めて目にする、エキゾチックなフルーツに出くわすことがありますよね。品種改良によって...
健康な体は健康な食事から。を本格的に病院の対応として取り入れている医師が話題になっています。なんと、野菜やフルーツを薬の代わりに処方し始めたのだというから...
海を愛する人々の間で人気を集めている日焼け止めがあります。それは、ミャンマー産の天然素材などを使ってできたクリーム「MANDA」。細かく粉砕した「Than...
ノロに代表されるウイルス性胃腸炎は、ここ数年でインフルエンザに匹敵する流行をみせていますが、感染症胃腸炎のなかでもとくに夏の暑い時期に気をつけなければいけ...
直火で豪快に焼くのが楽しいBBQ。せっかくだからお酒もひとひねりして、直火を使うっていうのはいかがでしょう?BBQにぴったりの、自家製カクテルをご紹介。お...
 「スムージは朝飲むもの」そんな前提が、どこかにあるかもしれません。美容、健康、ダイエット、スムージーを選ぶ目的は数あれど、自分のためだけでなく「みんなを...
所有率が130%を超える、世界一の自転車先進国オランダ。通勤・通学時には、ユーザーのおよそ半数が自転車で移動するんだとか。そんなお国柄だからこそ、衣類をス...
コスメはもちろん、あかすりやハンジュンマクなど独自の美容文化が発達している国、韓国。多くの女性が食事にも気を使って、健康的な美を目指しているイメージがあり...
ひとり暮らしやアウトドアには最適かも?足で踏むだけで使える、小型の洗濯機が話題!「Drumi」は電気が要らない超お手軽サイズのドラム式洗濯機。動画を見てみ...
ラオスの綿のタオルは、万能選手。僕はカバンに入れて、外出用のタオルとして使っていますが、テーブルランナーにしたり、ストールにして首に巻いたりとアイデア次第...