素材の97%を木製にした「ナイフ」は、いつでも清潔をキープする

ノロに代表されるウイルス性胃腸炎は、ここ数年でインフルエンザに匹敵する流行をみせていますが、感染症胃腸炎のなかでもとくに夏の暑い時期に気をつけなければいけないのが細菌性の胃腸炎です。

フード業界のみならず、食中毒には一般家庭だって注意が必要。ということで、とくに清潔を保ちたいまな板に雑菌を寄せ付けない工夫が数多くアイテムとして登場してきました。たとえば除菌アルコールや抗菌スプレー、合成ゴムや抗菌加工素材を用いたまな板、キッチンの衛生を守る最前線は、これまでまな板だったと言っても過言ではないはず。まさか、食材をカットする包丁にそれを求めるとは!

ウイルスを寄せ付けない
97%木製のナイフ

4f297aabf30f60eabaac832f44442371d01a63507d6076a131edeb1ac24aaecf4bd69ca3e70de730E1ac2e5df65c97fe317cf787f70db16f3540481d

木で包丁をつくろうという発想自体がまずもって斬新。だって、柄の部分(グリップ)だけでなく、刃の大部分までが木製だって言うんだから。

聞けばこの「//SKID」、97%が木材、残りの3%がカーボンスチールでできた包丁だそう。もちろん食材をカットしていくのは刃の部分な訳だから、ここさえソリッドならばある程度のものならカットできるでしょう。でも、どうして刃の大部分にまで木の素材を用いたのか?そこに、この包丁が他のものとまったく違うアイデアから開発されたものであることの証明があります。

自浄する木の特質を活かし
洗剤いらず

18bf1c9e617523e2c9a6d5e10473ecf70c77f5d6Ab0cb2692e060fc4000989f5935a00c8a489a9ea

//SKIDに用いられる木は、おもにロビニア(ニセアカシア)やウォールナット材。こうした木材にはもともと天然ポリフェノールの酸性有機物質タンニンが含まれているんだそう。お茶やブドウの果皮にも含まれるこのタンニンに、バクテリアを死滅させて、木を自浄させる効果があるというのです。

つまりは化学物質入りの洗剤や食洗機を使わずとも、水で洗い流す(熱湯は不要だがお湯がベターらしい)だけで包丁自体が自浄能力を発揮して、いつでも清潔に保ってくれるという代物なんです。

だけど、そんなことが本当に可能?

//SKID開発者らは、木が持つ本来の抗菌性質に加え、亜麻仁油と独自に配合した天然オイルで包丁自体をコーティングすることで、木目や合金との接合部への水分、細菌の浸透を防ぐことに成功。これが大きかった。

1日100個のパイナップル、
500本のニンジンのカットを14日間
“切れ味”も問題なし

C66f996258ab36b185c9867cd4b398bedc935860F94c9470206f570deec6692b808f0412c39310d1

ところで、肝心の“切れ味”のほうも自信アリの様子。なんでも、ドイツで行われたフードフェスティバルの調理で14日間試験運用され、一日100個のパイナップル、500本近いニンジンのカットを難なくこなしたあとでも紙をすっと切ることができた、と開発者も太鼓判を押します。

ひとつ手間といえば、月に一度は天然オイルのコーティング材を塗ってメンテナンスすること。あとは刃が欠けてしまったり、切れ味が落ちたときに、シャープナーで研げるのも数に限りがあること。アフターサービスとして刃の付け替えも行っているようですが、メンテナンスに出さなきゃいけないことも難点と言えるかもしれません。

現在、クラウドファウンディングで出資を募っている真っ最中。早期割引でも1丁189ユーロ(約2万3,000円)というから、そこそこ値段もします。代理店でもできない限り、今すぐ飛びつこうという商品ではないけれど、料理好きや、道具を長く愛用したいこだわりユーザーには、結構気になる包丁ではないかと。

Licensed material used with permission by LIGNUM
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
使用後のバスタオルは雑菌だらけ。3日も放置すれば、便座よりも雑巾よりも汚くなる。なんて事実は周知のことだけど、そう毎日交換できるものでもない。それで、抗菌...
ANAをはじめとする航空会社や鉄道で採用されてる「A2Care」の除菌消臭スプレー。キッチン、リビングからバスルーム、トイレまで、どこでも使える汎用性と高...
このところ紅茶をとりまく話題がおもしろい。水出しによる淹れかたが評価されたり、コーヒー専門店がわざわざ新ブランドを展開したり。それは、アフタヌーンティーの...
今回は、鮮度抜群「スイカスムージー」の作り方をご紹介。Mark Roberさんが考案したこの方法なら、たった2分で手を汚すことなく完成。しかも、かなり遊び...
スプーンやフォークは言うに及ばず、ニンニクマッシャー、チーズグレーター、オレンジやレモンの皮を削るゼスターなど、普段のキッチンツールのなかでも「ひと手間」...
ヨーロッパ最大の「出前サービス」を提供するDeliveroo社の調査によると、イギリスの各家庭には、まったく使われていないキッチンツールが平均34個も眠っ...
夏定番の透け感のあるブラウスや、麻素材のカットソーはすぐシワになるのが難点。薄手のカーディガンや、サマーニットは匂いがつきやすい。まとめてクリーニングに出...
どこの国を旅していても、必ず訪れるのが現地のスーパーです。野菜やフルーツ、お肉、魚介類はもちろん地域ごとの違いがよく分かるのですが、それよりもお菓子コーナ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
子どものころ、クッキングトイと呼ばれる、料理が作れるおもちゃがあった。キッチンのガス台がそのまま小さくなって、ホットケーキやドーナツが作れるものである。子...
まさか、包丁がリング状になるなんて…。と思わず感心してしまいますが、よくよく考えてみれば、転がしてピザを切り分ける時のナイフも丸型。でも、あの感覚で何でも...
キッチンが見えていると、料理が美味しく感じる!キッチンがオープンなレストランは楽しい。自分の注文した料理がどんな人にどのようにして作られいるのかを見ること...
アウトドアでは、タクティカルナイフ(軍用モデル)を愛用。〈EMERSON(エマーソン)〉というブランドのものです。アウトドアには不必要なギミックもあります...
アウトドア料理は、限られた器材だけでいかに感性を働かせて作るかが勝負。もちろん、火おこしもそのうちの一つ。だから楽しい。というのは百も承知。でも、ここまで...
これは、いくつものシステムキッチンを店舗に集約して、時間貸ししてしまおうというIKEAのアイデア。実際にロシアで行なわれたこの取り組みは、ネットでキッチン...
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場するやいなや、世界中の酒好きから絶大な支持を獲得。わずか数日で目標金額を達成してしまった「Oa...
エネルギー資源の浪費を抑えた、環境にやさしい持続可能な暮らし方。今や現代人の共通言語として定着した感がある。モノを所有せず、シンプルに暮らす「ミニマリスト...
「いつ、誰が来ても問題ない部屋」を普段からキープできる人になれたとしたら、人生にどんな変化をもたらしてくれるのだろうか。「お片づけインストラクター」の尾井...
特別な日でなくても、不意打ちのプレゼントって嬉しいものです。贈り物を選ぶときは、相手がどんなものが好きなのか、何か必要なものはないだろうかと、情報収集が不...