【1日100リットル】大気中の水分から飲み水がつくれる「命の木」が進化中!

「Warka Water(ワルカウォーター)」は、電気を使わずに大気中の霧や雨露を集めて飲み水を確保できる竹製の装置だ。設置や移動が簡単で、低コスト。しかも、動力が要らないため、安全な水が行き届いていない地域での活躍が期待されている。

クラウドファンディングで資金を募った後、2015年にはエチオピア北部のコミュニティへと実際に設置された。これについては、投資紛争解決国際センター (ICSID)が設立した「World Design Impact Prize」でも評価されており、2016年度の受賞を勝ち取っている。写真を見ると仕組みがわかりやすい。

1日に得られる水は
最大100リットル!

Medium cb65e757ba44362ae6ffe30e3eb46086daece7c6Medium 1189449059e80836f7c06a8ab0e209e071726d32Medium 06e3887df8326d7def9445a8fff18f5efb0c4c41

たったひとつ設置するだけで50〜100リットルの水が得られる。構造はシンプルだ。タワーを覆っているメッシュ状の布に、水分が付着し、ろ過されてタワー中央の容器へと溜まっていく。

設置も移動もカンタン

Medium fa604d9e7313c82b403bd152a768015a2823f90eMedium 1c1ef4731b07f706dcd960db96034d641fbc403dMedium 998a758cabccd35794dfa8a933047ac2ff0e3a11Medium 9623594e55d9ce3bd0f6525d98bef9efc9e569d8Medium 70f5b962937d0cd532dc997ab06e3a8886fb1a00Medium ef5bf33097980babe2b200a970499c646796fbf2

考案したのは、イタリアの建築家グループ「ARCHITECTURE AND VISION」のArturo Vittori氏。新しいバージョン5.0の建設は、重機が必要なく、大人が6人集まれば4日間ほどで立てられる。1基あたりの製作費用はおよそ1,000ドル(約11万円)。

高さと幅はそれぞれ5.8mほど。サイズの割に軽く、重量は60kg。大半を占める竹の部分なら、大人が4人もいれば持ち上げられる。移動やメンテナンスも楽チンだそう。笠になっている部分には日陰ができるため、休憩所にもなる。

小さな畑もつくれる

上の画像は小型のもので、庭におくだけで野菜が育てられる環境を用意できるかもしれない。そのほか、いくつもの可能性がクラウドファンディングサイト「Generocity」に書かれている。

2019年までに大量生産できるよう準備を進めており、webサイトからは寄付が行える。2014年にインターネットを通じて世界的に話題になったが、計画は着々と進行中のようだ。

Medium c01e15b9b3b0f84db0f7f6030edce8530011e993
Licensed material used with permission by ARCHITECTURE AND VISION
燃料は水だけ!?ブラジル人発明家の男性がつくりだしたバイクは、ガソリンを使わずに走れて、たった1リットルの水で500kmもの距離を走行することができるとい...
通勤時に立ち寄るコンビニで、いつも購入している紅茶やジュース。これからは「水」に変えたほうがいいかもしれません。「Mic」に掲載された記事によると、水を飲...
地球上の約7割が海。「海水を真水に変える」それは、世界の技術者たちが、こぞって研究開発を進める分野のひとつ。ライターJoe Martino氏が「 Coll...
2015年11月5日(木)、東京・池袋にこれまでにない斬新なコンセプトのホステルが誕生。提供するのは、「最高の寝心地」ではなく、あまりにも幸せな「寝る瞬間...
現在の自分の体重から「1日に必要な水分摂取量」を割り出す計算式を、健康情報サイト「Health & Love Page」より紹介します。意識して飲...
砂漠のイメージが強くて、サボテンは水の多い場所では育たないと思っているなら、いますぐおすすめしたいのが水耕栽培。実は、水の中でもちゃんと育つのです。かわい...
世界の水のほとんどは海水だ。そのうち人間が利用可能な淡水はたったの数%ほど。しかも、そのほとんどが北極や南極で凍っている氷塊である。それだけ安全に利用でき...
チリ人クリエイター、Sebastian Errazuriz氏が生み出した本棚「Bilbao」。コレがなんと、彼が道で拾った枝木で作られているというのだから...
リトアニア共和国の首都ビリニュス在住のイラストレーターEglė Plytnikaitė氏は、自身のイラストを使ってFacebook上で、あるプロジェクトを...
もしも、どんなに汚れている水でも、すぐに飲料水に変えてしまう魔法のボトルがあったら…。アメリカに住むマイケル・プリチャードさんは、2004年スマトラ島沖地...
確かに、ボディの一部に木を用いたヘッドホンはこれまでにもありました。が、ここで紹介する「Konohazuk H3」は、ボディ全体が国産ブナ材で形作られたも...
汚染された「水」が原因で命を落とす人がいる。蛇口さえ開けば、さも無限に水が流れ落ちるように新鮮で美味しい水が誰でも飲める国、日本。それが当たり前に思えてい...
2日酔い防止のために、いろいろな方法を模索している人、きっと多いですよね?でも、どうやら全部無駄だったのかもしれませんよ。残念…。アメリカ科学振興協会(A...
日本では「湯水のように使う」という言葉もあるように、水は気軽に使えるものの代名詞。でも、世界的に見ればそれはとっても珍しいこと。今回紹介するガーナの村も、...
およそ7億5,000万人もの人は安全な水が手に入らず、さらに年間約50万人もの子どもが汚い水が原因で命を落としている、と日本ユニセフ協会は指摘します。そん...
そんな簡単なことで体重が減ったら苦労しないよ、とお怒りのあなた。ちょっと待って! 英・バーミンガム大学が実際に調査を行い、その成果として"水を飲むことによ...
世界で初めて、消費者への「節水」を呼びかけるために生まれたエココスメがあります。売り上げの一部は、水不足に苦しむ地域への支援活動に使われている。きっとここ...
2016年4月12日から17日にかけて、イタリア・ミラノで開催される「ミラノデザインウィーク2016」。このデザインの祭典に、トヨタ自動車が出展するコンセ...
家の真ん中にシンボルツリーを植樹したデザインハウスを目にしたことがある人でも、このツリーハウスのインパクトは絶大のはず。なぜなら、こちらは自然の木々が生い...
舞台は中国・西安の古観音禅寺。樹齢1,400年と言われる巨大なイチョウの木が、そのダイナミズムと素晴らしい色づきで、人々を驚かせています。“黄金色の絨毯”...