11/5(木)OPEN!泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」で、寝落ちしたい・・・

2015年11月5日(木)、東京・池袋にこれまでにない斬新なコンセプトのホステルが誕生。提供するのは、「最高の寝心地」ではなく、あまりにも幸せな「寝る瞬間」の体験です。

LOBBY01 (C)R-STORE_RPhoto : Kastuhiro AOKI ©R­STORE 2015

もう少し詳しく説明しましょう。この「BOOK AND BED TOKYO」は、「読書をしていたら、いつの間にか寝てしまっていた」という“あの心地よさ”を体験できる、まったく新しい宿泊施設です。テーマはずばり、“泊まれる本屋”。

長く連なる大きな本棚に並ぶのは、「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS」がセレクトした、幅広いジャンルの本1,700冊。日本語はもちろん、訪日外国人観光客をターゲットとしているため、英語のものも数多く取り揃えているのだそう。

LOBBY02 (C)R-STORE_RPhoto : Kastuhiro AOKI ©R­STORE 2015

ロビーには、テーマカラーの青いソファーも設置。当然、Wi-Fiは無料です。

BOOKSHELF AREA BED (C)R-STORE_RPhoto : Kastuhiro AOKI ©R­STORE 2015

部屋は2種類。まずは、このホステルのシンボルである、本棚の奥にある部屋「BOOKSHELF」。電源もブックライトももちろん完備で、120cm x 200cm の広めの部屋(10床)と80×200cmの少し小さめの部屋(2床)の合計12床を用意。

BUNK AREA BED (C)R-STORE_RPhoto : Kastuhiro AOKI ©R­STORE 2015

もう一方は、より集中した環境で"泊まれる本屋"を体験できる「BUNK」。こちらの部屋も、2パターンの大きさアリ。

ENTRANCE (C)R-STORE_RPhoto : Kastuhiro AOKI ©R­STORE 2015

エントランスの様子。左手に見えるのがクロークです。

bookandbed_06_RPhoto : Kastuhiro AOKI ©R­STORE 2015

シャワー、トイレ、洗面所は共同。もちろん、24時間利用可能です。が、0時以降の利用はお静かに。

LOBBY03 (C)R-STORE_RPhoto : Kastuhiro AOKI ©R­STORE 2015

宿泊料金は、1泊3,500円(税別)から。11月9日(月)には、宿泊せずにBOOK AND BED TOKYOの空間を気軽に楽しめる、「デイユースプラン」もスタート予定です。無類の読書好きはぜひ、この“楽園”で最高の寝落ちを体験してみては!?

Licensed material used with permission by 株式会社アールストア

関西のみなさん、お待たせしました。これまでにない斬新なコンセプトで大反響を呼んだ「BOOK AND BED TOKYO」が、ついに京都に上陸です。しかも、...
本の楽しみ方はさまざまだ。中の情報を消費するのは当たり前。メッセージを込めたプレゼントとしても優秀。そして何より、こだわり抜かれた装丁は、インテリアとして...
正直言って、本格アウトドアを楽しむキャンパーたちからは見向きもされない商品かもしれません。けれど、もっとライトに野外泊を楽しみたい層に、こんな寝袋はいかが...
本を開いてパッ!と現れたは、円柱型の空間?そう、これはページをめくるのではなく、ひらいて楽しむ3D絵本なんです。真っ赤なお日さまや霞のような雲、鶴もいて日...
本を選ぶ基準は何でしょう?まずは、装丁のデザインを見て、本のタイトル、著者などなど、いくつかチェックしていく要素がありますよね。オーストラリア国内に7店舗...
①ふかふかのベッドにバフっと埋もれる。②飲んで食べてゴロゴロしながら映画を見る。③ウトウトしてたら、いつの間にか寝落ち。そんな体験が映画館でできるんです。...
妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録とし...
「めちゃくちゃ簡単すぎて嘘だと思った。でも、試してみたら1分もかからずノックアウト。いつの間にか寝落ちしてた…」ホントなの?と思ってしまっても仕方がないほ...
毎年この時期になると、世界各地で国際的なブックフェアが開催される。なかでも『NY Art Book Fair』はアメリカを代表するブックフェアで、アーティ...
塗り絵ブームはより広がりを見せている感がありますが、お気に入りの写真を塗り絵にできたら楽しさがアップしますよね。「Color Me Book」はそんな思い...
2015年11月3日、Amazonが米シアトルに書店をオープンしました。20年以上オンラインストアを運営してきた同社がリアル店舗を持つのは初の試み。何年も...
肉を買うときは、切られて並べてあるものから選ぶのが一般的。でも、この「TOKYO COWBOY」はそうしたスタイルに一石を投じます。コンセプトは「あなただ...
「一つひとつが持っている字の意味が合わさって、新たな言葉が作られるところが魅力です。例えば、寺で日の光を見ていると『時』になったり、女性が家(屋根の下)に...
ちいさな路地が網の目のように続き、どこも人で溢れかえる下北沢。この町をさまよう人たちは、それなりにみな目的がある。古着屋を物色し、小劇場やライブハウスに通...
「CoolBookmarks」は、本を愛するクリエイター「Lena and Dmitriy」がつくったブックマーク。読書好きの人にピッタリかもしれません。...
日本でも特色のある書店が話題になることはよくありますが、世界にはもはや世界遺産級の「書店」もあります。南米随一の都市ブエノスアイレスにある「エル・アテネオ...
内向的な性格と聞くと、一般的にはネガティブが意味合いで捉えられがちかもしれない。ノリが悪いとか、外出しないとか・・・。今回は外向的な人にとってはよくわから...
親に「目が悪くなるよ」と言われながらも、布団のなかで夢中になって本を読んだ子どもの頃。あとちょっと、と思いながらも止まらなくなって、結局朝を迎えてしまった...
見ず知らずの100人で、1冊の本を作る。一体どうやって?と思うかもしれません。その答えは、道行く人ひとりひとりに1ページずつ書いてもらう、という意外な力技...
雨の日に役立つ、ヨーロッパで大人気の便利アイテムが、ついに日本に上陸しました!その名も「dryve(ドライブ)」。スイス生まれの自転車専用雨よけシールドで...